九番目の熾天使・外伝 死の館の脱出ゲーム ステージ1
[全1ページ]

これは、ある異次元空間の中で繰り広げられた、どの世界の歴史にも語られる事のない物語……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「―――ん」

 

その少年―――“((榊一哉|さかきかずや))”は静かに目覚めた。

 

普段は時空管理局の嘱託魔導師として活動している彼だったのだが、今日この日は彼に懐いている1人の少女と共に、海鳴市の遊園地までデートに付き合う予定だった。

 

もっとも、正確にはデートに付き合わされる……と言った方が正確だろうか。

 

「遊園地に行きたい」と言い出したアリスに対し、当初は面倒臭そうな表情で渋る一哉だったが、そこに2人の兄貴分であるロランからも「一緒に行ってあげると良い」と告げられ、一哉は仕方ないと言った表情でデートに向かう約束をしたのである。

 

そういう訳で、目が覚めた一哉は欠伸をしながらググーッと背伸びをした後、まずは眠気を覚ます為に洗面所へ顔を洗いに行こうとした。

 

行こうとしたところで……一哉はある事に気付いた。

 

「……ん」

 

一哉が体を起こした場所……そこは彼が普段就寝しているベッドではなかった。

 

金持ちの人間が使っていそうな、かなり大きいサイズの高級そうなベッドだった。

 

「んん……?」

 

違和感はそれだけではない。

 

意識が少しずつはっきりしてくる中、一哉は周囲をキョロキョロと見渡し、そして更に気付いた。

 

(……ここ何処だ?)

 

一哉の視界に映っているのは、とても見慣れない部屋だった。

 

赤い布地に金色の紋様が描かれたゴージャスな壁紙。

 

天井からつり下がっている金色のシャンデリア。

 

部屋の中に置かれている頑丈そうな甲冑。

 

壁にかかっている宝石が埋め込まれた長剣。

 

どこの誰かも知らない人物が描かれている肖像画。

 

「……んんん?」

 

明らかに一哉が知っている部屋ではない。

 

まずここは一体何処なのか、それを把握するべく一哉はベッドから降りる。

 

その際、自分が今着ている服装も、就寝時に着ている寝巻きではなく、この日のデートの為に着ようとしていた服装だった。

 

(一体、どうなっている……?)

 

何が何だかよくわからないまま、一哉は部屋の窓から外を覗き込む。

 

しかし、覗き込んだ先に見えたのは……彼の眠気を吹き飛ばすのに充分な光景だった。

 

「……ッ!?」

 

彼が覗き込んだ窓の先に見えたもの……それは奈落だった。

 

何も見えない、真っ暗闇な景色が広がっている。

 

太陽も、月も、何も見えない。

 

明らかに何かがおかしいと悟った一哉は、すぐさま部屋の扉を開け、その先の廊下へと飛び出した……その時。

 

「うぉわっと!?」

 

「むっ……!?」

 

飛び出したその先で、一哉は1人の人物と激突しそうになった。

 

ギリギリのところで一哉が両足に無理やりブレーキをかけた為、何とかぶつからずに済んだその学生服を着た茶髪の少年は、一哉の姿を見て安堵した様子で声をかけてきた。

 

「あぁ良かった、ここにも人がいたんだな」

 

「……誰だお前は」

 

「俺? 俺は佐伯雄二。風芽丘高校の3年生だ、よろしくな……ってそんな事言ってる場合じゃねぇや」

 

一哉とぶつかりそうになった学生服の少年―――“((佐伯雄二|さえきゆうじ))”は握手を交わそうとして、すぐさま手を引っ込める。

 

いきなり何なんだと眉を顰める一哉だったが、そんな彼の心情を知る由もない雄二は一哉に問いかけた。

 

「なぁ君。もしかして、君も気付いたらこんな所にいたのか?」

 

「君も……という事はお前もそうなのか」

 

「あぁ。俺も気付いたらこことは別の部屋にいたんだ。昨日は夜更かしでゲームしてたはずなのにさ」

 

「……そうか」

 

雄二の言葉を聞いて、一哉は自分と同じような状況に陥っている人物が他にもいた事を理解した。

 

そしてその数秒後、その人物が彼等2人だけじゃない事も、一哉はすぐに知る事となる。

 

「あ、あの、雄二さん……!」

 

雄二の後ろから、セーラー服に身を包んだ黒髪の少女がひょこっと顔を出した。

 

少女は一哉の顔を見た途端に「ひっ!?」と小さく怯え、すぐさま雄二の後ろに隠れるように顔を引っ込める。

 

「ん、陽菜乃ちゃん。どうしたの?」

 

「あ、えっと、その……ほ、他の部屋、全部見てきたんですけど、他には、誰もいませんでした……!」

 

「そっか、了解。教えてくれてサンキューな」

 

「んぅ……!」

 

黒髪の少女―――“((月島陽菜乃|つきしまひなの))”は雄二の背中に隠れながら彼にそう報告し、雄二は笑顔でお礼を告げる。

 

それから雄二は再び一哉の方に視線を向け、真剣な表情に切り替わる。

 

「……という訳で君。悪いけど、ちょっとばかり付いて来てくれないか? 俺達が今置かれている状況について、君にも知って貰いたいんだ」

 

雄二からの提案に、一哉は少し考え込んだ。

 

この少年の言葉をどう受け取るべきか。

 

彼が見せる目付きからは、嘘を付いているような意志は感じられない。

 

しかし、見ず知らずの他人の言葉を、そんな簡単に信用できる訳でもない。

 

考え続けてからほんの少し経過した後、一哉は視線を上げてから口を開いた。

 

「……良いだろう」

 

どの道、まずは今のこの状況を把握する必要がある。

 

その為には彼等に付いて行くのが手っ取り早いだろう。

 

もし、何か良からぬ事を企んでいるのであれば、その時は自らの手で捻じ伏せてしまえば良い。

 

そう考えた一哉は、敢えて雄二の提案に乗る事にした。

 

「良かった。他の皆も、君みたいに素直であれば楽なのになぁ」

 

「俺達以外にも、人がいるのか……?」

 

「あぁ。今から、その人達がいる大広間まで移動する……あ、そういえば君の名前は?」

 

「……榊一哉だ」

 

「そっか、よろしくな。ちなみにこっちの彼女は月島陽菜乃ちゃん。俺と同じ高校のクラスメイト」

 

「あぅ……よ、よろしく、お願いします……ひうぅ……!」

 

(……何故こんなに怯えられてるんだ)

 

廊下を移動し、階段を下りながら自己紹介を行う3人。

 

陽菜乃は変わらず雄二の後ろに隠れており、一哉の方をチラッと見てはすぐに顔を引っ込める。

 

何故こんなにも怯えられているのか困惑しながらも、一哉は2人に続くように階段を下りて行き、他の人達がいるという大広間まで移動する。

 

「さ、着いたぞ」

 

「ん……」

 

そして3人が到着したその大広間には、既に複数の人間が集まっていた。

 

 

 

 

「ふむ、また1人見つかったようだね」

 

眼鏡と黒スーツ姿が特徴的な、理知的な印象の青年。

 

 

 

 

「はん、なんかイケ好かねぇ面してんなぁ」

 

顔の一本傷とリーゼントが特徴的な、ヤンキー風の少年。

 

 

 

 

「……ふぅん」

 

赤髪をポニーテール状に結んだ、どこか冷めた様子の女性。

 

 

 

 

「わ、私は一体、どうしてこんな所に……!」

 

白いコック服に身を包んだ、落ち着きのなさそうな中年男性。

 

 

 

 

「あ〜あ、嫌になっちゃうわ。せっかくお風呂でサッパリしたばかりだってのに」

 

金髪の縦ロールが特徴的な、小生意気そうなお嬢様風の少女。

 

 

 

 

「な〜んだ、また男かよ。せっかくなら可愛い子ちゃんが良かったのに」

 

帽子にヘッドホンを身に着けた、チャラチャラした雰囲気の少年。

 

 

 

 

「ふん、全く。何故儂がこのような場所に……」

 

両手で杖を突いている、頑固そうな表情をしている老齢の男性。

 

 

 

 

様々な人物がこの大広間に集まっている中……そこには一哉がよく知る人物も紛れていた。

 

「!? アリス!?」

 

「―――一哉?」

 

その少女―――“アリス・トーレアリア”は一哉の姿を見た瞬間、突進するかのような勢いで彼に抱き着いた。

 

いきなり飛びかかられた一哉は危うく倒れそうになるも、何とか踏みとどまってアリスを抱き留める。

 

「ッ……良かった……良かったぁ……一哉がいてくれて……!!」

 

「アリス……まさか、お前も知らない間にここに?」

 

「うん……アタシ、自分の部屋で寝てたはずなのに、気付いたらここにいたの……周りは知らない人達ばかりで……アタシ1人で、凄い心細かった……ッ!!」

 

「……そうか」

 

一哉がいるとわかって安心したからか、アリスは一哉の胸元に顔を埋めてから涙声でそう告げる。

 

彼女の心境を察した一哉は敢えてそれ以上は何も言わず、彼女の頭を優しく撫でる。

 

その様子を見ていた雄二が一哉に問いかける。

 

「2人共、知り合いなのか?」

 

「あぁ。こいつはアリス、俺の幼馴染で―――」

 

「将来のお嫁さんよ、よろしく」

 

「「お、お嫁さん!?」」

 

泣いていたのかと思いきや、いきなり顔を上げて一哉のお嫁さんを自称するアリス。

 

まさかの発言に雄二が驚き、陽菜乃が顔を赤くする中、一哉は冷静な口調でアリスに突っ込みを入れる。

 

「……アリス、お前泣いてたんじゃなかったのか」

 

「あのね、この訳のわからない状況下でいつまでも泣いてられる訳ないでしょ。それに、アタシは一哉と一緒にいられるなら安心できるの!」

 

「さっきまで不安そうにしてた癖にか?」

 

「うっさいわね、アンタの事信頼してやってんのよ! 悪い!?」

 

「いや、誰も悪いとは言ってないだろ」

 

「じゃあ問題ないわね!」

 

「はぁ……」

 

ニコニコ笑顔で一哉に抱き着くアリスと、そんな彼女に溜め息をつく一哉。

 

そんな2人の様子を見ていた雄二は小さく苦笑しながら口を開いた。

 

「ま、まぁ良かったじゃないか。2人共一緒になれて」

 

「あのな、こいつには色々と苦労させられ……ってそんな話は今はどうでも良い」

 

「どうでも良くないわよ!!」

 

「頼むから一旦黙れ」

 

アリスの発言をピシャッと切り捨てた後、今度は一哉の方から雄二達に対し、一番の疑問を問いかける事にした。

 

「ここの人達は何故ここに? このまま外には出られないのか?」

 

「あ、あぁ。俺達も一度、外には出てみたんだけど……」

 

「だけど……何だ」

 

「……実際に見てみればわかるさ。付いて来な」

 

雄二に連れられ、一哉とアリスは館の出入り口である大きな扉の前に立ち、その扉を開ける。

 

そして彼等が館から出たその先には……信じられないような光景が存在していた。

 

「ッ……これは……」

 

「わかったろ? 俺達がここから出られない訳が」

 

館の外に飛び出した先……その先には何もなかった。

 

その先にあるはずの道は途中で途切れ、崖となっているその先には奈落しか存在していなかった。

 

「どういう訳か、俺達はこんな摩訶不思議な場所に連れて来られた。ここが一体何処なのか、今のところ何もわかってないんだ」

 

「……そういう事か」

 

この奈落の先に落ちたら一体どうなるのか。

 

そんな事は、一哉ですら想像のできない事だった。

 

一同が未だ館に留まっている理由がわかり、一哉達は扉を閉めて大広間へと戻る。

 

そんな時、一同の中で声を荒げる者がいた。

 

「……チッ、クソが!! 何だって俺がこんな目に遭わなくちゃならねぇんだ、アァッ!?」

 

それはヤンキー風の少年だった。

 

何故自分がこのような場所に連れて来られなければならないのか、その苛立ちからヤンキー風の少年―――“((倉田龍一|くらたりゅういち))”は近くの壁をガンと蹴りつけ、その様子を見たスーツの青年が呼びかける。

 

「君、苛立つのはわかるが落ち着きたまえ」

 

「あぁん? うるせぇなぁ、いちいち口出してんじゃねぇよ殺すぞゴラァ」

 

注意されたのが気に入らないのか、ヤンキー風の少年がスーツの青年―――“((安住修平|あずみしゅうへい))”を睨みつけ、安住はそんな彼の態度に呆れた様子で溜め息をつく。

 

「それで? 結局、私達は何でこんな所に連れて来られた訳? アタシ、さっさと家に帰ってアイス食べたいんだけど」

 

「わ、私だって、明日の仕込みをしなくちゃならないんだ! それなのに何でこんな……!」

 

と言っても、この状況に苛立っているのはヤンキー風の少年だけではない。

 

お嬢様風の少女―――“((黄金山|こがねやま))レイナ”はネイルの手入れをしながら、自宅に帰れない事に愚痴を零す。

 

コックの男性―――“((岩村泰三|いわむらたいぞう))”は自分の店を持っているのか、このままでは明日の料理の仕込みができないと気が気でない様子だった。

 

