『変身にゃんこのABC・古代生物編』Ammonite(アンモナイト)
-1ページ-
[全1ページ] -1ページ目-
最初 1 最後
説明
アンモナイト目。古生代シルル紀末期(デボン紀中期の説有)〜中生代白亜紀末。

古代生物の代表で世界各地の海に生息しており、殻は化石として残りやすい為地層年代を確定する手がかりとして用いられる。

まるい猫のアンモニャイトの語源としても有名。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
354 345 2
コメント
犬よーじさん>そろそろ寒くなって、大量発生しそうです^^(chocolatlion)
あんもにゃいとはそうですか。確かにこうして丸まっている猫さんの姿は良いですよね^^。(犬よーじ)
犬よーじさん>あんもにゃいとは可愛いので、何回でも描きたいですよね笑(chocolatlion)
彩花さん>冬の日はよく出没しますね。全部持ち帰ってコレクションしたいです笑(chocolatlion)
前にもアンモニャイトの作品をお描きになられていましたね^^。今回の方もデカデカとした感じがとても良いです。(犬よーじ)
アンモニャイトは たまに外で見かける事がある♪(*≧∀≦*)(彩花)
タグ
日常 癒し   動物 ネコ アンモナイト にゃんこ 恐竜 

chocolatlionさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com