【サイバ】道標【交流】
[全5ページ]
-1ページ-

『ジ、ジョーイ!!』

『ジェニファー…早く逃げろ…お、俺にまだ理性が残っているうちに…早く逃げろ!!』

 

グワアアアァァァーーーッ!!!

-2ページ-

映画館のロビー。

ベンチに並んで座っている、魔法ちょうちんと茶トラぬい先生。

 

ち「(今日は急に誘ってすまなかったな。コーダが急に来れなくなって、試写会ペア招待券の片方を余らせるのももったいなかったでな)」

ぬ「(気にすんな。どうせ俺も暇してたし)」

ち「(しかし、誘っておいて言うのも何だが、所詮はB級ホラー映画だったわ。こんなん金払って観なくてよかったぜ。特にあの手のセリフは、過去に何度聞いたことか)」

ぬ「(理性と野生の狭間…か)」

ち「(うん? あのセリフがどうした?)」

ぬ「(これさ)」

-3ページ-

『EIBハイイロオオカミ美少女三姉妹、SOS!!』 作:Lucia

 

ミクロ化し、潜航艇で体内に冒険の旅に出た、EIB=体内探検隊のりせ、りな、りのの三姉妹。

しかし、故障で潜航艇が航行不能になってしまい、やむなく艇外に脱出する三人。

だが、それを体内に侵入した異物とみなしたマクロファージが三人に襲いかかり、彼女たちに取り着いてスーツを溶かし始める!

なぜかスーツしか溶かさないマクロファージに全身を包まれるりせ、りな、りの。彼女らの運命やいかに!?

 

<購入する>

-4ページ-

ち「(なんだこれか。俺はとっくに購入済みだぞ。カートには入ってるようだが、購入ボタンがまだのようだな。ひょっとして迷ってるのか?)」

ぬ「(まあな…)」

ち「(いつものルチアさんの作品だ、内容なら俺が保証するよ。何を迷うことがある?)」

ぬ「(そうじゃない。そんなことは分かってるさ)」

ち「(じゃあなぜ?)」

ぬ「(知っての通り、りなとりのは俺の教え子だ。担任の俺が、こんなものを買っていいものかどうか)」

ち「(お前なー。今更フィクションと現実の区別がつかないお前でもあるまい?)」

ぬ「(当たり前だ!)」

ち「(YesロリータNoタッチを誇るお前が何を迷ってる!)」

ぬ「(し、しかし…)」

ち「(押せないというのなら、この俺が押してやる! ほい、購入するポチー!)」

ぬ「あ、魔法ちょうちんテメー!」

-5ページ-

その夜、十久川家。

この家に居候している茶トラぬい先生は、就寝時は普通のぬいぐるみとして、なずなに抱っこされて寝ている。

 

ぬ「(ふう…)」

なずな「茶トラぬい先生!」

ぬ「(!! な、なずな!)」

なずな「あ、スマホ中ですか? そろそろ寝ようと思ってたんですけど、お忙しいのでしたら、今日はわたし一人で寝ることにします」

ぬ「(いや、俺も寝ることにするよ。時になずなよ?)」

なずな「はい?」

ぬ「(お前には親友と呼べる存在はいるか?)」

なずな「はい、います! 今日もぴあのちゃんといろいろとお話ししました!」

ぬ「(ぴあのか。親友は大事にしろよ)」

なずな「もちろんです!」

ぬ「(俺ぐらい長く生きてると、人生いろんなことがある。時には道に迷ってしまうことだってある。その時、進むべき道を示してくれる存在、それが親友ってもんだ。分かるな?)」

なずな「はあ…」

 

 

=END=

 

 

 

説明
魔法ちょうちん https://www.tinami.com/view/738956
茶トラぬい先生 https://www.tinami.com/view/758041
    なずな https://www.tinami.com/view/753776
(名前のみ)
    コーダ https://www.tinami.com/view/744335
    ルチア https://www.tinami.com/view/858197
     りせ https://www.tinami.com/view/1029803
     りな https://www.tinami.com/view/1029384
     りの https://www.tinami.com/view/1030006
    ぴあの https://www.tinami.com/view/753933
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
44 42 1
コメント
ぬ「(逆にお礼を言う立場だよ。さすが心の友、迷ってる俺の背中を押してくれてありがとう)」(Dr.N)
ち「(勢いで押してしまったが……気に障ったのなら謝るよ)」(尾岸 元)
タグ
【サイバ】 【サイバ】交流 

Dr.Nさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com