「でもさ、なんか面白そうな状況じゃないこれ? この後、ここにいる全員で殺し合いをして貰いま〜す……的なドラマやゲームみたいな展開が起こりそうな雰囲気じゃん。ねぇねぇ、アンタもそう思わない?」

 

「……別に、どうでも良い」

 

チャラ男風の少年―――“((吉田蒼樹|よしだあおき))”は楽しそうな様子で、近くにいた赤髪ポニーテールの女性―――“((花本岬|はなもとみさき))”の肩に手をかけるも、岬は興味なさげに彼の手を払いのける。

 

「下らん、何がドラマやゲームじゃ。現実とフィクションの区別もつかんのか。全くこれだから最近の若者はなっとらんのじゃ……」

 

頑固そうな老齢の男性―――“((北島忠臣|きたじまただおみ))”は、蒼樹の発言を「下らん」と一蹴し、ブツブツと小言を続けている。

 

反応は人それぞれ違っているが、ここにいるほぼ全員が、この謎の状況下で気が立っているのは確かだった。

 

「……皆、随分苛立ってるようだな」

 

「無理もない。こんな状況に置かれてるんだ、苛立つのも当然だろうさ」

 

「で、でも、ここって一体何なんでしょうか……? 館の周りが、こんな風になってるなんて、絶対に普通じゃないと思うんですが……」

 

「俺もそれが不思議で仕方ない。どういった原理でこうなっているのか―――」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はいどうも皆様〜☆』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「「「「「―――ッ!?」」」」」

 

その時だった。

 

大広間の壁に設置されていた大型のモニター……その画面に突然映り込んだ謎の人物が、楽しそうな口調で挨拶してきたのは。

 

「何だ……?」

 

『ようこそぉ、次元の館へ!』

 

画面に映るは、般若の仮面で顔を隠し、その上からフードを被っている謎の人物。

 

声は音声加工されているのか、その仮面の下が男性か女性かはわからないようになっていた。

 

仮面の人物は、大広間に集まっている一同を見て、楽しそうな口調で語り始めた。

 

『おめでとうございま〜す! 皆様はこのゲームの参加者に選ばれた、最高にラッキーな方達で〜す!』

 

「は? ゲームだと?」

 

「おいテメェ、人様をこんな所に連れて来といて一体どういう了見だ、あぁん!?」

 

『これから皆様には、最高に楽しいゲームに参加して頂きま〜す!』

 

「無視すんなゴラァ!?」

 

『ルールはとても簡単! これから私が用意したゲームをクリアし、この館から無事に脱出する事! 脱出できるのは、最後まで勝ち残った者のみ! ね、とても簡単でしょ?』

 

龍一の怒鳴る声に完全無視を決め込み、一方的にゲームのルール説明を行う仮面の人物に、一同は困惑を隠せないでいた。

 

「ッ……いきなり出て来て何なんだこいつは……!?」

 

「悪戯にしては、また随分手が込んでるわね」

 

「ふん、馬鹿馬鹿しい。儂は明日も仕事があるんじゃ、こんなしょうもない悪戯に付き合っとる暇はない」

 

「そ、そうだそうだ! 私だって、料理長として毎日忙しいんだ! 早く帰らせてくれ!」

 

『残念ながら、それはできませ〜ん☆ このゲームに参加しないのであれば、あなた達は一生この館に残って貰いま〜す!』

 

「ッ……」

 

文句を告げる一同に対し、仮面の人物はおどけた口調で返す。

 

そんな中、一哉は一同に見えないよう、背中に隠していた通信端末を使い、今この場にいないロランに連絡を取ろうとしていた……しかし。

 

(駄目だ、やっぱり繋がらない……一体どうなってるんだここは……ッ!!)

 

何度通信を繋げようとしても、ロランと繋がる様子は一向になかった。

 

一哉は小さく舌打ちし、モニターの先でふざけた態度を取り続けている仮面の人物を睨みつける。

 

『あぁそれから、私はこのゲームの進行役を務めさせて頂きます! 気軽にゲームマスターと呼んで下さ〜い☆』

 

「……それで、これから僕達にどうしろと?」

 

これ以上反抗し続けても埒が明かないと判断したのか、一同を代表して安住が切り出した。

 

『これから皆様には、最初のゲームに挑戦して頂きます! 最初のゲームはぁぁぁぁぁ……じゃん!! 椅・子・取・り・ゲェェェェェェム☆』

 

「「「「「……はぁ?」」」」」

 

一同は呆気に取られた。

 

このような状況下で、一体どのようなゲームが始まるのか。

 

そんな彼等の予想を遥かに下回る、あまりに普通過ぎるゲームだった。

 

『ルールはとっても簡単! この館内にある椅子を1人につき1個、この大広間まで持って来て下さ〜い! 制限時間は10分! あぁちなみに、この大広間に置かれている椅子はカウントしませんので、ご注意を! それから時間内に持って来れなかった者には、罰ゲームが用意されておりますので、それもお気をつけ下さ〜い!』

 

「何じゃそりゃ……」

 

『それでは皆様、用意は良いですね〜? 椅子取りゲーム……スタートォ!!』

 

仮面の人物―――“ゲームマスター”がそう宣言した直後、モニターの画面がすぐに切り替わり、赤い数字のデジタル系のタイマーが表示された。

 

制限時間である10分が、少しずつカウントが減り始める。

 

一方的に行われたルール説明が終わり、呆気に取られていた一同がすぐに動けなかった中、一番最初に雄二が口を開いた。

 

「……椅子取りゲームってそういうルールだったっけ」

 

雄二の冷静な突っ込みを合図に、一同はすぐにハッとなる。

 

そんな中、杖で床をカツンカツンと突いていた北島はフンと強く鼻を鳴らした。

 

「何が椅子取りゲームじゃ……儂はやらんぞ。やるだけ時間の無駄じゃ」

 

「はん、同感だぜ。誰がやるかそんなもん」

 

近くのソファに座り込んだまま動こうとしない北島と、そんな彼と同じくゲームに参加しようとしない龍一。

 

しかし、他の面々は違う反応を見せていた。

 

「……けどさ、これはこれで面白そうじゃない?」

 

最初にそう告げたのは、このゲームに興味を示し始めていた蒼樹だった。

 

「せっかく面白そうなゲーム用意してくれたんだしさぁ。このままじゃ帰れないんだし、いっそゲームを存分に楽しむのはどうよ?」

 

「君ねぇ、そんなふざけた事を言ってる場合じゃ―――」

 

「いや、僕は彼の意見に賛成だ」

 

「へ?」

 

蒼樹の提案に異議を唱えようとする岩村だったが、それを遮った安住は、むしろ蒼樹と同じ考えだったらしい。

 

「ただでさえ謎の多い場所に連れて来られたんだ。このままここでボーッとしているよりは、敢えてゲームをクリアする事で、早くこのゲームを終わらせてしまうのが手っ取り早いかもしれない」

 

「お、そうそう俺が言いたかったのそれそれ! おっさん良い事言うじゃん!」

 

「おっさんではない。これでもまだ20代後半だ」

 

「ま、確かに暇潰しにはちょうど良いんじゃない? そのゲームとやらを全部クリアすれば家に帰らせてくれるんでしょ?」

 

「……アタシもやろっと」

 

「な、ちょ、ちょっと君達本気かい!?」

 

蒼樹と安住の考えに、レイナや岬も賛同し始める。

 

ゲームに参加する意志を見せた者が思っていた以上に多かった事に困惑した岩村は、今度は一哉達にも意見を求め出した。

 

「ね、ねぇ君達! 君達はやらないよね、こんな馬鹿げたゲーム!」

 

「……いや、俺もやりますよ」

 

しかし、雄二もまた参加の意志を示していた。

 

「はぁ!? な、何で……」

 

「ただでさえ普通じゃない状況なんで。ゲームをクリアしていけば、ここの謎も解けるかもしれません……あ、陽菜乃ちゃんはどうする?」

 

「へぅ!? え、えっと、その……雄二さんが、やるのなら……わ、私もやります……!」

 

「……俺もやらせて貰おう。佐伯の言う通り、ここは普通じゃない」

 

「一哉がやるんなら、アタシもやるわよ!」

 

「んなっ……!?」

 

陽菜乃も、それから一哉とアリスもゲームに参加する事を決断。

 

不参加派の人間が少ないというこの状況に、岩村は唖然としていた。

 

「さて、そうと決まれば探索開始だ!」

 

「うわヤッベ、もう2分以上も経過してんじゃん!? 急がねぇと!!」

 

「よし、行くぞアリス」

 

「えぇ、パパッと見つけちゃいましょう!」

 

「え、ちょ、君達!?」

 

「んな、マジで参加する気かよテメェ等……!?」

 

ゲームに参加する意志を見せた者達は次々と行動を開始。

 

大広間を出て探索に向かう面々に、不参加を決め込もうとしていた岩村と龍一が驚きを隠せない中、大広間を出て行こうとした岬が立ち止まり、2人に視線を向ける。

 

「……自信ないんだ、可哀想に」

 

「アァッ!? テメェ、今俺を馬鹿にしやがったなぁ!!」

 

「あ、おい君ぃ!? ……あぁもう!!」

 

岬の挑発するような一言に、見事乗せられてしまった龍一。

 

岬を追いかけるように龍一が大広間を出て行ってしまった後、結局は岩村も同じように大広間を出て行く事に。

 

「……ふん、全くどいつもこいつも」

 

唯一、大広間に残った北島だけは今もなお参加の意志を見せず、まるで貧乏ゆすりでもしているかのように杖で床を突き続けるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一哉、そっちはどう!?」

 

「駄目だ、こっちには何もない」

 

一方、椅子取りゲームに参加する意志を見せた面々は、館内のあちこちで探索を行っていた。

 

一同は館内にあるいくつもの部屋を次々と見て回り、ゲームクリアに必須となる椅子を探し続ける。

 

「あ、椅子見っけ」

 

最初に椅子を見つけたのは岬だった。

 

とある一室に置かれていた椅子を発見した彼女は、それを回収して大広間まで移動を開始する。

 

「あ……ゆ、雄二さん、ありました……!」

 

「お、しかも2つか! でかした陽菜乃ちゃん!」

 

続けて雄二と陽菜乃も、館内の書庫に置かれていた小さな椅子を2つ確保し、大広間へと戻って行く。

 

「お、椅子はっけーん♪」

 

「はい邪魔どいたどいた」

 

「あだぁ!? おい、それ俺が先に見つけた椅子だぞ!?」

 

「先に触ったもん勝ちよ。それじゃ失礼♪」

 

「ちょっ……えぇい畜生、覚えてろあんのアマァ!!」

 

一方で、蒼樹は見つけた椅子を回収しようとした途端、そこに割り込んで来たレイナに突き飛ばされ、椅子を横取りされてしまっていた。

 

レイナは椅子をさっさと持ち去って行ってしまい、蒼樹は苛立った様子ですぐに他の椅子を探しに走り出す。

 

その一方、2階から3階に続く階段を上がろうとしていた安住はと言うと。

 

「椅子、椅子かぁ……む?」

 

階段のすぐ近くに置かれている花瓶……その花瓶が置かれている椅子に気付き、それを回収していた。

 

「こんな気付きにくい所に置かれているとは……まぁ良い、これで私もクリアだな」

 

その後も、次々と椅子を発見しては回収していく一同。

 

最初はゲームに積極的ではなかった岩村や龍一ですら、最終的には何とか自分の椅子を確保しているほどだった。

 

しかし……

 

「アリス、そっちは!?」

 

「駄目、こっちにもない……!!」

 

一哉とアリスの2人はと言うと、こちらはかなり苦戦している様子だった。

 

現時点で、2人が発見できた椅子は1つだけ。

 

このままでは、どちらか片方がクリアできなくなってしまう。

 

タイムアップの時が刻一刻と迫る中、一哉は確保した椅子をアリスに押し付ける。

 

「アリス、お前はそれ持って先に戻ってろ」

 

「えっ!? か、一哉はどうするのよ!?」

 

「何とかして見つけ出す」

 

「ちょ、一哉!?」

 

引き止めようとするアリスを振り切り、一哉は他の部屋を探して回る。

 

しかし、どの部屋を探しても椅子は見当たらない。

 

流石の一哉も、その表情には焦りが見え始めていた。

 

(マズい……どうする……!? まだ他に探してない部屋は……!!)

 

一哉は普通の部屋だけでなく、トイレや風呂場なども探し続けていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、椅子を回収した者達は、次々と大広間に戻って来ていた。

 

しかしそんな中、アリスは一哉が未だ戻って来ない事に不安を抱き始めていた。

 

「彼はまだ来てないのか?」

 

「そう、みたいですね……」

 

「ッ……何やってんのよ一哉……早く戻って来なさいよ……!!」

 

残る制限時間はおよそ30秒。

 

そこからカウントが1秒減るごとに、アリスの中の不安はどんどん大きくなっていく。

 

(急いで一哉……お願いだから……!!)

 

確保した椅子に座りながら、両手を組んで祈り続けるアリス。

 

そんな彼女の様子を見ていた雄二と陽菜乃もまた、同じように一哉の帰還を祈り始める。

 

そして制限時間が、残りあと10秒を切った……その時。

 

バァンッ!!

