恋姫異聞録
[全1ページ]

-プロローグ-

 

 

・・・・・・・・はぁはぁっ・・・はぁっ

 

 

「急げ阿瞞よっ!流れ星がおちよったわっ!!」

 

 

「待ってくださいっ!お祖父さま!あのような占いなど当たるはずがございません!」

 

 

「ほっほっほっ!阿瞞は占いが信用ならんか」

 

 

「あたりまえです、そのようなもので己の道を決めるなど・・・・・・」

 

 

「硬い!かたいのぉ〜それでは人生を、この世を楽しめんぞぉ!ほっほっほっ」

 

 

「よいか阿瞞よ、何事も道筋をたどり己の知や武をもって物事に当たるのは良い、しかしだ

 

 

 時にはそれ以外のものに目をむけ新しいものを己に取り込むことで広い角度から物事を見る

 

 

 ことが大切じゃ」

 

 

「わかっております、先に開展を求め、後に緊湊に至るこれは武だけでなくほかのことにもいえます」

 

 

 ほっほっほっ、そう優しく笑いかけながら私の頭を撫でる

 

 

「・・・・・む?おおおぉ!あそこで眩いばかりの光を放っておるのはやはり!!!」

 

 

「そ・・そんな馬鹿な・・・・・」

 

 

「なんとも小さな御使いではないか、これはこれはなんとも不可思議な、ほっほっほっ」

 

 

 そういうと光の収まった跡に残る私と同年代の少年を抱えあげる、まるでわが子を抱くように

 

 

 

説明
恋姫無双にて、もし一刀以外の人間が外史の礎としてえらばれていたら?という完全に自己満足の世界ですw
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
109121 80029 134
コメント
楽しみです(sinryu)
あれ?第一話ってこんなに短かったっけか?(ねこじゃらし)
ブックマン様コメント有り難うございます^^誰が来たのかはお楽しみに><(絶影)
誰がきたのだろうか。(ブックマン)
タグ
真・恋姫†無双 オリキャラ 

絶影さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com