【サイバ】個人授業【交流】
[全8ページ]
-1ページ-

夕方、風天小学校3年1組の教室。

 

もも「うーん…」

冴「一緒に帰ろうぜもも! って何やってんだお前?」

もも「あ、冴君! 教えて欲しいことがあるんだ!」

冴「教えてほしいこと?」

もも「これだよ」

冴「サッカーのメンバー表か、試合の前に審判団や相手チームに出す」

もも「うん。ボク、初めてこれ書くんだけど、書き方が分からなくて…」

冴「何だそんなことか。じゃ、俺が教えてやるよ」

もも「ホント!? ありがとう!」

 

冴「ほい、これで完成っと」

もも「ありがとう冴君。さすがだね、あっという間に終わっちゃった。男子のは冴君が書いてるの?」

冴「んにゃ、男子のは毎回秀刀が書いてるよ」

もも「秀刀さんが?」

冴「ああ。あいつ、ものすごく字が上手いんだぜ。いつも審判や相手チームの監督が感心してるらしい」

もも「へえー、そうなんだ」

-2ページ-

同時刻、雪天小学校3年1組の教室。

 

唯「2点…。5点満点の2点…」

和美「うん。何度見ても2点…」

雪歩「お前ら、いつまで硬筆のテスト眺めてるんだよ。眺めてても点数は変わらねえよw」

和美「いいわよね雪歩は。あんたなんかいつも」

雪歩「おおっと、その先は言うんじゃねえ!」(和美の口をふさぐ)

和美「モガモガモガ…」

マイカ先生「あら、あなたたちまだいたの? 早く帰らないとだめよ」

唯&和美「「マイカ先生!」」

マイカ先生「何かしら?」

唯「帰りのホームルームで配られたこれなんですけど」

マイカ先生「ああ、この前の硬筆のテストね。これがどうかしたの?」

唯「点数2点って、もう少し何とかなりませんか?」

和美「あたしたち一生懸命書いたんです! せめてあと1点!」

マイカ先生「うふふふふ、それ私に言っても無駄よw」

唯「えっ?」

和美「どういうことですか?」

マイカ先生「硬筆のテストはね、それぞれの担任の先生じゃなくて、書道の段位を持っている先生がいつも一人で全校生徒の分を採点していらっしゃるのよ」

唯「そうなんですか?」

マイカ先生「ええ。ちゃんとした答えが出る算数とかと違って、採点者が違うと不公平が生じる可能性もあるからね。だから、何十何点とかいう細かい点数じゃなくて、5段階評価でもあるの」

唯「へえー」

和美「それは知りませんでした」

雪歩「ところで先生、その印刷物は?」

マイカ先生「ああ、明日の朝のホームルームで配るの。ちょうどよかったわ、あなたたち、各班の人数分に分けてくれないかしら?」

三人「「「分かりました」」」

-3ページ-

第n回 全国小学生硬筆コンクール 入賞者発表

主催:科学文部省 全国教育委員会連絡協議会 協賛:ケモノ鉛筆

-4ページ-

和美「あーこれね。『<グランプリ>1名 司馬田木の音(3年・天空市)』かあ」

雪歩「相変わらず硬筆の教科書に載ってるような字を書くよな、あいつ」

唯「ええーっ!?」

和美「って何驚いてるのよ今更」

雪歩「木の音、この前全校集会で表彰されたじゃねえか」

唯「そうじゃないの! 銀賞のとこ見てよ銀賞!」

和美「銀賞?」

和美&雪歩「「あっ!」」

-5ページ-

<銀賞>10名

〇〇○○(6年・○○市) ××××(4年・××市) 十久川秀刀(5年・天空市)

 

───

-6ページ-

マイカ先生「あら、天空市からもう一人入賞してるわね。ひょっとして、あなたたちのお知り合いかしら?」

和美「ええ、唯ちゃんのボーイフレンd」

唯「フィアンセですっ!」

和美&雪歩「「おいおい」」

和美「彼氏を通り越して婚約者って…」

雪歩「いくらなんでもいろいろすっ飛ばしすぎだろ…」

マイカ先生「うふふふ、唯ちゃんったらw でも身近に字が上手な人がいるんだったら、教えてもらうのもいいかもね」

唯「言われなくてもそうしますっ! よーし、グランプリ、金賞、銀賞、銅賞は無理だとしても、せめて努力賞100名に入れるように頑張るぞー!」

和美「唯ちゃんなんかに負けてられないわ。あたしも頑張る!」

-7ページ-

次の日曜日。天空稲荷神社の敷地にある、北城家の居宅の唯の部屋。

 

秀刀「やあ唯ちゃん、来たよ!」

唯「ひ、ひ、秀刀さんっ!?↑↑↑ 今日来ると分かってたらもっと部屋片付けてたのに;;;; あ、今お茶お出ししますねっ;;;;」

秀刀「はははは、お構いなくw(イケメンスマイル) LINE見たよ、字が上手くなりたいんだって? この僕でよかったらいくらでも教えてあげるよ」

唯「はいっ!」

 

・・・・・・

-8ページ-

数日後、雪天小学校3年1組の教室。帰りのホームルーム。

 

マイカ先生「では、この前の硬筆のテストを返します。名前を呼ばれた人は前に取りに来てね」

 

和美「やた、3点だ! あたし、たくさんたくさん努力したもんね!」

唯「2点…。何度見ても2点…」

和美「あら唯ちゃん、あんたまた2点なの?w あんた、秀刀さんにいったい何教わったのよ?www」

唯「ムッ! じゃあ聞くけど和美ちゃん、あんた風邪引いて全身に熱が出て、心臓もバクバクの時に、まともに勉強が出来ると思う?」

和美「御意」

 

 

=END=

 

 

 

説明
   もも https://www.tinami.com/view/757850
    冴 https://www.tinami.com/view/757870
    唯 https://www.tinami.com/view/742179
   和美 https://www.tinami.com/view/743015
   雪歩 https://www.tinami.com/view/754577
マイカ先生 https://www.tinami.com/view/777769
   秀刀 https://www.tinami.com/view/769880
(名前のみ)
  木の音 https://www.tinami.com/view/880199
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
20 18 1
タグ
【サイバ】 【サイバ】交流 

Dr.Nさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com