 

「「「「「ッ!?」」」」」

 

大広間の扉が勢い良く開き、驚いた一同がビクッと体を震わせる。

 

扉が開いた先に立っていたのは、ゼェゼェと呼吸を荒くしている一哉だった。

 

「ッ……一哉!!」

 

見るからに疲れ切っている様子の一哉に、アリスや雄二達が安堵した表情で駆け寄ったその瞬間……タイマーの数字が4つ全て、ゼロに変化した。

 

『タイムアーップ!』

 

そしてモニターの画面が切り替わり、再びゲームマスターがその姿を見せた。

 

『これで第1ステージ、椅子取りゲームは終了で〜す! 皆様、椅子はちゃんと確保できましたか〜?』

 

「か、一哉、椅子は……!?」

 

「ぜぇ、ぜぇ、はぁ、はぁ……」

 

アリスが問いかけると、一哉は未だ荒い呼吸を必死に整えながら、その手に持っていた物をアリスの前にスッと突き出した。

 

「え、これって……」

 

「はぁ、はぁ……風呂場に、置いてあった」

 

一哉が持って来た物……それは風呂場に置かれていたと思われる、浴室用の椅子だった。

 

「椅子が、どんな形の物、なのか……ぜぇ、ぜぇ……指定は、されてなかったからな……ッ」

 

「! じゃあ、一哉もクリアしたって事だよな……!」

 

「ッ……もう、バカ一哉……心配して損したんだから……!!」

 

へなへなと座り込んだアリスだったが、その表情に込められていた感情は怒りではなく、喜びの物だった。

 

その事に気付いた雄二が安堵し、その後ろに隠れていた陽菜乃もホッとした様子で胸を撫で下ろす。

 

その時……

 

『おめでとうございま〜す!』

 

モニターに映るゲームマスターは、ゲームをクリアできた者達に祝福の言葉を投げかけていた。

 

『皆様、無事に椅子を持って来れたようですねぇ! 全員合格で〜す……ただ1人を除いては』

 

ゲームマスターはモニター越しに、ただ1人の例外であるその人物を指差す。

 

それはゲーム開始当初から不参加を決め込んでいた、ソファに座り込んだまま一歩も動いていない北島の事を指していた。

 

『北島忠臣さ〜ん……あなたは何故、このゲームに参加しなかったのですか〜?』

 

「フン。一番最初に言うとるじゃろうが、やるだけ時間の無駄じゃと。こんな下らん遊びに付き合っとるお前達もお前達じゃ。お前達がそんな風に構うせいで相手が調子に乗り始めるんじゃぞ、まだわからんのか」

 

「アァン? んだとこの糞ジジイがよぉ!!」

 

「おいやめろって年寄り相手に!」

 

北島に殴りかかろうとする龍一を雄二が必死に押さえる中、ゲームマスターは残念そうな様子で俯いた。

 

『そうですかぁ、それは残念です。できればあなたにも楽しんで貰いたいと思っていたのですが……そういう事なら仕方ありませんねぇ』

 

(ッ……何だ……?)

 

ゲームマスターの声色が、ほんの僅かに変化した。

 

それに気付いた一哉は、嫌な予感がしていた。

 

そしてその予感は……すぐに的中する事となる。

 

『ルールはルールです……クリアできなかった敗者には、罰ゲェェェェェェムッ!!!』

 

ゲームマスターがそう叫んだその直後だった……大広間の壁にかかっていた鏡が突然歪み出し、そこからある存在が飛び出して来たのは。

 

 

 

 

 

 

【((RYUGA|リュウガ))……!】

 

 

 

 

 

 

「ヌゥン!!!」

 

「「「「「ッ!?」」」」」

 

鏡から飛び出して来た者……それは異形の怪物だった。

 

漆黒のボディに、ドラゴンのような意匠を持った頭部と右腕。

 

そして胸部に描かれた「RYUGA」という鏡文字。

 

禍々しき漆黒の怪物―――“アナザーリュウガ”と呼ばれるそれは、仮面の隙間から見える赤い瞳で、このゲームの敗者である北島を捕捉していた。

 

「何だ!?」

 

「う、うわぁ化け物!?」

 

「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

 

「お、おい、何だよこの化け物!?」

 

「ちょちょちょちょタンマタンマ!! 流石に聞いてないってそれは!?」

 

「ッ……!!」

 

突然過ぎるアナザーリュウガの出現に対し安住が驚愕する中、岩村は尻餅をつき、レイナは悲鳴を上げ、龍一と蒼樹は慌ててソファの後ろに隠れ、この事態を静観していた岬も戦慄した様子で後ろに下がる。

 

「ひぃっ!?」

 

「ッ……陽菜乃ちゃん下がって!!」

 

「アリス、お前もだ!!」

 

「え、えぇ……ッ!!」

 

雄二と一哉もまた、陽菜乃とアリスを庇うように後ろに隠す。

 

全員がアナザーリュウガの登場に驚き、恐怖する中、ターゲットとして捕捉された北島もまた、その例外ではなかった。

 

「な、何じゃお前は!? と、年寄りをいたわる事を知らんのか!?」

 

「グルルルルル……!!」

 

「く、来るな……来るんじゃない!!」

 

恐怖のあまり持っていた杖を放り捨てた北島は、大広間を飛び出してから館の扉を開けて脱走。

 

しかし北島が逃げようとしたその先には崖しかなく、そこから先には奈落しか存在していなかった。

 

「み、認めん、認めんぞ……こんなのが、現実であってたまるものか……はっ!?」

 

「グルァッ!!!」

 

「ひぃ!?」

 

慌てて引き返そうとした北島を、アナザーリュウガが追い詰める。

 

アナザーリュウガが唸り声を上げながら、ドラゴンを象った右腕の手甲を北島に向けようとする中、後を追いかけて来た一哉がすぐさま動き出した。

 

「おい、やめろ!!」

 

駆け出した一哉は太刀を抜刀し、背後からアナザーリュウガに斬りかかろうとする……が、アナザーリュウガは背を向けているにも関わらず、体を斜めに反らすだけでその一撃を回避してみせた。

 

「フン!!」

 

「ッ……ならば!!」

 

振り返ったアナザーリュウガは右手の手甲を振るい、一哉に直撃させようとする。

 

それを屈んで回避した一哉は、目に見えない速度でアナザーリュウガの周囲を動き回り、その全身を余す事なく斬りつけてみせた。

 

「グウゥッ!?」

 

(よし、攻撃は効いてる!! このまま……ッ!?)

 

しかし、一哉は追撃を仕掛ける事ができなかった。

 

全身を斬りつけられたアナザーリュウガは、一哉を睨みつけながら、その正面に罅割れた大きな鏡を出現させる。

 

するとどうだろうか。

 

罅割れた鏡の中から、((一哉が繰り出したのと全く同じ斬撃|・・・・・・・・・・・・・・・・))が、一哉に向かって一斉に放たれて来たのだ。

 

「反射能力だと……くぅっ!?」

 

まさかの反射能力に驚きつつも、飛んで来る斬撃を的確に捌いていく一哉。

 

しかしその際、ほんの僅かにできてしまった隙を、アナザーリュウガは見逃さなかった。

 

「!? しまっ―――」

 

「ヌゥンッ!!!」

 

「ぐあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!?」

 

斬撃を捌き切った直後の一哉を、アナザーリュウガが左手の掌底で大きく吹き飛ばす。

 

その一撃をモロに受けてしまった一哉が地面を転がされる中、アナザーリュウガはすぐに北島の方へと振り返り、手甲の開かれた口で北島の首を掴み上げる。

 

「がっ!? や、やめ……」

 

「ハァッ!!」

 

「あ、がぁ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……ッ!!?」

 

アナザーリュウガが赤い瞳を光らせた瞬間、北島の全身から生命エネルギーが青いオーラとして出現し、それがアナザーリュウガのボディへと凄まじい勢いで吸収されていく。

 

生命エネルギーを全て吸い取られた北島は、まるでミイラのようにその全身が干からびていき、最期は腕がだらんと垂れ下がり、ピクリとも動かなくなってしまった。

 

「フン……!!」

 

「ッ……待て、逃がすか!!」

 

北島の処刑を完了したアナザーリュウガは、干からびてミイラと化した北島をその場に放り捨てた後、再び立ち上がった一哉が傷の痛みに耐えながらも攻撃を仕掛ける。

 

しかし一哉の攻撃が命中するより前に、アナザーリュウガはその全身が紫色の禍々しいオーラに包まれ、一瞬でその場から姿を消してしまった。

 

当然、一哉が繰り出した攻撃も空振りに終わり、一哉はその場に膝を突く。

 

「……クソッ!!」

 

北島を助けられなかった事。

 

アナザーリュウガを取り逃がしてしまった事。

 

何もできなかった己の無力さに、一哉は地面に拳を叩きつける。

 

その後方からは、追いついて来たアリス達が駆け寄って来た。

 

「一哉! あのお爺さんは……?」

 

アリスの問いに対し、一哉は何も言えず、すぐ近くに倒れている北島を指差す事で返事を返す。

 

そして北島の変わり果てた姿を見たアリスと陽菜乃は「ひっ」と悲鳴を上げ、すぐさま駆け寄った安住が北島の脈を確認するが……彼はその首を横に振った。

 

「……駄目だ、死んでいる」

 

「!? そんな……ッ」

 

「ッ……いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 

雄二が青ざめた表情を浮かべ、陽菜乃が恐怖のあまり悲鳴を上げる。

 

後から追いついて来た者達も、ミイラと化した北島の姿を見て同じような反応を示していた。

 

 

 

 

 

 

死亡者が出てしまった事で、彼等は嫌でも理解させられてしまったのである。

 

 

 

 

 

 

これはただの遊びではない。

 

 

 

 

 

 

己の命を懸けた、最悪のデスゲームであるという事を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To be continued……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ゲームの参加者

 

榊一哉

アリス・トーレアリア

 

佐伯雄二

月島陽菜乃

安住修平

倉田龍一

花本岬

岩村泰三

黄金山レイナ

吉田蒼樹

北島忠臣(死亡)

 

 

 

・謎の存在

 

ゲームマスター

 

 

 

・処刑人

 

アナザーリュウガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残るプレイヤーは、あと10人。

 

