女として死んでいる
[全1ページ]

女は健常者だった。

 

しかし、女として欠落していた。

何がかと言われると、はっきり言葉には出来ないが、何かが、欠落していた。

 

女は異世界に住んでいる。我々から見てだが。

女の名前を神庭(カニワ)という。

名字でもあり名前でもある。

この異世界ではそれが常識なのである。

 

異世界は異世界としか言い様がないのだが、この世界の住人は、この世界を「イーストサン」と呼んでいる。

「東の太陽」という意味だが、太陽に何か感じるものがあるらしく、特にカニワが暮らすこの国では、太陽神が主に崇められている。

 

 

困った時の太陽神

実は、太陽神と言っても何者かは誰も知らない。しかし、困った時太陽神を呼べば、助けが来る事を誰でも知っている。

カニワは日常生活の仕事で、それを試してみた。

彼女は仕事を転々としているが、とりあえず今は冒険者の仕事をしている。

そんな中、彼女はモンスター退治の仕事(クエスト)を受けていた。

受けるまではともかくとして、(ただ黙って仕事を受ける事を受付嬢にでも伝えれば良い。)受けてからが仲間集めに難航するカニワだった。

(”女として死んでいる”以上、男相手にしても女相手にしても・・・。)

試しにちょっと仲間集めをしてみよう。

「ちょっといい?」

「何ですか?」

美男子くずれの剣を持った戦士が応答する。

「仲間集めをしているんだけど、仲間にならない?」

「いや、結構です。」

女なら女言葉を使えと言うのだろうか?

断られてしまう。

また、女性で試してみよう。

「ちょっといい?」

「何でしょう?」

若い魔術師、杖を持った女性が応答する。

「仲間集めをしているけど・・・仲間にならない?」

「結構ですわ。」

断られてしまう。

何がいけないのかが分からない。

ちなみに、私はこういう格好をしている。

短剣を装備して、魔術師の黒い格好をして三角帽子をかぶっている。もちろん黒いのだ。金髪碧眼のいわゆる美少女だが、何故か好かれない。

私唯一の友人によると、「女として死んでいる」からだそう。

まあ、それはともかくとして太陽神に助けを乞う事にした。

「太陽神さま、太陽神さま。助けてください。」

すると、光輪が頭の上にある黒髪の美少女が翼を伴って、降りて来たのを見た。

天使である。

その天使は白衣を着ており、その白衣はシンプルな形状をしていた。

「どうした?」

天使が問いかける。

恐らく、助けについてだろう。

「私はカニワと申します。太陽神さまの天使ですね?・・・冒険者の仕事についてなのですが・・・。」

「なるほど。」

「仲間集めについてです。助けが欲しいのは。」

「なるほど、分かった。」

納得してもらえたらしい。

 

 

太陽神の天使

天使は光り輝く光輪を頭の上にしながら、仲間集めをし始めた。

「あのー、すみません。」

「何でしょうか?」

「私、天使ですが、仲間集めをしています。一緒に仲間になりませんか?」

「良いですわ。」

男性は全滅だったが、女性は概ね成功だった。

3人程集まった。

「ありがとうございます。天使さま。」

「どういたしまして。ところで、私を仲間にして欲しいんだけど。」

「いいですよ。」

私は快く承諾する。

「じゃあ、よろしく。」

「では、自己紹介して欲しい。」(カニワ)

「良いですわ。私四日街(ヨッカガイ)ともうします。お見知り置きを。職業は魔術師をしております。」(ヨッカガイ)

以下省略。

 

その後、仕事をしに洞窟へ向かう。(仲間登録は済ませた。)

「仕事内容はゴブリン退治ですわ。天使さま、カニワさん、その他皆さん、準備はいいですか?」(ヨッカガイ)

「はい。OKです。」(天使)

「ああ。準備は万端だ。」(カニワ)

以下省略。

 

 

ゴブリン退治

「ゴブリン退治ですわ。編成は前衛から天使さま、カニワさん、私、その他でよろしいですか?」(ヨッカガイ)

「いいよ。」(カニワ)

私、カニワの鶴の一声で決定となった。

ちなみに天使は剣を一振り持っている。

1番前衛という訳だ。

一行は洞窟の奥へ奥へと進んで行く。

3匹程のゴブリンが現れた。

まず、私カニワとヨッカガイがファイアを撃つ。

「ファイア!」(カニワ)

「ファイア。」(ヨッカガイ)

私の撃ったファイアが1匹のゴブリンに当たりダメージを負わせる。

ヨッカガイの撃ったファイアは別のゴブリン1匹に当たってゴブリンを死亡させる。

天使が近づいていって、無傷のゴブリンを切って死亡させる。

私自身がダメージを与えたゴブリンに近づいて短剣で切る。ダメージを喰らって怯んでいる為、まともに受けて死亡する。

次には4匹、その次には7匹、現れたが、同じ様にして倒した。

ゴブリンは短剣等を持っていたが、背が低いゴブリンでは到底命中させられるものではなかった。

しかし、洞窟の奥、ゴブリンの溜まり場では、ゴブリンの武器庫があり、豊富な扱い易い武器が有った。

天使はそこに切り込む。パーティー全体としても天使に続くのだった・・・。

私はその武器庫で扱い易い片手剣を見つけるのだった。

ゴブリンが何十体もいる。

主力は天使、私、ヨッカガイの3名である。

武器庫を背にしつつ、向かって来るゴブリンに応戦する。

30分後、ゴブリンの溜まり場は全滅していた。

無論、パーティーの勝利である。

説明
女は健常者だった。
しかし、女として欠落していた。
何がかと言われると、はっきり言葉には出来ないが、何かが、欠落していた。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
34 33 0
タグ
異世界 ファンタジー 

逆晃さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com