【サイバ】カメラは騙せても、鏡は騙せない【交流】
[全10ページ]
-1ページ-

昼、天空稲荷神社。

 

愛「そろそろお天さまと秋祭りのことについて打ち合わせしとかないとね。お天さまー、お天さまいらっしゃいますk…きゃあーっ!!」

-2ページ-

神社の入口にパトカーが停まっている。

 

鍵が壊された賽銭箱の前。

 

味鋺「これは酷いな。この頑丈な鍵を」

ひろみ「工具か何かで無理矢理捩じ切ってますね」

味鋺「奥さん、賽銭泥棒の姿はご覧になりましたか?」

愛「それが、わたしが見たのは逃げていく犯人の後ろ姿だけでして」

味鋺「それはどんな奴でした?」

愛「確か、熊型セリアンスロゥピィだったような」

味鋺「防犯カメラはありますか?」

愛「はい、あそこに」

味鋺、愛、ひろみ「あっ!!」

ひろみ「レンズが割れてる!」

味鋺「こんなの簡単に壊れはしない。多分、犯人が石か何かを投げて壊したんだろう。カメラの映像を見せて下さい」

愛「分かりました」

-3ページ-

味鋺「今から30分前…この時点では賽銭箱はまだ無事のようだな」

愛「ですわね」

ひろみ「あ、誰か来た!」

 

ガシャン!

 

ひろみ「あんの野郎、いきなり石を投げてカメラ壊しやがった!!」

味鋺「奥さん、今のシーンを巻き戻して下さい」

愛「分かりました」

 

味鋺「ふむ…件の人物が映ってるのはたった1コマだけか」

ひろみ「不鮮明だけど、すっとぼけた顔の熊のおっさんが映ってますね。しかしいきなりの破壊、カメラがあることを知っていたんでしょうか?」

味鋺「おそらくはな。この映像をコピーしていただけませんか?」

愛「分かりましたわ。…終わりました。このUSBメモリーに入ってますわ」

味鋺「ありがとうございます」

ひろみ「しかし先輩、こんなのが役に立つのでしょうか? 犯人らしき人物が映っているのはたった1コマ、しかもかなり不鮮明だし」

味鋺「何泣き言言ってるんだ。こいつから犯人を探し出すのが俺たちの仕事だろ?」

ひろみ「そうでした。すみません」

唯「あたし協力出来るかも!」

愛「あ、唯。和美ちゃんも雪歩ちゃんも。どうしたの、何が協力出来るって言うの?」

-4ページ-

30分前、天空稲荷神社境内。

 

雪歩「おいおい、丁寧に扱えよ、大事なカメラなんだからな」

唯「分かってるってw うん、さっすがプロが使うのと同じカメラ、持った感触からして違うわねw」

和美「まーた分かったようなこと言っちゃってさw どうせカメラの違いなんか分からないくせにw」

唯「分かりますっ!」

 

愛『きゃあーっ!!』

 

唯、和美、雪歩「!?」

-5ページ-

唯「それで、お母さんの悲鳴が聞こえた方からすっとぼけた顔の熊のおじさんが慌てて逃げてきたら、あたし夢中で何枚もシャッターを切ったの」

味鋺「それはそれは! 是非その写真を見せてくれ!」

唯「はい、これです」

味鋺「おおっ、これは凄いぞ!」

ひろみ「鮮明ですね! これなら顔がはっきり分かる! でかしたぞ唯ちゃん!」

唯「えへへへへw」

-6ページ-

数日後。

街で聞き込み中の味鋺とひろみ。

 

ひろみ「あー疲れたあ〜」

味鋺「おいおい」

ひろみ「でも先輩、今日も写真持ってこれだけ歩いても全然手掛かりないですし。それに今日はまだ朝から何も食ってないし」

味鋺「分かった分かった。ちょっと休むとするか」

ひろみ「わーい!」

-7ページ-

ハンバーガーショップ。

 

味鋺「ハンバーガーなんか久しぶりだな」

ひろみ「俺、ちょくちょく来てますよ」

味鋺「ハハハ、さすがヤングは違うなw しかし、結構客が少ないな。いつもこんな感じなのか?」

ひろみ「まあ、今日は平日ですからね。学生は学校の時間だし、こんな時間に来るのは会社が休みのサラリーマンか無しょk…あーっ!!」

味鋺「どうした?」

ひろみ「見て下さいあのテーブル! 写真に写っていた熊男です!」

味鋺「本当だ!!」

-8ページ-

熊男「ヘッヘッヘ、ハンバーガーいただきますやでw」

 

肩をポン!