説明
『ディケイド館のデス・ゲーム』を見た結果、気付いたら書いていましたこの話。

主役は旅団のNo.5です。

それではどうぞ。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
3952 1603 2
コメント
懲りずにまたIFルートの予告編を書いてみた(竜神丸)
こんな結末なんかやだぁ!!!(Blaz)
okaka:勝手に現れて勝手に暴れて勝手に消え去って行きおった……何なんだこの親子(今更)(竜神丸)
パパ!黎斗!パパ!黎斗!(抱き合いながら消滅・・・したかと思いきや空に並んだ二人の笑顔の描かれたハートマークが浮かんでから消滅)・・・俺は一体何を見せられたんだ・・・ってか、サウザー出番全くねぇ!・・・これで神は5年分の作品に連続出演か・・・(okaka)
プレジデンツ:流石に垓はかわいそうになってきた・・・正宗パパにも感染していたとか。親子で緩衝作用を起こして骨肉の争いを繰り広げてるし。・・・あの垓が【(会社、事業、社員)愛】を語るか・・・え?・・・え?嘘でしょ・・・【檀親子が和解した】ぁ!?あ、全部終わった後もまだアークの中に黎斗が保存されてるっぽい。・・・おい待てぇ!この話【秋にやるバルカン&バルキリーの後日談】なのぉ!?(okaka)
プレジデンツのサムネ、ついに1000%が映らなくなる。(Blaz)
さて、もっかい鬼滅見に行こっと(竜神丸)
旅団メンバー、呼吸に当てはめるとしたらどれだろう。旅ディアは普通に氷の呼吸で良いとして、旅竜神丸は毒じゃなく、何か別の呼吸にした方が良い気がしてきた(毒を扱う蟲の呼吸は、筋力の関係で鬼の頸を斬れないしのぶ限定の呼吸だし)(竜神丸)
・・・あ、また日輪刀じゃなきゃって言われる前に補足しとくけど、銃弾のギルティングメタルが同じ材質だったり、剣も日輪刀の玉鋼の粉末を混ぜるか表面に吹き付けときゃ問題無いのでその辺よろしく。特に【ちゃんとした】銃弾はライフリングに食い込んだ時の圧力と摩擦熱で赫刀と同じ状態になるのでマジで有効。・・・呼吸?既に常時強化状態なのにいるか?(okaka)
竜神丸:・・・旅俺、完封できるかもしれん。普段あんまり使ってない自前の装備(改良型流体金属剣)を使って良いなら。(使わなくても完封自体は可能)(okaka)
(鬼滅ルートを妄想中)童磨は舐めプしてる内に速攻で倒せば良し、猗窩座は女性には攻撃しないという性質が利用できる……黒死牟はマジでどうやって倒そう(竜神丸)
フィギュアライズスタンダード龍騎ゲット! まぁ、しばらく積むんだけどな!(ちょっとずつほかのプラモを組み立て中)(支配人)
Blaz:そもそもフェムシンムの民はもう本編に出てきたのしかいないからな。生き残りの中に(多分)女性はただ一人、しかもよりによってあの【レデュエ】であるため絶滅はもう秒読みだったんだ。そりゃあ新たな仲間には優しくもなろうて。(okaka)
竜神丸 : 身内にだけってやつじゃ…(Blaz)
Blaz&okaka:そしてこの回から「あれ、この人フェムシンムの中では意外とまともなのでは…?」と言われ始めるデュデュオンシュさん←(竜神丸)
Blaz:個人的だけど、40話のあの瞬間、葛葉紘汰が【アーマードライダー】から本当の意味で【仮面ライダー】になった瞬間だと思ってる。(okaka)
40話。拒まれようとも、傷つきようとも自分の望んだ結末のために進む紘汰。そしてとうとう戒斗にバカ認定される光実。っていうかあの機械、蹴り一発で壊れるんかい(Blaz)
遅くなったけど鎧武39話。城之内成長したなぁ…それに比べて光実よ、詰めが甘いって言われてる傍から詰めの甘い事を言う…まぁこうなった原因の一つは私のせいだ! (戦極凌馬のアレ)(Blaz)
カレンチャンに対してフェス限加蓮ちゃんをぶつけてくるデレステ(なお、どっちもサイゲ)(okaka)
ディア:カレンチャンは短距離型、ライスは中距離?長距離、よし!住み分けできてるな!さっそくバクシンの教えと共に育成だ!(okaka)
F計画……進んでいたのか……(ディアーリーズ)
【ライスシャワーが壁際から覗き見ている……】←(ディアーリーズ)
ディア:どけ!俺は(カレンチャンの)お兄ちゃんだぞ!お兄ちゃんを遂行する。・・・それはさておき、ガンモードとスパークレンスモードへ変形、スマートキーやフラッシュメモリみたいなアイテム、【発掘品を科学的に再現したもの】ってことはこれ【地球人が作った人工ウルトラマン】ってことじゃね? あ、監督はあの坂本エロアクション監督だそうで(okaka)
竜神丸:煽ってイラつかせるだけでどんどん鬼が減ってくんだから便利だよな。(okaka)
(鬼滅の設定を確認中)……鬼の討伐率トップが無惨様ってどんだけパワハラなんだこの鬼上司(竜神丸)
ウルトラマントリガー!変身アイテムが『GUTSスパークレンス』ってことはマジでネオフロンティアスペースの続編なのか…?(ディアーリーズ)
かれんちゃんもひけませんでした まる(ディアーリーズ)
やはりバクシン・・・!バクシンはすべてを解決する・・・!(キングヘイロー完封)(okaka)
キタちゃんもサトちゃんもひけてないです まる(ディアーリーズ)
サトノちゃんが可愛いと思いました まる(ガルム)
ガルム:うまぴょい言うな(誰が言ってるのかわかんない台詞) (okaka)
こいつらうまぴょい(隠語)したんだ!!(画像略)(ガルム)
卑しか女杯と同じくらい不思議なのが【メジロマックイーン猛虎魂宿してる問題】なんでや!推し球団ヴィクトリーズで阪神関係ないやろ! あれか!?Vやねん!か!?Vやねん!のせいか!?(okaka)
ディア:これにはダシにされる全距離A適正の化け物ハッピーミークも般若顔。なお、クリスマスの夜に栄養ドリンク持って忍び込んでくるという後半猛烈な追い上げを見せるアグネスタキオン← ・・・KAMAKURABUSHIことグラスワンダー放り込んでやれ。(okaka)
何なら卑しか女杯を大差で大逃げするまである桐生院。さすがトレーナーが福引で当てなきゃ行けない温泉を確定イベントで行く女(ディアーリーズ)
湿った代表と言えばダイワスカーレットとナイスネイチャの2強だから!(okaka)
ディア:テイオーはア邪のせいだから・・・シットリテイオーとか言ってはいけない。  卑しくないのはゴルシとハルウララくらいや。卑しか女杯にはウマ娘疑惑のあるたづなさんどころか桐生院まで出走状態とか・・・(okaka)
ウマ娘、全員大なり小なりトレーナーに対して湿った感情持ってる説(筆頭:トウカイテイオー)(ディアーリーズ)
ダイワスカーレットのURAファイナルが雨で【湿った激重バ場】なのに作為的な何かを感じる・・・いやたしかに湿度高いけどさぁ・・・(okaka)
ウマ娘エロ禁止だからか、創作欲発散のための怪文書がやたら増えたなぁ・・・じっくり読んでこ。(okaka)
プライオボットで超銀河グレンラガンが決定って…わーお(支配人)
シンデレラガールズ劇場のアニメも今回で最終回かぁ・・・コロナ禍で話数減ったけど、なんだかんだ一年間楽しかった!(okaka)
遂に来たか、シンデレラガール総選挙!今年はボイスだけじゃなくてオリジナルユニット選抜もあるんか!19日開戦、覚えておこう。(okaka)
ダガーLゲット出来なかったぁぁぁぁ!!  今度もっと大きい店いかないと…(支配人)
令和でも喧嘩すんのかあの親子は…(竜神丸)
ダガーLゲットォォォォォォォォォォォ!!(okaka)
ゲンムVS:まさかのアークによる黎斗復元、ついでに垓に感染ってw ドライバーとガシャット、バグヴァイザーは新規に出力されたのか。もう一々絵面が強烈過ぎるwサウザーが黒くなったのはゲーム病の副作用、黎斗がカラーを書き換えたせい。≪PAUSE≫ってえええええええ!?ちょ・・・正宗パパ!?出るなんて聞いてないぞ!(okaka)
久しぶりに来たら面倒事に巻き込まれてる?(ミロク)
okaka:助けた女性隊士は鬼殺隊にて“花柱”と呼ばれている人物で、“蟲柱”の姉。鬼との戦いで傷を負った者達を治療する医療施設にして、身寄りのない子供達を引き取る孤児院も兼ねている施設“蝶屋敷”の責任者。ちなみに原作では既に故人(竜神丸)
竜神丸:まずは利用価値を考える。もし旅竜神丸が傷を負ってでも助けようとしたらマジで驚く。ただ、どっちにしろそれに乗じて追撃はする← (不利な体勢を整えて、一旦仕切り直させるため)驚こうがなんだろうがプロとして手は止めない(okaka)
okaka:じゃあ、上弦の鬼に殺されかけていた女性隊士を【旅ディアよりも先に旅竜神丸が助け出した】としたら?(竜神丸)
竜神丸:それ自体に不信感は無いかな(旅竜神丸は目的の為なら手段を選んでる人間じゃないし)多分、鬼を倒すのに最も有効な手段としてディアを【上手いこと利用してる】くらいの感想。(okaka)
okaka:質問。普段あれだけ考えの違いから対立する事が多かった旅ディアと旅竜神丸が、上弦の鬼を相手に抜群の連携で共闘している姿を見て、旅okakaはどう思う?(竜神丸)
竜神丸:特殊な能力や才能に依存【できない凡人】が超人的な能力や才能を狩るのに必要不可欠なもの、【知識とそれを十二分に発揮できる思考能力と発想】単に頭が良いという雑なキャラ付けじゃなくて【必要だからこうなった】が岡島一城というキャラだからね。【龍はただのトカゲだが、火を吐かねばいけないから火を吐き、飛ばねばならないから空を飛ぶ、そして強くなければならないから最強である】必要だから不可能を可能に変えていかなきゃいけなかっただけ。(okaka)
お知らせ:ゲンムズ、0時配信の主題歌は正宗パパ (okaka)
okaka:詳し過ぎて見てるこっちが怖い(竜神丸)
刀鍛冶の里の場所:日輪刀の造りは五箇伝と呼ばれるうちの【大和伝】と呼ばれる流派に属する。大和伝は古都【奈良】のあたりの流派であり、大体の土地が分かる。そこからさらに日照条件の良い【南向き】に開けた地形、刀に必要な【松炭】を大量に必要とすることから周囲に松が群生している。燃料革命以前なのでまだ松茸が豊富で、定期的に伐採されている山からは【松茸列車】が走るほど採れるため、松茸列車の沿線から該当する地形を探せば・・・?(okaka)
まあ兄同士だし……(咲良まで来てないとは思うけど)(ディアーリーズ)
ディア:風の呼吸との合成となると、あの顔面傷だらけ野郎とも関わりを持つ事になりますね←(竜神丸)
氷の呼吸だと水と風の派生(合成)って感じかな…(ディアーリーズ)
okaka:うわすげぇ、ぴったり当てはまってやがる…(竜神丸)
竜神丸:意味は回復、覚醒、新たな出会い、リセット、生真面目。 (okaka)
okaka:ほほぉ?(竜神丸)
竜神丸:ペルソナ、というかアルカナだと【悪魔の逆位置】(okaka)
okaka:書いていて思ったんだけど、この状態の旅竜神丸に合いそうなペルソナって何かいますかね?(竜神丸)
okaka:その後、かつて拒絶され、そして和解した姉との一件を思い出す事で【本当は他者から愛されたい】という自分の欲望を改めて自覚し、自分を慕い信頼を向けてくれる者、自分を心から愛してくれる者に対して彼なりの善性を見せるようになる(※なお、敵に対してはいつも通りの彼である)(竜神丸)
竜神丸:自分の精神、それもユング心理学で言うところの【自分にも他人にも認識できない領域】と向き合う機会なんて意識しなきゃ普通はありえないからな。 (okaka)
okaka:しかも「人間なんだからそういう欲望があってもおかしくはない」と自分の欲望を自覚していたドクターと違い、旅竜神丸の場合はここで初めて自分の欲望を自覚させられるから、ますます調子を狂わされる羽目になる。他の旅団メンバーがこの状態の旅竜神丸を見たら間違いなく目を疑うと思う(竜神丸)
竜神丸:だからヤミーを作るとドクター真木と同じ欲望が出てくるんだろうな。(okaka)
okaka:本人は冷徹なマッド野郎である為、他者からの反応は大抵は敵視されるか嫌われるかの2択。だからこそ【裏表のない、純粋な好意を向けられた】場合、好かれ慣れていないから逆にどうすれば良いかわからなくなる(竜神丸)
okaka:IFストーリーを妄想していて気付いたのは、旅竜神丸は【子供や若い女性と長期間の関わりを持つ】と性格面に変化が生じるという事。幼少期に(後に和解したとはいえ)姉に拒絶された一件から、本人も無自覚の内に【他者からの愛情に飢えている】(竜神丸)
38話視聴。行くとこ行った光実の姿。ここまで来ると潔いというか。主任の幻覚は光実のわずかな良心と取るべきか。そんで今回のでふと思ったんですがロシュオの腰のところってガイアドライバーみたいなのになっててなんか鍵穴みたいだなって見てたんですけど、これ意図的なんですかね?(Blaz)
竜神丸:ぶっちゃけ旅俺の場合は死なないために【手段を選ばなくなってる】まぁ、歴史の修正力は既に証明されてるし、修正不可能になっても最悪【オーマフォームでリセットすればいい】という最後の手段があるからな。(okaka)
