名残惜しい別れ
説明
「次はいつ会えるかしら……」
「近いうちに必ず会いに行きます」
「きっとよ?」
「はい」

自作小説「連理の契りを君と知る」の登場人物をイメージして描いています?⇒http://www.tinami.com/view/991595
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
245 219 11
コメント
時は明治時代、肺炎に患いそれを懸命に看護した婦女子に感謝ともにいきなりの告白をして頬を赤く染めるのであった(thule)
タグ
オリジナル 創作男女 眼鏡 和服 着物 黒髪 夕暮れ  カップル 和装 

izumi@ご依頼受付中さんの作品一覧

PC版|待受画像変換
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com