テーマ別に書きます。
[全1ページ]

テーマ別に書きます。

 

◎父親や父親のタイプに一言言っておきたいことを書きます。それは、『子供に今以上に信頼されて好かれたかったら、もっと勉強して頭が良くなって人の心理を自由自在に操れるようになるまでは実家が自営業、あるいはその人自身が独自で既に自営業を開始しているような人物とは絶対に簡単に付き合わないで欲しい・・・』と言うことです。そうじゃないと、いくら好みのタイプであったとしても、その人物に対抗する知性とか教養、機転が利くなどの武器が備わっていないのにそういう人と付き合ってしまうと、その後必ず自分の子供がその交際者自身や親の自営業の売り飛ばしのネタにされてしまうに違いないからなのです。自分に手を出したから、その責任と交換条件で子供を商売のカタにとそういう風に持って行きたいからちょっと見た目の良い美形の人が簡単に自分の父親とか父親タイプについて行って愛想を振りまくって絶対にあると思うからです。

 

◎上記の行動は明らかに子供を相手方の自営業関係者に拉致・監禁・軟禁・幽閉させたり、行動を束縛させる理由をつくってしまう大きな理由と原因の元になってしまうからです。もしも人生上でこのようなミスをまったくせずに有意義に楽しく交際を狙う人として行きたいのだったら、自営業の責任者がホモの家庭の子供とだけと関わるか、子供をそういった家庭に半拉致させておくのが最も都合が良いように思われます。だから自分が現在のような状況下に半強制的におかれているということは絶対にあるような気がします。何故なら、自営業者が同性愛の毛があれば自分の息子は犠牲になりやすいかもですが、少なくとも娘の方は冒頭に書いてあるような陰謀状況から守ることが可能となるからだと思います。

 

◎ただし、同性愛の毛がある人であってもある異性だけはものすごく興味がありすごく惹かれてめずらしく異性なのにいつまでも好意や愛情を抱いていられるということも実際にあるようで、だから、それがあの例の『死国』という映画に出てくるような女性のことなんじゃないかな?!と自分は現在憶測しているのです。そして上記に書いてあるような人種の男性達はそういうタイプ以外は滅多に本気になることは無いので、たまたま本気になってしまうといつまでも何処までも好きで財力がある限りはどんな手段を使ってでも何処までも追い求める・・・ということは実際問題あるように思うのです。そのための陰謀劇ももちろん当然のことながら発生して来ると思います。その内容については既にここで書いて来たとは思っています。―つまり人柱と家屋内ハーレム計画のことです―ですので性的嫌がらせからは息子よりずっと安全な形で守れると思いますが、―個人的なセクハラはほとんど無いでしょう―その代わりこのような性質の男性に自分の娘を深く関わらせさせ過ぎると『家屋内ハーレム計画の成功のための餌食』に仕向けられやすいという傾向がとても強いと思うのです。

 

※『家屋内ハーレム計画の陰謀』とは、煮ても焼いても食えない、あまり好みじゃない人物であっても最大限に利用するためにその人物に自分の理想のタイプを無理やりくっつけて、その後何とか上手く心理誘導して行き自分の家屋内に住むようにするための運び屋にしてしまう計画のことです。

 

※子供に上記のような被害が起きたとしても自営業の家の美形とどうしても付き合いたかったらやっぱり日々勉強をして頭を良くするように努力し続けないといけないと思います。ハボホテル内で踏み絵裁判行為をしている暇も惜しむくらい勉強をし続けないといけないと思うんです。

 