Blaz:力の差を示す為にサガラが召喚しただけだから、たぶん「強者が行ったサッカー世界」とも「映画で紘汰が行ったサッカー世界」とも別だと思う(竜神丸)
okaka:初期から性格が段々逆方向に向かっていくのが地味に面白いよね  旅竜神丸:己の欲望のままに動く冷徹なマッド野郎→冷徹ながらも(身内や部下に対してのみ)それなりに情を見せ始める(竜神丸)
あっぶね、鎧武37話視聴。さぁてどこからどう言えばいいのやら……サッカーのための戦極ドライバー、変身解除しないシャルモン、素の小林豊。うまーく代役や変身でごまかしてましたねw あと質問ですが、最初に戒斗が戦った鎧武ってサッカーの世界とも別ってことでいいんですよね?(Blaz)
竜神丸:反対に旅俺が知識と技術を総動員して高威力の兵器を作りまくるマッドな部分が強くなってる件。(okaka)
okaka:風花雪月ルートと言い、鬼滅ルートと言い、IFルートの旅竜神丸が妄想している内に気付いたら数少ない人間性を発揮している事に気付いてしまったもので(主に身内や部下に対して)(竜神丸)
竜神丸:正気を疑う。回答は「そんなもの作れるなら俺が真っ先に使ってる」って言い返す。(okaka)
okaka:ちょい質問。あれだけ研究にのめり込んでいた旅竜神丸が、旅okakaに突然「寿命を縮める為の薬って作れます?」とか聞いてきたらどうする?(竜神丸)
銃身の先端部をヒートシンク兼用のメイスにすればドタマかち割って撲殺もできるな。銃身の放熱で高熱化するし、重量バランス的に反動制御もできる。それこそドリルぶん回してミンチメーカーでも行けるな(okaka)
ガルム:普通のライフルより集弾性能も連射力もあるからな。首刈りどころか頭部ミンチも可能だぜ。(okaka)
(鬼滅ルートを妄想中)……何だろう。風花雪月ルートの時と言い、IFストーリーの旅竜神丸はなんか身内や部下に対して妙に優しくなる傾向がある気がする(竜神丸)
・・・バッテリーある。1900年ぐらいには永久磁石直流モーターもある あっこれガトリング砲…(ガルム)
下の銃云々を見直してて気付いた。・・・これ、もしかして【大口径単発式】の銃の事言ってるな? 先端の被覆【のみ】を変えた尖頭弾(便宜上、簡易AP弾と呼ぶ)をボトルネックと長銃身で加速させた高貫通弾じゃないな。大口径じゃないと首が飛ばせないって言いたいんだろうけど・・・砂鉄も原料である以上たたら製鉄は確実、つまり玉鋼以外の同じ素材の【ケラ】が大量に出る。バッテリーもある、【あの銃】はとっくにある・・・ガルム、手持ち式で【武田観柳】やろうと思えばできるぞ。ハイレートの銃弾の刃で首チョンパだ(okaka)
かーっ卑しか!見んねゴルシ!卑しかウマ娘ばい!  (卑しか女杯 2830m 快晴なのに湿ったバ場)(okaka)
僕は……お兄様ではない……ッ!(ライス未うまぴょい)(ディアーリーズ)
(鬼滅のカップリングネタを検索中)……旅ディアとくっ付けるならやっぱり“彼女”かなぁ(竜神丸)
お、運営から貰った石で育成マックイーンとサポートキタサン来た!・・・実はオグリが欲しかったんだよなぁ・・・(シンデレラグレイでハマった)(okaka)
ガルム:俺、ホームゴルシやで。(okaka)
okaka:いや、噛みつかせる(ガルム)
ランクAの壁が……分厚い……!!!(ディアーリーズ)
ガルム:もうドロップキックなら食らってる(okaka)
うるせぇゴルシぶつけんぞ(ガルム)
どけ!!!俺はライスのお兄様だぞ!!!(okaka)
ちなみに下の名前『獅子吼 命』の『獅子吼』は鬼滅の刃の登場人物の特徴でもある『珍しいけど実際にある苗字』に即して、『実際に苗字としてあります』(ディアーリーズ)
okaka:まぁでもせっかく鬼滅の世界だから、名前も敢えて普通に日本人名にしたい(というか日本人名で【中二病っぽい名前を考えるのが楽しい←】)(竜神丸)
しかもこの時代、先進医療を欧州で学ぶことは珍しくなく、軍医等も派遣されてたり、そこに合わせた名前を子供につけるのもあるっちゃあった。 先進医療を学んできた医者の家系とでも名乗れば名字以外は当て字でなんとかなる。オットー(於菟)フリッツ(不律)マックス(真章)トム(富)レオ(礼於)ハンス(樊須)これ全部実在した名前(okaka)
竜神丸:なら、名前そのままでも簡単に通じる方法を教えよう。【森鴎外は自分の子供に外国人風の名前を付けてた(マジ)】(okaka)
okaka:見た目からして既に日本人離れしてるキャラが原作にいるからノープロブレム(主に煉獄さんとか甘露寺ちゃんとか)(竜神丸)
竜神丸:日本人離れしてる見た目の連中はむしろ【異国から来た異邦人】ってことで通したほうが不信感無いんじゃないか?(okaka)
緊急事態中に使えるもの使わないとか完全に自分の実力に酔ってる舐めプやん?旅俺は絶対舐めプしないので強すぎる力は要らないけど、使えない理由がない限りは自分の持ってる力は使う。(okaka)
(柱の設定を確認中)……あぁ、何名か殉職or引退する奴いるから、その隙間に旅団メンバー入れられそうかも(竜神丸)
ガルム:というか、そもそも流れ着いた=【任務じゃない】から自己防衛のための手段なんか選ぶ訳無かろうて。プロが戦場に浪漫なんか求めるかっての。(okaka)
なんちゅうか、決着つかんだろうな。俺やokakaは現代(大正)なめんなファンタジー派、ディアはファンタジーなめんな現代(大正)派っぽいし。そもそも鬼が木っ端微塵になった描写が無いからなぁ。縁壱が細切れにしたぐらいで 例えば全身木っ端微塵で血痕だけが残ってる状態からでも再生するのか?って感じ 偽名はワイに関しては考える必要無いな。元々の名前使えばおk(ガルム)
竜神丸:だろうな。 ディア:だとしても、炭クズが再生できるとは思えん。あと、刀鍛冶の里についてだけど、造を見れば大体の位置が割り出せるぞ。(作られた刀の流派によって土地が解る)実際に特定されてたりする(okaka)
↓でokakaさんが言ってる理論だと首だけじゃなく、腕や足を切断した際にも再生を阻害していないとおかしいですが沼鬼や猗窩座が腕を切られた後に短時間で再生してますし、赫刀で頸を斬られた黒死牟に流血の描写もあるので切断面を焼いてるわけではないと思います。(ディアーリーズ)
okaka:なのでたぶん、旅okakaは武器の開発&提供くらいで、戦闘面での出番はないと思う(戦闘は鬼殺隊に加入した旅団メンバーにお任せ)(竜神丸)
正直、無限城に毒ガスでトラロック仕掛けないだけまだ抑えてるんだよなぁ。・・・旅俺出すなら正直言って一人で青い彼岸花探してフラフラしてるくらいの出し方じゃないとキツイぞ。どこにいてもどんな状況でも戦力を強化しちゃうから。(人殺しに躊躇のない千空みたいなもの)(okaka)
日本名の偽名か……『獅子吼 命(ししく みこと)』とか?(ファートゥム→運命→命、レオーネ→ライオン→獅子→獅子吼)(ディアーリーズ)
ディア:旅俺が技術持ってる。(そもそもがそっちの人)あと、日輪刀で切るのは【断面を熱する事で細胞を焼いて再生しなくしている】と思われる。日光を蓄えてる以外に鉄に差異はないので、条件さえ整えば問題ない。・・・え?原料?そこに死んだモブ隊士達の刀が有るじゃろ?あと、竜神丸とキリヤにしか説明してないけど、毒に関しては旅竜神丸を超えるくらいには理解が深いぞ、旅俺。・・・なんなら粗製ガソリンもパーム油もあるんだから【鉄すら溶かす超高温】を浴びせるものも作れるんだよなぁ。(粗製ガソリン=ナフサ+パーム油=ナ(フサ)パーム)(okaka)
しのぶさんの毒だってその場でその鬼に合わせた毒を鞘内で調合して撃ち込んでるので、事前に調合した毒を知識がない人が使ったところで解毒されたらそれで終いですよ。知っての通り童磨には効きませんでしたし。(ディアーリーズ)
ディア : クレイモアとかじゃないけど、爆破でなら中に日輪刀の原料の鉱石混ぜてってのしかない。まぁ目に見えてわかる通り非効率的だけど(Blaz)
ところでディアさん……何で【童磨を潰すのに協力して欲しい】って言ったんだと思います?(ニヤリ  ※ヒント:早めに潰す事で生存が確定する人達(竜神丸)
あと本名が外国人名のメンバーは全員、鬼滅の世界観に合わせる為に【日本人の偽名】を名乗って貰う(元から日本人名のメンバーは問題なし)……自分なんて名前にしよう(竜神丸)
(しのぶさんの毒…)(ガルム)
その玄弥だって確実に鬼に止めを刺すように日輪刀(色は変わってない)を携帯しているように、銃で頸を吹っ飛ばしても確実に死に至るわけではないですし、手榴弾やら爆薬では止めは刺せないんじゃないかな……(ディアーリーズ)
そもそも爆破じゃ鬼は死なないので…。鬼が死ぬ条件は『日光』か『猩々緋砂鉄及び猩々緋鉱石から打たれる日輪刀で頸を斬る』のみ。銃弾に加工も不可能ではない(玄弥が使用)ようですが、鬼の首を吹っ飛ばすためには大口径でなければいけませんし、刀鍛冶の里の人が海外の技術なんて持ってないでしょうし、そもそも希少な原料を銃弾という消耗品にそんなに使えないのでは(ディアーリーズ)
ところで、旅ディアはまぁ氷の呼吸(たぶん水の呼吸からの派生?)で良いとして、自分どうしよっかな……毒の呼吸でも派生させるか(竜神丸)
(客車を切り離した上で線路爆破脱線コースからの動けなくなったとこを爆破で良いんじゃないかな・・・)(ガルム)
無限列車編を見たらわかる通り、列車その物と融合した鬼なんている上に、そいつも【列車と一体化してる首】を斬らなきゃいけないから地味に対処が面倒(しかも無数に持っている目玉と視線が合うと、間髪入れず眠らせて夢の世界に誘おうとしてくる)(竜神丸)
それより腹吹っ飛ばして再生中にレバー部分にワイヤー巻いたのを捩じ込もうぜ で、再生終わった瞬間に引いて汚ねぇ花火にしてやろうぜ 少なくとも無惨以外なら上半身を木っ端微塵にしてやれば普通に殺せそうだし(ガルム)
ガルム:手榴弾はあるぞ。腹ペコの鬼に喰わせてやろう。・・・ご丁寧にピンだけじゃなくレバーまで外してな!(okaka)
鬼滅は考証によると大体1912〜1915ぐらいの話か… 大体1〜2年以上前、1913年頃には配備されてる兵器なら海外製も入手出来なくは無い 対戦車ライフルは無理か…(マウザーM1918)(ガルム)
爆血刀の原理もわかってしまえば銃弾で再現可能だしね。(日輪刀と同じ鉄を高温で圧力掛ければ良い。つまり薬莢にピストンを置いて発射ガスで一気に加熱、加速しながら超音速のピストンで銃弾を押し出せば銃弾は爆血刀と同じ状態になる)散弾銃なら十分に可能なレベル。 ライフルみたいなボトルネック弾なら同じ鉄の銃身とギルティングメタルでライフリングに食い込ませるだけで再現できる(銃身の磨耗率はエグいけど)(okaka)
第一次大戦ならパリ砲すらあるからな。日本にも1904年には野砲で三八式野砲(75mm砲)とかあるし 75mm喰らったら死ぬかどうかは置いといて無惨でもバラバラだろうよ(ガルム)
第一次大戦の頃には機関銃あるからな 極端な事言うとM1911なんか大正元年には存在してるし、7年待てばB.A.Rが出来る 1886年にはマキシム機関銃が実地試験されてるし(ガルム)
ぶっちゃけ第一次世界大戦は大正3年の事だからその時使われた兵器は時代考証的にはOKなんだよなぁ・・・(okaka)
支配人:戦極ドライバーシリーズは全部買う予定。そのためにショーケース買い足したようなもんだし(去年ライブ無かったからその分の積立金があった)(okaka)
okaka:マジかwシャルモンセットおも買ったのかw 俺はレオンチャンネルさんとかのレビューで我慢じゃな…(支配人)
支配人:良かったぞ。戦極ドライバー。凰蓮ロックシード付けて飾ってある←(okaka)
okaka:あいよ〜 今後もどんどん出されてくのね…ロックシードシリーズ…これもしかしてゲネシスも…?  戦極ドライバー買っとくべきだったか…?(金欠)(支配人)
支配人:そういや斬月のカチドキロックシード、シン・カチドキロックシードって名前らしいから、今度からそっちで呼ぶな。(okaka)
ディア:というか、一番欲しいのは【絶対に血管針を通さない鎧】攻撃手段なんてそれこそ銃に藤の花の毒弾でも良いし、大岩が砕ける身体能力なら素手だって良い。問題は【絶対に鬼化させられない方法】呼吸はなり難くなったり、最終的に鬼化しなくなるらしいけど、個人差や習得に年単位の時間がかかるハイリスクな割にローリターン。そもそも身体能力がカンストしてこれ以上伸びない旅俺は鬼の血だけでも超危険(ナノマシンで打ち消せるかも不明)だから【乱戦時の流れ弾だろうと絶対に無事】な装甲が必須になる。(okaka)
旅俺いったら健啖家二人がかかわってくるんだろうな…(-_-;)(支配人)
