ゲルググマリーネ
[全8ページ] -1ページ目-
最初 1 2 3 4 5 最後
説明
HGUC量産型ゲルググマリーネです。

キットはスリムに感じたので設定画のデb…マッシヴな雰囲気に近づけるよう、パテ等で大幅に変更しています。
カラーはそのままだと面白みがないと思ったので、両肩を黄色くして、評価試験機という位置づけにしています。

改修点は下記の通り
・モノアイスリットをせばめて目つきを悪く
・肩アーマー、胸、腹、スカート、スネ、足首をポリパテでボリュームアップ
・両腕はイェーガーのものと交換
・股間軸の位置変更
・足首の接続軸を短縮
・武器はゲルググのライフルを小改造



〜〜〜以下、俺設定の駄文
本機はゲルググマリーネ量産に先立って建造された、ゲルググマリーネの評価試験機である。
建造はア・バオア・クー工廠で行われ、試験もそこで行われている。
試験機と言っても、最終試験機なので性能は量産機とほぼ同等である。違いは両肩が鮮やかな黄色で塗装されているぐらいであろう。

試験機ゆえに実戦に出ることはないはずであったが、ア・バオア・クーの最終決戦においては、本機も実戦に引きずり出されている。
試験部隊の所属ゆえに、他の実戦部隊と隊列を組むこともなく、単機での出撃であった。
武器はゲルググのビームライフルであったがこれまた試験用であった。
パイロットはテストパイロットがなし崩しに務めることになった。なんとこのときが初陣である。

このように、半ば放り出された本機とパイロットの生還は絶望視されたというが、案に相違して生還している。しかも、ジムとボールを1機ずつ撃破という戦果を携えての生還であった。

終戦後、本機は連邦軍に接収された。
パイロットはその後もテストパイロットを続けたが、戦場に出ることはなかったようである。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
632 619 6
コメント
blastoriaさん、コメントへのご返事頂きありがとうございました。確かにMMP-80マシンガンは他の機体に持たせても違和感ありませんが、ゲルググ用のライフルは持てる機体を選ぶデザインと言うか…後部のストックが長いので持たせ難いですし。(双子辰)
双子辰様 コメントありがとうございます。マリーネと言えばMMP80マシンガンとスパイクシールドですが、ゲルググのライフルが余っていたので持ってもらいました。ただ、そのまま持たせてみるとけっこうな違和感があったので、小改造して試験用ライフルとしてみました。(blastoria)
オリジナル設定も面白いですね、そういえばマリーネも本来はビームライフルを装備していたそうですが通常のゲルググの物と同じライフルだったのか設定になかった気がしますね、『C.D.A. 若き彗星の肖像』でマリーネの右腕とかを付けて応急処置されたシャア専用ゲルググは普通のゲルググ用のライフルを使ってましたが。(双子辰)
タグ
HGUC ゲルググマリーネ 

blastoriaさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com