※さらに158(の数字の意味合いの状況)になったら困るのは、やはりずっと以前から狙っている8のタイプをある家庭の自宅に招き寄せる計画が難しくなったりパーになるからでしょう。つまり自分にある家庭の家屋内に運ばせたい人物と常にお付き合いが可能な相性でいて欲しいから―お付き合い可能な相性というのはその地元内で指折りのお金持ちの人間関係の組み合わせの外見同士で常にいさせることを意味しています、貧乏人をお客にしても絶対に儲からないから常にその枠内(地元のお金持ちの人間関係の外見的特徴と人相の組み合わせ、この際別に人身売買で儲けようとしていないのなら芸能人の夫婦の組み合わせを見れば分かるように別に本来組み合わせは無いので、たまにちょっと表情が変わったくらいでは特に何も気にしないと思うんです)にいさせようと企んでいると思います―騒ぐんだと思います。そのためそういう役割として狙っている人物以外だったらいつどんな表情になってもちっとも干渉もしないし騒がないのに、ある特定の狙っている人物の時だけは顔の表情が突然変わっただけで大騒ぎするんでしょう、そもそも一番最初にかなり気に入ったのにある精神的トラウマのために同性愛の趣味なので断られてしまったためにその後そのことが恨みとなって何をやっても馬鹿にしたり虐めたり、貶す事が常習行動になってしまった人々が自身の周囲に常に多過ぎると言うことだと思うんです。でもこの件に関してはもっと互いの理解を深めて自分が人を選ぶように相手も人を選ぶし、過去からの色んな事情があって価値観や好みも人それぞれだということを理解するように努めるしか無いことだと思うんです。

 

※さらに家屋内ハーレムづくりの成功を意味した指名イメージ付き高級品を高額で売り捌いている悪徳商法者達と高級品類は軒並み人数と数が増えているように思われるのです。もち職場や店舗内をハーレムのように人員を揃えるようにすることは既に何処でもやっているということは皆さんあちこちの職場や店舗の様子を見て既にご存知だとは思います。

 

※また見事好みの人物を揃えることに成功したらその後は、自分の商売の持ち駒として既に誰かと暮らしていたとしても関係なくまったくお構い無しに自分が悪徳商法の人身売買のオーナーと化して誰かが自分の商売に高額を投資したらそのお金で無理やり強引にくっつけておきながらプロの別れさせ工作会社に依頼をして別れさせ工作をしかけてきっちりと別れさせてからお客に回してボロ儲けをするという計画を絶対に立てていると思うんです。つまりその場合既にその時点で住まいは自分の持ち駒である人身売買の商品の展示場になっていると言うことでしょう。

 

※もし上記の陰謀がまかり間違って成功してしまった場合、数十年ぶりの再会であったとしてもお互いがそれぞれの存在に気づいた時点で焼けぼっくいに火がつくことも・・・。さらにその上、そこの家族のほぼ全員が何処かでその人物と何かがあったということになれば、その結果起きてしまう不幸や危険、災害は想像を絶する状況になってしまうかもしれないのです。

 

※さらに『家屋内ハーレム計画の陰謀』には奥義があります。その内容の一つとして―探せば沢山あると思います―例えば親と子供が同じ人を好きになってしまったことがあったとしたら、それによって生じてしまった親子間の確執と心の溝を清算及び修復するために、一旦まったくの赤の他人に問題の親子が同時に好きになってしまった人物を一定期間預けその現場を最愛の子供の前で始終見せ付けることによって親に対する確執や心の溝、それによって生じる不満を全てその他人に向けるように仕向けて、家族間の不和を極力回避しようとする企みももちろんあると思うんです。そして最後に留めに、最終的に本当に年を取ってしまってあと数年で他界するかもという時に差し掛かったら、「子供に譲る・・・」と言い残し本当にそのような行動を取って子供に対して名誉挽回して行くようになることもよくよく今まで経過を辿ったり色々と勉強して来た結果改めて深く考えてみると、最後はそうなる可能性もすごく高いと思うんです。―やっぱりそういう成り行きと傾向が強まって行ってしまうのは、最後の最後でも良いから子供に大好きだと言われたり思われたいという願望がいまだとても強くあるからだと思うのです―そういうことではこちらとしてはすごく損な役回りですごくつまらないので誰か気に入った人と暮らすのだったら正直言って現在の居場所は綺麗に清算してから・・・という風に考えてしまうのです。けれど、それはどう考えても当然のことでしょう。(さらにこのような結果になってしまうともしもそういう結果になった時点で子供に既に連れ合いと子供がいて家庭があった場合はさらなる大問題に発展する場合もあるからなおさらそういった込み入った問題には一切関わりたくないと今から強く考えるのは当然のことでしょう)