僕としては「流れ着く」って言い方から「ライダーの存在しない世界」だと思いました(なんで長野に九郎ヶ岳遺跡は無いし、徳川幕府にコアメダルも献上されてない)かつ、能力の扱いはポケモン世界に準じるのかなと(思ってたら竜神丸さんから凍結許可が出た)(ディアーリーズ)
つうか、魔法とか超再生力の方が鬼や血鬼術と間違えられるんじゃね?こっちはそういう装備だからで通じるけど、能力は原理の証明しようがないし。呼吸はあくまで剣術で実際にエフェクトが出てたりするわけじゃなくて【そう見える、そう感じる】だけのもので実際に出ているものじゃないから、実際に何かを凍らせたりする魔法や能力は鬼と間違えられてもおかしくないだろ。(okaka)
ディア:見た目鎧ならええやろ。言うて大正時代、航空機も出始めてるし機関銃もある時代、なんなら万国博覧会だってあった。【異国からの渡来品】があったってなにもおかしい事はねぇよ。(okaka)
多分ですけどライダーに変身自体がアウトだと思うんです。鬼殺隊からしたら異形=鬼みたいなもんですし、ライダーVS鬼だとパワーバランスが傾きすぎるし、絵が合わないし←(ライダーウェポンなり、能力だけを使うならセーフ?)(ディアーリーズ)
だから原作で言ってた「食べてあげて救済してる」っていうのと、竜神丸さんが「地獄」というワードを出したのでこれまた原作で言ってた「天国も地獄も存在しない」っていうのを絡めて言いそうなセリフを作った(ディアーリーズ)
正直、旅俺は現代の装備と先進技術装備が中心なのでこれくらいは無いとかなり厳しい。(okaka)
使えそうなもの:何代も受け継がれているという聖剣、古代遺跡の出土品であるクウガ、徳川家にも献上されていたコアメダル、死者の魂を呼ぶゴースト、見た目的に鎧武。絶対使っちゃいけないもの:変身即斬首されそうな【鬼】(okaka)
ディア:あいつマジで中身空っぽだから台詞考えるのもすげぇ苦労する>童磨(竜神丸)
お、砂塚あきらのソロ曲来たか。・・・【#HE4D SHOT】もう曲名があきらやん。(okaka)
時代に影響与える装備禁止ねぇ・・・≪PAUSE≫見えてないなら影響もクソもねぇな。・・・え?これもダメ?じゃあ聖剣でええやろ。(okaka)
童磨エミュむっっっず(ディアーリーズ)
旅)自分が唱えている教義すら信じていない貴方に言われても全く響きませんね。……とっととくたばれ、糞野郎(ディアーリーズ)
旅)私はどうせ地獄行きでしょうし、今更です。でも私、地獄ってどんな所なのかまだ知らないんですよねぇ。せっかくなので、まずはあなたに先に遊びに行って貰って、後で感想聞かせて貰おうかなって。まぁそういう訳ですので… と っ と と く た ば れ 糞 野 郎(竜神丸)
「喰い殺した?狂わせた?おいおい心外だぜ。俺が喰った人たちはきちんと俺の中で生きていたし、救われてたさ。それを俺ごと殺そうとしているのは君たちの方だ。極楽や地獄なんて人間の創造したお伽話にすぎないけれど、あるとするならば君たちにこそ地獄は相応しいんじゃないのかい?」(ディアーリーズ)
ディア:旅)そんなに面白い事がしたいのなら、これから私達が、あなたに相応しい場所に送って差し上げましょう……さぁ、地獄を楽しみなさい(竜神丸)
旅)日が昇り、消滅の危機を迎えていても……貴方の目からは死への恐怖も、敗北の悔しさも感じられない。やはり虚ろで伽藍洞……その薄っぺらな口で教義を騙り、幾人を喰い殺した?幾人の人生を狂わせた?……貴方の罪は、重い……!(ディアーリーズ)
ディア:トドメ刺す時は2人揃ってアレ言いましょう(※しのぶが童磨に向けて最後に言ったあの台詞)(竜神丸)
正直日輪刀受領前の鬼への対抗策はそれで考えてた >>凍結封印→日光消毒(ディアーリーズ)
ディア:日の出が近付いてきたら凍らせて逃がすな←(竜神丸)
氷の血鬼術には氷で対抗するかー(ディアーリーズ)
ディア:実際、その辺は流石に考えてる>時代に影響を与えるような装備はNG あとディアさん、童磨をぶっ潰すの協力して欲しいだなも←(竜神丸)
ただ鬼滅は時代が時代ですし、あまり影響を与えるような装備は慎むべきかなぁと(ディアーリーズ)
いやまぁライダーが禁止されてないなら僕も問題ないんですけども《コネクト、ナウ》(ディアーリーズ)
とりあえず、どんな場所だろうと瞬時に装備呼び出せる組はどこに行っても対応できそうだな。(旅俺、竜神丸、キリヤ等)(okaka)
竜神丸:戦闘時はハザード使って消滅攻撃しそう←(okaka)
取り敢えず自分は蝶屋敷(※医療施設のような場所)で毒と薬の開発かな……上弦の弐は舐めプしてる内にぶっ殺さなきゃ←(竜神丸)
そういやもっと楽な方法あったな 旅俺「出番だ」(指パッチン) ◯○◯「承知したよ、我が真王」『ギンガ!』太陽の前に平伏すが良い(okaka)
竜神丸:弁当食う時うまいうまい言ってるのが旅俺と勘違いされる光景が思い浮かんだ。(okaka)
日輪刀入手するまではどうしようもないなぁ…そんで墓穴を掘った気がする(いつものとか言うな)(ディアーリーズ)
ディア:原作開始前ならええんやな?…あ、でも(助手に欲しいから)しのぶさんはやらんぞ←  okaka:個人的には煉獄さんと対面させてみたい(ヒント:声)(竜神丸)
ディア:身体能力はあるんだから何も考えずに脳筋首落としでええやん。(okaka)
デレステ:こっちでもゾンビランドサガコラボ開始!・・・宮野がうるせぇぇぇぇぇぇぇ!!(タップ音が宮野真守の声に変換可能)(okaka)
流れ着いたとしたらネギま魔法もライダーの力も使えないだろうし、鬼に対して有効打を与えられん……(ディアーリーズ)
鬼滅世界行ったら日輪の力を注ぎ込むことでお馴染みのリボルケインをぶん回しそうのなのがいますねぇ・・・誰だよそんな危ないやつ(okaka)
斬月のカチドキロックシード、【シン・カチドキロックシード】って名前だったのか(okaka)
相変わらずの女難っぷりに俺氏苦笑い(ガルム)
竜神丸:まぁた、色々妄想ちゅうかw(支配人)
原作時間軸に流れ着いたら手遅れな人が居るやんけ!(ディアーリーズ)
ディア:良いじゃないか、蝶屋敷なんて美人揃いだぞ!(竜神丸)
ヤメロォ!!!あっちでもやってるの音柱しかいないから!その音柱も忍の出身で戸籍とか怪しいところあるからぁ!!!(ディアーリーズ)
ちょっとずつ鬼滅に興味を持ち始めた自分、旅団メンバーが鬼滅の世界に流れ着くIFストーリーを妄想中……おうディアさん、こっちでも一夫多妻できるぞ!←(竜神丸)
祝:ジョジョ6部アニメ化! これで一巡目の世界は一通りアニメ化か?(支配人)
セイバー:エレメンタルドラゴン、自身のエレメント化能力なんてあんのか。 時国剣界時、【時】の聖剣ってところか。なるほど、槍(長針)と剣(短針)ってところか。(okaka)
竜神丸:下にも書いたけど、【やるだけの利益がない】最悪、反逆行為と捉えられてもおかしくない上にそれを起こしてまで手に入れるほどの有益なデータも集まらないし、そもそも感染を制御できない。つまり起こさない、じゃなくて【起こす理由がない】Blaz:実はちょくちょく使ってる。小説版後なら永夢の【ネタバレにつき割愛】に送り付けたり、そこから奪ったりしてる(okaka)
おや意外、私ではなくkaitoさんに疑いの目が向くとは←(竜神丸)
正直僕もkaitoさんかなぁって思った(ディアーリーズ)
ゲンムズのゲンム、あれ初期のマイティ(アルファ版じゃない方)ですかね?(Blaz)
アンブレラの残党(←)(ガルム)
竜神丸:竜神丸・・・と言いたいところだけど、むしろバイオハザードを起こしかねないものの研究者だから、危険性も無秩序に拡散すると制御不能になる事も熟知してるはずなのでむしろ除外する。(プロとしての信用+やる程の利益がない)なので何かしらの事故か、竜神丸の部下のミスか、イタズラと称してシャレにならない事をしそうなkaitoか、何かしら外部から持ち込まれた物に付着していた可能性を考える。(鹵獲品や使用された(敵を切った)実体刀剣類を中心とした装備品の除染不足を疑う) (okaka)
竹内君(※進兄さん役の人)が主演の某ゾンビドラマを視聴中……こっちの小説中でアウトブレイクが起きた場合、皆はまず最初に誰を疑う?(竜神丸)
ディア:庵野君がそんなに好きじゃない(見てるけど)らしいな ガルム:もうシンって付けば庵野秀明作品になってきてるよな。そのうちシン・ゴレンジャーとかやるんじゃなかろうか。(okaka)
なんなの?シンが流行りなの? エヴァはおもろかったけど(ガルム)
シン・ガメラ(というか新作ガメラ)来ねえかな……(ディアーリーズ)
敵は爆発させない方針、初期の3、4話くらいの感覚で深夜戦闘ってイメージなのか。・・・面白そうなんだけど、正直、俺はシン・ゴジラが合わなかった人間なので、不安でもある。(okaka)
ディア:結構前からドメイン取得バレしてたけど、結局やるんだな。・・・シンさんどうすんだろ(okaka)
シン仮面ライダー?!(ディアーリーズ)
CSMのタイフーン(1号のベルト)だと!?(okaka)
ガルム:いや、この2つのミスは戦車兵としても致命的やぞ← こっちで出すときは実弾予定(okaka)
で、結局マドロックのキャノンはビームなのか実弾なのか…(ガルム)
そもそもエイガーは正式なMS乗りじゃねぇ!!!(ガルム)
ガルム:あれはエイガーがアホやったのが原因だし(炎に背中向けて機体炙った、苦手な地形にホイホイ入っていった)性能だけならマドロックの方が上でしょ。ガンダムやぞ。(okaka)
もうあいつだけで良いんじゃないかな 再 来(ガルム)
【衝撃】仮面ライダーBLACK、リブート 【仮面ライダーBLACK SUN】制作決定(okaka)
無理なことだとわかっていても…オリキャスに声を当ててほしいッ……!!(ディアーリーズ)
なん……だと……>風都探偵、まさかの【アニメ化が決定】(竜神丸)
6号機がザクTに撃破されたガンダムwwとか言われると正直殴る 初期の時は後ろでフランリヴァルが燃えてたせいだし、ゲラートのザクTなんてフェンリル隊のなかで一番性能が良いって整備班長が言うレベルのまさにガワだけザクTやぞ!!あの隊グフやドムまで居るのにそれ以上だぞ!?インチキにも程があるだろ!!(ガルム)
続き:ジーライン、ペイルライダー、BD(3号機仕様)MK-2が対象。(okaka)
ガルム:一応対象は【RXナンバー】ただ、試験の意味が薄いもの(ガンキャノン、ガンタンク、初期ガンダム1?3号機など)や危険過ぎる機体(GP-02等)は対象外。フルアーマーの装備は既に技術が完熟しきっているので今回は除外(7号は無し)他GPシリーズは調整中(主にフレームとコックピットの規格統一問題)エミュレータすら作れないEXAM搭載機やHADES搭載機は機体のみの再現(改修による差異の確認)主にG04、05、6号機、陸戦型(局地戦のデータ収集)NT-1(okaka)
そういや、リバースRXってどのぐらいを範囲にするん?「ガンダム」?それとも「RXナンバー」?例えば陸ガンは実験というより余剰で組み上げた少数量産だし、ジーラインとかは見た目ジム系でRXナンバー+ガンダムの量産を目指した試作機って扱い。他にもRX-79とRX-80の2パターンある青運命2.3とか、7号機は素だけなのか重装までやるのか、さっきまで話してたステイメン&WSや重装フルアーマーバーニアンとかの最近増えた形態とかもやるのかとか(ガルム)
支配人:実験が終わった後の不要機はガレージショップならぬ【ハンガーショップ】でも開いて売りさばく予定。消耗品やフレーム類はユニバーサル規格統一で予定。 ガルム:別にミノフスキー・イヨネスコ型核融合炉以外でもパラジウム・リアクターで行ける(小型高出力で安全、ただし、稼働限界あり)・・・あと、うまく行けば第二期MSクラスの融合炉を安全装置付きで運用可能になるかも(第二期MSの建造技術であるマイクロハニカム構造とMCA構造を採用して内部構造を大幅に簡略、軽量化してクリアランスを確保して安全装置を取り付けたジェネレーターを詰め込む)(okaka)
ただ、アルビオンの実験的なデータは後のアナハイム製の艦に昇華されてる(長期任務に対応できる良好な居住性、格納庫とカタパルトデッキを分けることでの発艦デッキ解放後の与圧時間短縮、設置場所を選ばない対空レーザー火器)・・・アーガマ級でええやん(okaka)
F90以前で18m級で強化形態とかじゃない素の状態で4000kwとなるとおそらく無い…。バケモンども(ZZ時代の大型機)のなら4000超えてるのあるけど… まぁ、あの背部ユニット部分もかなりデカイからそこにサブジェネ積んでZZみたくマルチ化しても良いかもしれないが いっそSEジェネでも積んじゃうか??(黒歴史) アルビオン、見た目はかっこいいんだけどねぇ(ガルム)
okaka:MS運用がジオンに比べて遅れていた分、色々実験したかったのかねぇ…?>アルビオン  ってかまた面白そうなの考えてる…?>RX計画(支配人)
