1/144 A-90 "
[全8ページ] -1ページ目-
最初 1 2 3 4 5 最後
説明
・A-90 オルリョーノクについて
A-90 オルリョーノクは、有名な旅客水中翼船RaketaやMeteorなどの設計者であるロスチスラフ・アレクセーエフの設計局で開発された地面効果翼機です。
海軍部隊を航続距離1500 km、速度500 km/hで輸送する目的を想定していました。
エクラノプラン(ソ連で開発された地面効果翼機群)は、航空機の速度でありながら船の搭載量を併せ持ちます。
オルリョーノクの機首部は右側に開き、最大200人の海軍歩兵または2両の装甲車両(戦車、装甲兵員輸送車または歩兵戦闘車)を搭載可能です。
A-90は水面など比較的平坦な地面の数メートル上を飛行するため、機雷や他の障害物の影響を受けずに揚陸できます。
1977年に最初の1機がソビエト海軍航空隊に就役し、計3機が作られました。(ズベズダ説明書より)

・キットについて
ズベズダ版を買いましたが、元はドイツレベルらしいです。
大きさのわりに部品が少なく、クリアパーツも操縦席の窓1つだけで組みやすいキットでした。
デカールは2種類のマーキングから選べますが、
1990年カスピースク海軍基地の鷲の絵がある方を選びたくなります。
Orlyonokとは鷲の子を意味するそうです。

・製作
機首の開閉する部分とエンジン部にプラ材で追加工作しています。
詳細は省略しますが、それはお作りになった方だけがわかると思います。
塗装は、ズベズダの指定では上下グレー1色ですが、写真を見ていると喫水線を示す白線があるようなので塗りました。
底は写真の時期によって黒、緑、青に見えたりするのですが、緑を塗ってから濃いグレーとしました。
窓は黒だときついかなと思ったのですが小窓がデカールのみの表現なのでデカールに合わせました。
塗装はMr.カラーとタミヤエナメルを使用しました。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
270 253 16
タグ
飛行機 スケールモデル オルリョーノク 1/144 ズベズダ エクラノプラン 

インフラさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com