 

熊男「!?」

味鋺「もしもし、お食事中のところすみません」

ひろみ「ちょっとお話を聞かせて頂きたいことがございまして」

熊男「何やお前らやで!! 人のメシ邪魔すると承知せえへんやで!!」

味鋺「これは失礼。私たちこういう者でして」

 

ババーン!!

熊男の目の前に突き出される2冊の警察手帳。

 

熊男「!! あかんやで! やばいやで!!」

 

ダッ!

 

味鋺「あっ、待て!!」

熊男「待てと言われて待つ奴はいてへんやで! さよならやでー!www」

ひろみ「コノヤロー! 学生時代に陸上でインターハイまで行った俺の足をなめるなー!!」

 

ドカアッ!!

 

熊男「うわあああ、やで!!」

ひろみ「ざまあ!! (ゴロン)うわあっ、首が!!」

 

・・・・・・

-9ページ-

フィーア@TVニュース『窃盗及び器物損壊の疑いで逮捕されたのは、A市の無職、豚型セリアンスロゥピィの有邪故障容疑者です。有邪容疑者は、天空市内の神社の賽銭箱から賽銭を盗み、また、その際に防犯カメラを破壊したとして、警察に逮捕されました。有邪容疑者は、外食とイベントに行く金が欲しかったと犯行を認めており──」

-10ページ-

翌日。

 

愛「犯人が捕まってよかったわ。本当にありがとうございました」

ひろみ「いえ、それが俺たちの仕事ですから」

唯「でもニュースで見たんだけど、犯人って豚だったの?」

和美「だよねえ」

雪歩「俺たちが見たのは、すっとぼけた顔の熊男だったよな」

ひろみ「ああ、それはねw 君たちが見た熊男、あれは着ぐるみだったのさ」

唯、和美、雪歩「着ぐるみ!?」

ひろみ「俺がハンバーガーショップであの男を見つけて、逃げようとするところにタックルを食らわしたら、君たちが言っていたすっとぼけ顔の熊のヘッドが取れて、中から凶悪な反社顔の豚のおっさんの顔が出てきたってわけさ」

唯、和美、雪歩「うわ、なにそれ」

唯「やはりカメラに写ってもいいように、熊のフリをしてたのかしら?」

ひろみ「それがそれだけとも限らないんだ」

唯、和美、雪歩「?」

ひろみ「奴は取り調べの最中に『俺は豚じゃねえやで! 熊だやで!!』と本気で叫んでてね。こりゃ精神鑑定も必要になってくるかもしれない」

唯、和美、雪歩「うわあ…」

唯「鏡に映った豚である自分の姿を認めたくなかったのね」

和美「悲しいおっさんだわ」

雪歩「着ぐるみでカメラは騙せても、鏡は騙せないよな」

ひろみ「とにかく君たちはお手柄だ! あの写真が犯人逮捕に繋がったのは間違いない。上に表彰を申請することにしよう」

唯、和美、雪歩「わーい!」

唯「高級カメラが買えるぐらいたーくさん金一封が出るといいな! あたし、あのカメラ気に入っちゃった!」

ひろみ「ハハハ、いくらなんでもそれは難しいと思うよ…」

 

 

=END=

 

 

 

説明
久しぶりに登場、味鋺警視とひろみ刑事。

   愛 https://www.tinami.com/view/744298
   唯 https://www.tinami.com/view/742179
  和美 https://www.tinami.com/view/743015
  雪歩 https://www.tinami.com/view/754577
  味鋺 https://www.tinami.com/view/903509
 ひろみ https://www.tinami.com/view/903824
フィーア https://www.tinami.com/view/780241
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
51 43 1
タグ
【サイバ】 【サイバ】交流 

Dr.Nさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com