なんだろう、檀黎斗がロックマンXのシグマっぽくなってない…?なんど滅びようと復活してちょっかいだすあたり…(支配人)
Blaz:永夢曰く【自分が死ぬまで遊び相手しなきゃいけない】とのこと(okaka)
しっかしまぁ、ブレンと良いなんで東映は前にやったエイプリルフールを拾ってくるかねぇw・・・脚本一緒だから絡ませるのは意外と行けそうだが。・・・コンピューターウイルスと化してる檀黎斗X(仮称)はたしかにコンピューターと深い関わりを持つゼロワンと合わせやすそうだな。(okaka)
ゴライダーに小説に…あと何人…いや、いくつバックアップがあるのやら(Blaz)
檀黎斗、また復元するのか。・・・そういやバックアップめっちゃ残ってるんだったな。(※小説版でもバックアップが復元した檀黎斗Uが登場済み)(okaka)
誰か平成を終わらせてくれええええええええええっ!!!!!(竜神丸)
ゲンムズの発表のやり方って前にもブレンがこんな感じだった気が(Blaz)
せっかくだし、アルビオン(その後の消息不明なので都合が良い)も出そうかと思ってたけど、あの船めっちゃ微妙な性能してるんだよなぁ・・・(コアファイター専用カタパルトのせいで搭載機数6機と狭い格納庫、GP02のサイズでリーディングエリアが詰まる=カタパルト使用不可、折りたたみ式で整備が複雑なカタパルト、ミノフスキークラフトの出力的に本来要らないはずのレーザー推進機がついてるせいでエンジン周りの整備性が死んでる)(okaka)
ガルム:実は無かった事になったGP計画、0099年に情報開示されてるらしい。GP02のスラスター周りのデータはリック・ディアスにも生かされてるとか。ただ、F90以降の第二期MSのジェネレーターは使いたくないなぁ。(それまでのと違って下手すると核爆発する)(okaka)
GMになった噂もある8号機君 GPはオーパーツだからな… ステイメン&ウェポンシステムは対Gと本体ジェネレータを改良出来れば絶対つおい 対GはユニコーンのDDSやクスィー辺りのが使えそうだし、2000kwでイオンドライブかIフィールドなら倍以上で小型化もしてるF91の4250kwジェネレータで オカルト抜きならトップクラスになるんじゃないか?(ガルム)
ガルム:いやそいつ存在するって設定以外の情報皆無やん(okaka)
が、ガンダム8号機(震え声) そういやキャバルリー16日発送か 楽しみ(ガルム)
・・・(GPシリーズ出したら面倒そうだなぁ・・・)よし、【リバースRX計画】(1年戦争〜グリプス戦役初期の実験的なガンダムを現代の技術で改修、再建造し、武装やコンセプトを評価する)練り直すか。(okaka)
ガルム;マルチランチャーでMLRSってw でかすぎだろw(支配人)
【マジか】TAMASHII Lab サタンサーベル、受注販売【信彦ぉ!】(okaka)
ガルム:核兵器の威力設定も割と雑だしな。(本来は酸素が無いので燃焼するものが無さすぎて威力激落ちする。戦略級と戦術級の定義が違う※本来は射程距離) (okaka)
ウマの名前かと思った >>サウザンインテリオン(ディアーリーズ)
1000%社長がまた何か妙な事を計画し始めている件について……いや何だよサウザンインテリオンって(竜神丸)
36話視聴。兄弟対決……いや、主任強すぎるだろ。スカッシュで斬月・偽の矢を弾くわ回避するわ。貴虎の発言からすれば(家訓や教育での前提ありで)光実には光を浴びて欲しかったんだろうけど、結局はどんどん影ばかりを押し付けた。ここにきて貴虎にも過去の清算がきたんですかね。あとなぜか光実が「プロジェクトアークを引き継いでる」ってところで笑ってしまった。あと次回ィ!!(Blaz)
そうそう。イオンドライブとか現実のイオンエンジンとはほぼ真逆だなぁとか、理論上光速ってお前ミノフスキードライブの親戚かよ(違うらしいけど)(ガルム)
なお、旅俺のセイバー系装備の出所。創世態+知恵の実(PoE)+『オーマジオウ!』 ブックに関しては既に竜神丸に送ったやべーもの。・・・いやぁ、アサシンクリードマジ便利。創世神話系の話が出てくるとほぼ全部カバーできるわ、イス族(かつて来たりしものの正式な種族名)マジ便利。(旧約聖書もギリシャ神話も北欧神話もエジプト神話も【公式でやった】)(okaka)
遅まきながら鎧武35話視聴。いよいよ黒(歴史)光実時代。どうしてだろうか。マジで小物にしか見えない。あと紘汰が私服だけど大人びているのに対して、光実のスーツは背伸びなのかなと。というかほぼ他人の物だ光実の今の立場とか(Blaz)
ガルム:あのGラインをフルカスタムした漫画か(okaka)
0083リベでHAGP-01FbとかGP-02(武装満載)、03のトンデモ形態に比べたらヘーキヘーキ(ガルム)
ガルム:でけぇよw(okaka)
ディア:解説で創世の書がバラバラになってライドブックに変化してるんだよなぁ・・・あと、エックスソードマンは元々ユーリの記録が書かれたブックだったのを漫画に影響されたユーリが変化させたもの。・・・それより最大の問題は【聖剣の数と持ち主が完全に決まってる】事だろう。性質上、同じ剣は存在しないから、どうにかして【作らないといけない】月闇と最光以外は全部人の手で作られたものだし。(okaka)
マルチランチャーパックをGP02にMLRSの如くガン積みするんだよ(ガルム)
ワンダーライドブックって今のところ生成方法明確にわかってるわけじゃないのでは…?プリミティブドラゴンが禁書から変化したのとエックスソードマンをユーリが生成したくらい…?(ディアーリーズ)
ディア:で、創世の書の断片であるワンダーライドブックは?(okaka)
そういや僕アーサー眼魂あるから聖剣持ってるようなもんでは?(ディアーリーズ)
仮面ライダーブレイズタテガミ氷獣戦記・・・氷の獅子ねぇ・・・こりゃまた誰かさんにぶっ刺さりそうな(okaka)
グラブル:亀ラップ、まさかの令和再録Ver。完璧すぎるぜ(okaka)
okaka:変身するたびに周りから忘れ去られていくんだな…(竜神丸)
【朗報】CSMゼロノスベルト、デンオウベルトMovieエディション、確定。(okaka)
槍が良いなら鞘と連結させて薙刀にしても良いよな(実際、薙刀を打刀に打ち直した【薙刀直し】は存在する)(okaka)
okaka:蒼き清浄なる世界のために!! ってかw デカール売ってないかなぁ?(支配人)
支配人:放射線のマーク、用意しとけよ。(okaka)
やっと重い腰を上げたか、ストライカーパック!(支配人)
【朗報】HGダガーL&ウィンダム用拡張キット登場確定。ドッペルホルンとマルチランチャーパック、確定【核弾頭積もうぜ!】(okaka)
風都探偵:新章開幕。またときめの全裸からスタート。今回の依頼人はなんと【万灯雪侍】依頼内容は【誘拐されたときめの救出】どこなのかもわからない場所にやべぇ誘拐犯のジジイの手で監禁されたときめを探し出せ!今回のメモリ、中心が何か吸い込まれそうな模様の【D】・・・・・・Dimension(次元)か?(okaka)
妹がいて……海の属性をもつ……神代凌牙……現れろ!No.101!満たされぬ魂を乗せた方舟よ、光届かぬ深淵より浮上せよ!S・H・ArkKnight!(ディアーリーズ)
なるほど、海洋生物の本だから三叉槍なのか。(okaka)
竜神丸:まさかの長柄武器である(okaka)
仮面ライダーデュランダル!?(竜神丸)
鎧武36話を視聴中……やはり人間側ではトップクラスの強さ、流石呉島主任だ(竜神丸)
【速報】マフィア梶田、プラモ化【頭おかしいんじゃないの?マックスファクトリー】(okaka)
バルキリーやっと強化きたのか…(竜神丸)
ゼロワン:Vシネマバルカン&バルキリー、秋頃上映。ダイアウルフとサーバルタイガー(スミロドン)のゼツメライズキーだと!?しかもウルフはゼロワンドライバー対応って・・・不破さん、無職脱して遂に社長のベルトもぎ取ったんか!?(多分違う)(okaka)
okaka&Blaz:んでもって、付いた嘘がバレそうになったらまた違う嘘で誤魔化し、それもバレそうになったらまた嘘を付き…その積み重ねがどんどん大きくなっていって、気付いたらもう後に引けない所まで来てしまっていたのが今現在の黒ミッチ(竜神丸)
自意識過剰についてもそれまでいた環境(チーム鎧武でのブレーンとしての立ち回り、学校での成績トップ、そして【呉島家の家訓】と【教育方針】)の中でうまく立ち回ってきた事が原因だとも思う。それまでの自分の世界で上手くいっていた、だから今回もという意識に向いて行く。(成功体験に縋るのは人間としては普通の心理)(okaka)
Blaz:そもそも日本の現代っ子だから【神】についてなんて深く考えてないんや(宗教観がものすごく薄いから神なんて日頃意識しない)この頃になるともう【舞さえ無事ならそれでいい】になってるからね。自分がトップに立つ事がむしろ邪魔になってるくらいまである。(okaka)
まぁ普通に勝てないって気持ちは分かります。ミサイルがあれですし。とはいえ、光実の頭の回転なら「同士討ちできるかも」って考えが出ると思うんですよね…まぁ根本あれですし、寄生先なくなるんでやらないはずですが。そも、神様に恩を売るだなんだって言ってる時点で自意識過剰ですよね(Blaz)
Blaz:頭は回るから、結論が先に出ちゃったのが悪実の欠点。どうやっても勝てないから恭順して大事な人だけでもって結論が先に出ちゃった。(okaka)
34話。サブライダーズ本当に清涼剤ですねw そしてここにきて光実の歪みが本格的に。まぁ人類勝てなかっただろうな。人類VSオーバーロードなら。というか将軍一発目で変調ってヤバくないですか。もう三回も変身したんですけど、紘汰さん(Blaz)
鎧武33話。光実が段々小物に見えてきた。寄生、錯覚、実力不足、浅慮。なんつーか視野が狭いというか(Blaz)
ケータッチ21、どうやら1期ライダーの音声も変わっているらしい 龍騎の場合:龍騎!カメンライド・龍騎サバイブ! ファイズ!カメンライド・ブラスターフォーム! 響鬼!カメンライド・アームド響鬼!(竜神丸)
【超朗報】10年前に廃番になったガンダムマーカーEXメッキシルバー、リニューアルして復刻。塗るだけメッキ仕上げの超マーカー復活【なお、一本660円】(okaka)
支配人:サイコブッダ?ああ、あれならマウンテンサイクルの中央でご本尊してるよ。おかげで山全体が一種の祭壇と化してる(ネオング中心にコの字型にシリーズごとのラベリングした箱を積んでる)(okaka)
okaka:壮観すぎるw(マグアナック隊) ネオ・ジオングとかのでかすぎるやつらは持ってないんだっけ?(支配人)
支配人:流石にスタンド代までは出せん。マグアナックだけで43機あるんやぞ。(3機は自分カラーで塗装した仕様+ノーマル+密林仕様カラー)(okaka)
okaka:あ〜…(-_-;) 台座とか固定しないと大惨事だからなぁ…(支配人)
支配人:ヒント:中身(okaka)
okaka:地震対策の突っ張り棒とか買わないとだなw(支配人)
ライトニングストライクガンダムがMGでプレバンかぁ…HGで出してくれよぉ…!(支配人)
支配人:おかげで地震がこええぜw(okaka)
okaka:ショーケース買ったのかw うらやましい…  マウンテンサイクルは草w(支配人)
支配人:置く場所困って新しいショーケース買っちゃった☆もうマウンテンサイクル(という名の押し入れ)にも入んないぜ!(本棚とショーケースで壁が埋まった)(okaka)
早く積みプラ消化してウィンダムとか塗装したい…1、5ベースにゴチャ混ぜさせたい…(支配人)
そういやエースコンバットZEROモルガンのプラモ、もうじきか。・・・片翼のカラーで飾っておきたいけど、自分カラーにも染めたい・・・うーん、悩むなぁ・・・(okaka)
昨日のシャニマスライブで解禁になった新ユニット【SHHis】、まさか【事務員の妹】が参戦してくるとは・・・アイマス初じゃねーか。相方の【緋田美琴】、ファッションセンスに二宮飛鳥みを感じる・・・楽曲めっちゃかっこいい路線か。(okaka)
セイバー:メンカタカラメダブルニンニクヤサイマシマシな変身音声・・・森羅万象斬とはまたやべぇ技を手に入れたな。(okaka)
シン見てきた(ディアーリーズ)
エヴァ出てるしRGでもいいぞ青バンダイ(ディアーリーズ)
ディア:当時HG売れんかったのがアカンな。(ランスロット、紅蓮弐式、ヴィンセント等には既にHGプラモがあった※既に絶版)(okaka)
HGスケールで欲しいな…(と言いながら『ランスロット』『ランスロット・クラブ』『月下(先行試作型) 』に投票)(ディアーリーズ)
ディア:あるぞ、アニメ作品枠の中に。https://www.bandai.co.jp/candy/smp/vote/ ほれ。お前の一票が商品化の希望になるかもしれんぞ。(okaka)
というか青バンダイならHGで出してくれるんじゃないかという一縷の願い(ディアーリーズ)
