テーマ別に書きます。
[全1ページ]

テーマ別に書きます。

 

◎画像詐欺がすごいのでアニメーターや漫画家などの突然死、―病死・事故死両方含めて―が最近すごく流行っているのかもしれません。つまり画像詐欺を頻繁にされると困る誰か達とか組織が現在あちこちにいっぱいあるということかもしれません。―映画も登場人物のタイプや人相詐欺ありますけどね、けどモリタポさんの場合自分と同じで複面相のようで目がギョロッとして見えた時も確かに一緒の時にありました、瞳は開くと意外に大きい方だったと思いましたよ、普通の大きさでクリッとしているけどすごく切れ長みたいな複雑な人相だったと思いました、(目を大きくする整形手術をした友人を過去に知っていましたがそういう感じの目つきでは無いから元々クリッとしていると思います)複面相とか今流行っているけど整形ももちろんあるとは思いますよ―だからあるおやじさん達も何処かでその表情を間近で見て(接客店かすれ違いざまかで)そのことがすごく気になっているから追求したがっているのかもです、つまり“子供達は俺とこいつのどっちが好きだ?!”みたいに、―間違っても目が大きいという顔立ちじゃない親だったらなおさら・・・―そして実は親よりそのタイプが好きな子供達もそのことがひっかかっているから大騒ぎになって揉めて来るとみんなでお金を出し合って慌てて少し離れた場所に移動させているように思うんです、そういうこともあってすごくムカつくから最初は純粋に宗教信者として崇拝していたかもですがダンダン憎い存在に変わって行き、(子供の心が自分からドンドン離れて行くからでしょう)そのため何とかあのタイプの大勢を自殺に導いてやろうという計画が水面下で沸き上がって来たのかもしれません、さらに開いている部屋が家にあると何故か自分に似ていないタイプ、主に目がパッチリ系ばかり増えて来たり出入りが激しくなって行くとマスマスそういった嫉妬は酷くなって行くかもですね、でももしも仮に最初から売り飛ばし専門で住まわせているんだったら、計画通りだからそれで良いのかもしれませんが、そういった本心をカモフラージュするために常に騒いでいるという気もするんです―そして、話はまた元に戻りますがもちろん、ただ単にストーリーとかキャラクターデザインの盗作がすごいからそれですごく憎まれてしまってってことももちろんあるのかもしれません。対策としては、自分達の思想とか信念、作品の創作の仕方や内容をあまり指図されるのが嫌で好きにやって行きたい、今の考えとやり方を何処までも貫いていきたいと考えているのだったら、ずっと前ちょうど京アニ事件があったばかりのあの当時直後にここや個人ブログで紹介したような防護用品やサバイバル商品を予めきちんと一式準備して置き来るべき未来の災難の日に向けて対策をしっかりとしておくべきでしょう。

 

◎自分の子供やそのタイプの子供達が自分タイプにちっともなつかなかったり一緒になりたがらない

から、その原因だと思える人物を脅したり強請るのに都合が良い条件がそろっていると思える人物を

身近に拉致・監禁及び軟禁して、長期長年計画で色々企んでいる人達は現在想像以上に多いように思われます。その人達は本当に欲しい理想のタイプ―同時に自分の子供の心を奪われているという恨みも内心半分の人物―には出会ったら自分の儲けたお金で色々と奢りたいと思っていると思いますが、そのお金を稼ぐためにその色々と奢ってあげたい理想のタイプの人物と半強制的に知り合って親密な

関係になるためのきっかけづくりに役だつ人物をさらにフルに活用してその人を良いように動かして理想のタイプに貢お金をつくろうとしているのがミエミエだから真面目に嫌になるのです。―モロ自分がそういう役割に選ばれていると思うからです―

 

◎しかし、実際はほとんど誤魔化しが多くてその自分の子供とかお気に入りの人の心をいつも奪っている人気者が本当はどういうタイプであるかということはいつも常にごまかし続けている状況だと思います。それは半分は元々その誤魔化しをしている人は自分もすごく好きなタイプであってなおかつ理想のタイプでもきっとあるからだと思うんです。そういう気持ちがいつも心の中で戦って葛藤している状況なのでしょう。つまり、自分がその人物をすごく好きだからとても欲しいという気持ちとでも自分の子供とかその他のお気に入りもみんなその人が好いと言っていたり、言わなくても様子や態度を見ていてそのように感じるからすごく寂しくて悔しいというその両方の気持ちがいつも戦っているように思うんですね。ですがそういう問題に常に無理やり巻き込まれていて何か都合が悪かったり面倒なことが多いからって本当の事がばれそうになるとすぐに大勢のその問題の人のファンがお金を出し合って遠方にその人が飛ぶように仕組んでいるということも既にバレバレの事実だと思うんです。このような状況に陥るのは家族のために必死で動いている訳じゃないということが明らかになって行く事を阻止するためもきっとあると思うんです。

 

◎ここで何が強く言いたいのかというと子供とか連れ合い、あるいはそのタイプの心を奪われて悔しいという表現をしておきながら自分も別に家族の誰にも特に似ていないのにそのあるモテルタイプに心を奪われて夢中になり過ぎていたというその真実を常に隠蔽工作しようとしている、いたという事実がここでハッキリと浮かび上がると言うことです。

 

◎さらにもしも実際に前回書いたとおりにここに問題の目的の人が来たとします。―でもどんなに大金をかけたとしても確率的にはすごく難しいように思われます、何故なら、以前、文章学習が始まったばかりの時代に大勢でその人をネット裁判で非難して結構精神的に追い詰めて苦しめて来たからです。『そんなことをしたのはきっと自分とすごい大金をかけてまで無理やりお近づきになろうとした人等のせいに決まっている!』その人自身もきっと既にそこまで勘ぐっていると思うんです。また誰かの後を追いたいと思ったとしてもここに書いてあるようなことがきっと裏真実だと思うので、その人が既にすごく疑ってモヤモヤしている親に何処も少しも外見的特長が似ていなかったとしたらその後マスマス僻んで、『果たして自分や自分タイプが同じ目に遭った時も必ず同じように動いてくれるだろうか?!』とまた本気で嫉妬して思い悩むと思うので、結局悪循環だと思うんですよね。そういう意味では本当にすごくそういった意味で全ての面において誤魔化された形でモテモテの人のためにダミーとしてつるし上げられているすごく哀れで悲惨な状況が自分ということになるかもしれないのです。

 

※自分が現在の場所で呪いによる大病に侵されていないのは、上記のようによく気持ちを見抜いてすぐ代弁してくれるからというのもあると思うんです。つまりそういった意味で使えるからでしょう。あと誤解も文章が書けるようになってから大分取れたしある意味自分もすべての面において色々と誤魔化されて無実の罪を着せられているただの被害者だとやっと気づけてもらえたからもあると思うんです。

説明
テーマ別に書きます。

文章訓練中です。><!
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
28 28 0
タグ
文章訓練中 妄想 幻覚 覚醒 独り言 意見 思いつき ぼやき つぶやき あくまでも個人的な主観 

H@さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com