喧嘩カップル3 ラブホ編
[全1ページ]

喧嘩カップル3

ラブホ編

「やっとか?」けんごはため息ついた。

彼はともみの家の前に立ち、本人が出てくるのを待っている。

山の手だから、鳥の声とか聞こえる。

二階のドアが開いて長身のともみが出てくる。「お待ちー。」

け「何がお待ちじゃ。おまえ15分も人を待たすな!」

と「何よ、15分くらい。あんた、ロシアの女友達を1時間25分も待ったそうやないの。」

け「お前なんでそんなこと知っとるねん?」

と「おまえってゆーのやめてくれる!ケンジ君から聞いたわ。外人は待っても日本人の私は待たれへんの?あんた、外人好み?」

け「ケンジ要らん事言いよって。。。」

と「とにかく行こう。」

け「お前、車はえ?」

と「おまえってゆーのやめてくれる!タクやん。」

け「なんで?」

と「エッチをハードにやったら、身体はくたくた。帰り運転できひんもん。大体、あんたが車の免許更新せんとほっとくからこないなったんや。反省しろ!」

け「いやじゃ。チャリンコと電車とタクで好きなとこ行けるやんけ。なんで免許更新いかなあかんねん。」

と「あ、タクシーきたわ。」

阪西タクシーが上がって来る。二人は乗り込んだ。

と「球場の辺りまで」

け「おい、そんな曖昧な事言うな。。運転手さん、『ホテル球場前』まで行ってください。」

運転手「はい」

と「そこまで言わんかてええやん。」

運「球場の北西側ですな。」

け「そうです。」

運「今日は野球もないし、休憩ですか?」

と「そんなん関係ないですやん。」

け「おおい、人に当たるな!」

と「だって私らがお〇こしたからちゅうて・・」けんごが口を押さえる。

け「フフフフ、運転手さん気にせんと行ってください。」

ともみも、けんごの手を外した。

「ホンマの事言うて何が悪いねんよ?」

け「わかったわかった。しばらく、大人しいしようぜ、おい。」

と「けんごのアパートでやりたかったな、金かからへんし。」

け「俺のとこでやったら、隣の人帰って来るし、そこでアヘアヘって言ってられへんぞ。」

と「あ、そーか、4畳半で大柄な二人が抱き合うのは無理ねー。」

け「休憩やったらホテルだと3千2百円位だ。まあ知れてるやん。」

と「ただなあ、今から行くとこラブホちゃうしな。普通のとこをラブホ代わりに使うアベック多いねんで。」

け「うわ、アベックやて。おばんくさ笑、カップルて言えや。」

と「うるさい、若ハゲ。」

け「うるさい、カス女!」

と「じゃかーしわ、ド短足!」

け「だーっとれ、デカ女!」

運転手がこっちを向いた。

「はいはい、そこまで御両人、つきましたで。」

け「なんぼでっか?」

運「1780円です。」

け「お、ほなともみ払っとって。」

と「なんであたしやのよ。」

け「おまえ、、、」

と「おまえってゆーのやめてくれる!」

け「わかった!じゃー、あーた、こういう場合は割り勘にするのがあーたの主義やないけ。」

と「そんなこと宣言した覚えないっ。」

け「したやんけー!サンチカのUCCで金払うとくわ、って言ったら『そんなんキリがないよ』てぬかしたやんけ、おんどれ!」

と「あれはあれ、ビジネス!これはビジネスちゃうよ。」

運転手もイラッとして「まあまあ、兎に角どちらでもいいからここをお支払いになって、後で精算なすったら?」

けんごはともみを睨みつけた。イラッとしてる。しかし、しょうがない。はらっとこう。

け「あとで請求するからな。」

と「知らんで!」とそっぽを向いてる。

けんごはまたもともみを睨みつけた。

こんなんで、エッチできるの??

ーーー

二人は、ホテルの中に入った。

豪勢な構えだが、普通のホテルだ。ラブホには見えない。でもな、どうせなら、もうちょっと紳士的な恰好するべきだったか?二人とも普段着みたいでラフだ。

でもそんな事は如何だっていいじゃないか?

これからエッチする。それだけ。

二人は部屋に入った。

と「あれ?ベッド2つあるの?」

け「そら、二人部屋やど。」

と「なんで、大き目のベッド二人で使う方がええやん。ラブラブやで。」

け「そら言えとるな。そうしよう。」

と「普段着は脱いで、パジャマに着替えよう。」

け「うん、楽やで。ベッドのサイズも丁度いいやん。長身フェチ向きやな、笑」

と「長身フェチって言葉はな、長身の女とセックスしたいって意味やで。」

け「お、そーよ。しようや。ともみ。」

と「待ちーな。だからフェチが付くとセックスしたいって言う意味が付くねん。脚フェチも尻フェチもよ。」

け「おまえ、よう研究してるな笑。」

と「おまえってゆーのやめてくれる!」

け「なんでか知らんけど、乳フェチってないなあ?だってみんな乳フェチやろ?巨乳フェチか?」

と「わたしそんなにないねん。残念でした。」

け「大丈夫、俺が揉んだるわ。でかくなるで。」

と「ほなシャワー行こうか」

ところが、シャワーから出てきたらまた二人は大喧嘩だ。

け「なんやねん?」

と「そんなに強く揉まなくてもええやろ?ドスケベ!」

け「何言うとんねん!ここはそういう事するために来たんやぞ。おまえ、一体何しに来てん?」

と「おまえってゆーのやめてくれる!」

け「やかましわ、だぼ。胸がダメなら尻も駄目か?」

と「ちゃうねん、あんたはロマンスがないねん。スケベ心だけ。」

け「それの何処が悪いねん、のっぽおばはんよー!」

と「結局、あんた長身フェチなだけやろ?背が高い女やったら誰でもええねん。」

け「そんな事あるかえ!冷静になれや、おい。ともみ。」

と「あかん、気が覚めた。やる気なくなった。私、帰る!」

ともみは身支度をしてさっさと出ていった。

け「待て、こら、」

けんごが後を追うが間に合わない。

結局ホテル代二人分もけんごが払った。

け「なんやねん、あのお・ば・は・ん!覚えとけよー!」

結局また喧嘩の種が増えた。

 

さてこうなった理由は二つある。一つは、性描写を規制する向きがあること。だから、セックスについて詳しく描けない。よって、それを割愛する。そうなると、性交が上手くいかなかった=つまり喧嘩別れした、ということになるのだ。これは小説投稿サイトさんに改善を求めたいところだ。

二つ目は、男女仲良くいけばスムーズに事は進む。しかし、スムーズなセックスはやることが決まっている。尺八だ、クンニだ、正常位だ、バックだ、愛撫だ、キスだ、というように。そう行かさないようにすることで、正常とは言えない男女の関係が生まれる。そっちの方がむしろ面白いんじゃないか、という事だ。

したがって喧嘩ばっかりしてるカップルはそれによって、二人の間にドラマティックな展開を秘しているのだ。

 

こんな風に、つづく

説明
性描写を規制する向きがあること。だから、セックスについて詳しく描けない。よって、それを割愛する。そうなると、性交が上手くいかなかった=つまり喧嘩別れした、ということになるのだ。これは小説投稿サイトさんに改善を求めたいところだ。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
18 18 0
タグ
小説 カップル 

お舐めさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com