(コードギアス……)(ディアーリーズ)
特撮枠もゴジラやシャンゼリオン、パシフィック・リムにマーベルもある。(okaka)
支配人:なんならマヴラブシリーズもあるし、デモンエクス・マキナもあるし、サーディオンすらある。デモンベインだってあるぞ!(okaka)
食玩アンケートにタイタンフォールも確認。BT…   ACシリーズとスパロボシリーズ…ゲシュペンストとヒュッケシリーズが出てくれると嬉しいけど…(支配人)
ディア:愛だよ、愛。・・・さて、俺も準備するか(デレ総選挙&ボイスオーディションが4月からスタート)馬はバクシンの教えとともにPCで回せばいいや(教徒)(okaka)
あんなエンドコンテンツをなんで一週間でクリアする猛者がいるんです???(ディアーリーズ)
ディア:おう、ハルウララを有馬記念で勝たせるんだよ、はよ。(okaka)
うまぴょい!うまぴょい!(ディアーリーズ)
【お知らせ】バンダイの食玩商品化希望アンケートにアーマード・コアシリーズを確認。みんな!投票するんだ!(okaka)
ディア:鎖にしとけ(okaka)
組み立て終えたら紐を通して首から下げなきゃ…(ディアーリーズ)
【速報】千年パズル、プラモ化。【組み立てはパズルピースを再現】アギトの次にプラモ化するのはフォーゼ【シルエット公開】(okaka)
竜神丸:ワンダーライドブックは創世の書の断片なので気軽に増やせない→なんか良いもの無いか?→同じ創世の力の断片を持ったものがあったわ→じゃあそれ使おう と言う流れ。(okaka)
okaka:ここではあんま詳しく言わないけど、何であんなやべー剣を生み出したんや…(竜神丸)
また久々にRIDERTIME龍騎を視聴中。ちなみに芝浦役の演者の息子さんは自分のパパがリュウガに殺されるシーンが怖くて2話を見なくなり、娘さんはパパが殺されるシーンを笑いながら何度も見返し、そして奥さんは例のベッドシーンを見て【ちょっと興奮していた】模様……おい待て最後!!!(竜神丸)
あと考えてるのだと、レイピア(スモールソードになる前の源流のサイズ)、ジャマダハル、カトラス、チャクラム、長巻、太刀(穿くサイズのマジの太刀)、打刀(普通の刀の事、未来用)、非実在系だとスラッシュアックス(剣と盾のセット)、蛇腹剣、【ある意味オーマジオウ並にやべー剣(既に竜神丸には名前を明かしてる)】(okaka)
Blaz:プロトタイプとして作ってるから属性をわざと被せてるものとか、完全新規で全く別の剣として作ったものとかもあるから、ちょっと面倒になってるんや。(特に今考えてるのが【氷の剣(ソードライバー対応型)】使用者も俺の中では決まってる)(okaka)
一応、色からイメージを逆算できますし、そこからオリジナルというのは…?(Blaz)
確かに戦極ドライバーは変身アイテムでスペックがほぼ決まりますからね。(Blaz)
Blaz:あと、戦極ドライバーの恐ろしい所は【初期型でも量産型でも性能自体は変わらない】所。ロックシードのランクさえ高ければ普通にワンオフとして通じる。(例:ザックのナックル)(okaka)
Blaz:あと一本、わかんないとオリジナル出せないんだよねぇ・・・辛い。(okaka)
ようつべであげられてたセイバーの動画で残りの聖剣の属性何かなーって見てるんですが、色的に『星』と『氷』なのかなーって考えてます。(Blaz)
平成ライダーでも数少ない量産型があるドライバーですよね。戦極ドライバーって。こうしてみれば確かに研究内容と結果は優秀だったんですね…(Blaz)
しかも生き残りだけじゃなくて【兵器としても有用】だからな、戦極ドライバー。(極めて高い量産性と携帯性、アームズウェポンの多様性、強化服として十分な性能)戦後も世界中の裏社会を中心にドライバーが流通しているくらいにはその研究内容は有用だった。(okaka)
Blaz:悲しい事に、研究面においてはガチで世界を救うのに必須なくらい優秀なのがね……研究面だけは(竜神丸)
okaka : なるほど…しかもパトロンについては凌馬の意思次第。金を積んでも腹の中を知れば…ってこともできる。つまりどうしようとも結局は凌馬の知恵と技術が"現状は"必要となると。(Blaz)
Blaz:戦極ロケットか。実は戦極凌馬自身にとっては大した痛手じゃないという(せいぜいが【パトロンが減った】くらいの感覚)ヘルヘイムの侵食から生き残る為にはどうしても戦極ドライバーと凌馬の研究が必要だからな。それこそ変わりのパトロンになろうとする所は腐るほどある(シャプールの話を思い出してみてほしい)(okaka)
32話視聴。自分の目的優先しすぎた結果、読みが甘く状況が悪化。しかも自分で確かめてないせいで相手の力をも見誤る。凌馬の底が見えた気がする(Blaz)
竜神丸:もうちょっとしたら面白いものできそう。(okaka)
Blaz:チェリーサンドになっちゃったかぁ・・・(okaka)
鎧武31話視聴。 シドる。 (Blaz)
okaka:アンタはライダー関連でも予言を的中させ過ぎてるのが色々おかしい←(竜神丸)
すげぇ久しぶりにアサシンクリードオデッセイで設定見直しを図った俺氏、あまりの親和性の良さにビビる。(okaka)
さて、こっちで考えてたオリジナルはどう出そうか・・・(今の所は【本来の聖剣を作る際に試験的に作った試作品】の予定※災念=月闇、毒我=最光のプロトタイプ)(okaka)
ファルシオン、本編にも出てきそうな感じがしてきた(竜神丸)
ブックと本体の色が【黒】刀身と根元の斧みたいな刃面、柄の下部が【金】ラインカラーが【水色】ブックが黒なのは封印されてるからとして・・・発光は水色ってか空の青なんだよなぁ・・・(okaka)
可能性としては【星】も在り得ると思う。(聖剣の紹介文にも、キングエクスカリバーの紹介文にも常に【星】のワードがある)(okaka)
あとありそうな属性は『木』『毒』『氷』『時』とか?でも『毒』は『闇』と、『木』は『風』とカラーリングが被りそう。(ディアーリーズ)
現状の聖剣の属性が『火』『水』『雷』『土』『音』『風』『煙』『闇』『光』『無』。……煙だけなんか属性とは言い難いというか。(ディアーリーズ)
煙なんて属性が出るから余計わかりにくいデス…(Blaz)
理系寿司屋・・・闇堕ちしちゃったかぁ・・・(okaka)
残る聖剣はあと一本。・・・デザインはわかってるんだけど、属性がわかんないんだよなぁ・・・(okaka)
もしや、ファルシオンが世界滅亡を目論んでいたのも、どうやっても世界が滅ぶからいっそ自分で滅ぼそうとしたとか…?(竜神丸)
セイバー:月闇、【聖剣の封印】と【未来視(強制)】の能力が判明。(okaka)
遊郭編も楽しみです(ディアーリーズ)
初めて鬼滅の映画を視聴……なるほど、これが300億の男かぁ(竜神丸)
Blaz:ゴーバスターズにもギャバンが出たことがあったりする。(okaka)
okaka : 映画の宣伝も兼ねてたんですね。にしても機械系の役に縁がありますねw(Blaz)
Blaz:キカイダーの映画がちょうどこの時期だったからね。そしてこのキカイダーの俳優、後のザミーゴと仮面ライダーキカイである。(okaka)
30話視聴。まぁビターな……そしてハカイダーに脳みそ移植してすぐに元に戻る凌馬よ。(Blaz)
慌てて鎧武29話視聴。光実、自分の思い通りに行かないって言ってるが単純につめが甘いだけだよな…そりゃ詰めの甘い同士で手が組めるわ。さて、貴虎主任は交渉できるか。……まずその前にキカイダー唐突すぎません?(Blaz)
クウガの全話配信が終わったからか(竜神丸)
【朗報】13日よりつべで仮面ライダーアギト全話配信【20周年記念】(okaka)
スマブラにも出たし、久しぶりにゼノブレ2プレイ中。・・・ホムラとヒカリ、烈火と最光・・・##存在自体がネタバレのブレイド##・・・閃いた。(okaka)
支配人:そういう事情もあってか、メロブが大型セール仕掛けるらしい。(okaka)
今年のGWのコミケも延期かぁ…ご時世とはいえ… 印刷所さん…マジでやばいのでは……(支配人)
支配人:プリキュアやカードキャプターさくら、サクラ大戦に名探偵コナンまでいけるんやぞ。エイプリルフールにボーボボコラボくらい来るって。※補足、既に生放送内にて【ぬ】のハンカチで汗拭いてます(okaka)
マジか、馬場英雄(テイルズ炎上させたP)今ディライトワークス(FGOの開発会社)にいるのか。しかもサクラ革命で好き放題してるって・・・ディライトワークス、駄目かもしれんな(内部告発によると、【どんどんスタッフが辞めてる】とのこと)(okaka)
ねえ…グラブルの告知……ねえ……エイプリルフールだよな…?(困惑)(支配人)
竜神丸:なんとなくそうだろうなとは思ってた(父親の剣、月闇に飲まれたような最後、死亡後の赤目)(okaka)
賢人カリバーかよ!!(竜神丸)
真骨彫製法のティガのCMとPVに長野博さん出とるやん。ティガに「久しぶり」って言ってくれるの本当に嬉しいな。(okaka)
そもそもメギド出ないなら聖剣のライダーを優先的に配備しなきゃいけない理由も無いし、こうでもしないと誰も使えそうにないしなぁ。(okaka)
何故か今パッと出てきたアイディア:【レンタルライダーシステム】・・・一部聖剣(試作品)と戦極ドライバーとあといくつかのライダーシステムの有料貸し出しサービス。・・・ちょっと考えてみようかな。(okaka)
鎧武28話視聴。戒斗が光実の事をよく知っているというか的を得たことを言うというか。結局ほとんど他力本願だし。貴虎、何とか紘汰と分かり合えたのになぁ…そしてここで裏切るシド……馬鹿なのかと。(Blaz)
ポケモン動画を見ていて:ピオニー、ウツロイドを枕代わりに被ろうとした模様【お い や め ろ 馬 鹿】(竜神丸)
(久々にぶるらじを見て)……なんだろ。杉田さんが降板するのがイメージできない(Blaz)
なんとか27話視聴。貴虎と凌馬、目指すものが違えばそうなるか。凌馬が高望みしたというより、貴虎が主任すぎた。あと杉田。ミッチーはここで退ければまだ…あ。無理か。根本的なレベルでアウトだし。そして果実の誘惑を退けた凰蓮すげぇ(Blaz)
お、照井春佳(ちゃまの中の人)結婚か。お相手は・・・プロ棋士!?ああ、そういや囲碁アマ初段持ってたな。(okaka)
しかもギガゼールはギガゼールで【本契約している個体】と【眷属として付いて来た個体】がいるので、契約モンスターを倒してブランク体にしようとしても、そもそもどれが本契約したギガゼールなのか見分けが全く付かないという(竜神丸)
支配人:あの群れはギガゼールの【電磁サークル】という器官から発生する電気信号で【操っている】なので放っておくと、ゼール系モンスターが勝手にギガゼールの指揮下に入ってくる(okaka)
竜神丸:勝手に増やすんかい!?Σ(・□・;)(支配人)
支配人:群長と契約してしまったのが悪い・・・そりゃあ未来で借金こさえてるわけだ←(okaka)
支配人:なお、数を減らしても本契約のギガゼールが勝手に眷属を増やしまくる模様(竜神丸)
okaka:知ってたぁ…(O_O) インペラーの持ち味潰すけど、ゼールの数減らしてぇ…( ̄O ̄;)(支配人)
ちなみにゼール軍団だけに戦わせてるシーンなら一応存在する(TV本編40話)…なお、龍騎サバイブに纏めて瞬殺された模様(竜神丸)
支配人:・・・君やで。(マジで)(okaka)
okaka:当時の映像技術にも限界あったろうしなぁ… アドベントで何体か呼んだり、他陣営の偵察、斥候とかもできたろうに… 管理してる人いたっけ…?(支配人)
だからこそ、本来なら群れの数という利点を生かして戦うライダーとして運用できたはずなんだよなぁ・・・(佐野が下手くそだった) ・・・そういえば龍騎のカードデッキと対応モンスターを全部管理してる人がいましたねぇ・・・(okaka)
大家族だなぁ()(ディアーリーズ)
ファイナルベントで出現した奴らも含むのか…(支配人)
竜神丸:群れと契約してるようなもんだからね(okaka)
インペラーのゼール軍団、ギガゼール以外の奴等にも扶養義務がある事が判明。ハズレモンスター過ぎない?(竜神丸)
okaka:ちなみに殺人者は出るよ☆(竜神丸)
竜神丸:死亡フラグが立たなくなるので個人的にはホッとした。(okaka)
okaka:非常に残念だけど今回はお留守番(竜神丸)
プリミティブの物語、解読されたのか・・・ああ、これは確かにキッツい悲劇だ。エレメンタルドラゴンが【手を繋いだ姿】なのは孤独から彼を救ったって事なのかなぁ。(okaka)
←殺人事件起きてからひょっこり現れそうなやつ(okaka)
タグ
仮面ライダーシリーズ 魔法少女リリカルなのはシリーズ OTAKU旅団 戦争 ネタ祭り もはや何でもあり もう色々とカオス 

竜神丸さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com