 

※―つまり、親と子供が同時に好きになってしまったと思える人物を積極的に自分に回そうとしているのが現状だと思えるのです―もち上記に書いたような行動を将来的に実現するためでしょう―家族ほとんど全員ですごく好きになった人物への嫉妬心を家族間でぶつけ合う事をしないようにするために自分を人柱にして八つ当たりをするならそこへしようという風に持って行こうとしていると思うんです―つまり好みが非常に似通ったもの同士の集合体のような家族って実際あると思うのです―同時にもう一度間近で会いたさ見たさの願望ももちろんあるでしょう、けれど逆にそのことが原因で思わぬ不幸な結果が訪れることも実際あると思うのです、(つまりそうなった時点で誰か達の長年の夢が叶った時点でショックを受け呆然とし涙する人がきっと現れると思うと言う事です)いづれにしてもどっちにしても非常に損な役回りと立場なので一日も早くそれらの状況から脱却したいのです―それに、もっとプライバシーが充実した環境の方が自分には向いていると思うんです―それぞれの家の距離や間隔がもうちょっと開いているような・・・それでいてなおかつ母親とはきちんと定期的に安全な形で顔合わせをして行ける様な場所が最適だと思います―嫉妬深い人であっても目に入らなければ気にならない物です、嫉妬深いのにお互いが常に干渉し合えたり観察しやすいような状況の住まいというのが信じられないし、なおかつ自分には向いていないと思うんです―一人だけどうみても血のつながりが殆ど無いと思う人種が混じっているとすごく感じが悪いし周囲からの評判もとても気になるから自分の存在を悪用して土地に縛りつけ家族にもハッキリと公表できない自分の秘密の恋の相手を身近に招き寄せたいがために問題の土地に縛り付けたい人物が土地からちょっとでも離れそうになると思いっきり足摺をしている状況が現在だと思うんです―その他にも家族全員で同じタイプ、人が好きで理想なんだけど皆そのタイプと一緒になるところまで行かなかった、でもすごく未練がある、そういった本心を誤魔化すために宗教の神様に似ているから・・・という理由で結婚後も相変わらず夢中で「だからどうしても身近に引き寄せたい」という名目の元すごく執着している、そのためどんなことをしても最終的に手に入れたいそのようにもとても強く感じているのです。さらに嫉妬する相手を家族同士にしたくないので断り方の態度がすごく悪い自分をその役目にして「あいつを嫉妬して憎むことで家族間は仲良くやって行きながら現世では一緒になれなかった理想のタイプをお金の力で無理やり手に入れてその後ずっと傍にいたい・・・」と思っていそうだからマジ怖くなるのです。―そんなお金があるんだったら人生の最後に自分になんか遠慮しないで家族全員で世界一周旅行にでも行けばいいのに(そしてその際お土産だけはよかったらもらいたいものです^^)そういったことには絶対にお金をかけたくない・・・そういう人等も世の中にはたくさんいるということでしょう―さらにその他に特筆すべきことは既にそれは上記に書いたけどやはり子供さんの信頼と好意を取り戻したいという想いもかなり強そうだとは思うんです―

 

・足摺の意味⇔http://coolum.sblo.jp/article/69735140.html

 

で、下記は自分が憶測と当て推量でつくった公式です。

 

・この世で一緒になることは出来なかったけど理想のタイプ=その人が入っていたり、推奨している宗教の教祖及び神様のタイプ(そのため結婚後も平然と神様を身近に引き寄せたいからという名目で宗教の神様のタイプの人物を欲しがる信者が非常に多いように思われます)

説明
テーマ別に書きます。

文章訓練中です。><!
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
26 26 0
タグ
文章訓練中 妄想 幻覚 覚醒 独り言 意見 思いつき ぼやき つぶやき あくまでも個人的な主観 

H@さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com