深い闇 11
[全4ページ]
-1ページ-

「マルコメ…味噌…だと…どんな魔族なんだ」

 

「もろこしヘッド…恐ろしい名前の魔族でござるな…」

 

「あの…それギャグよね?本気じゃないわよね…?耳鼻科…いく?」

 

マリアを通しての文珠による盗聴は今の所ばれずに上手く行っている。

そのマルコメなんとかって言う魔族をばれない様に上手く誘い出して

強化した結界起動車数台で更に強力な結界を張って、動きを止めての封印か。

結界車自体を狙われても大丈夫なように神父達が其れのガードをしつつ

美神さんがマルハゲを引き寄せる…と。

 

「結界で止まるんか?その魔族。何万マイトとか言われてもピンとこないんだが」

 

そんなドラ○ンボールの戦闘力じゃあるまいし、何処まで高ければ

どうにかなるーってもんでもないだろ実際。

だってそれだと俺かなり死んでることになるしな。

メドーサ相手の時の初期の俺なんてフリー○VSウー○ンだろ?

ク○リンはごめんだぜ、ヤ○チャはもっと嫌だがな。

 

「さぁね。オカルト技術とか言われても其処まで詳しく勉強して無いんだから判りようが無いわ。

でも五望星を用いた結界技術は陰陽術にもあるから

それに相乗させてどうにかするって事なんじゃないの?」

 

「むぅ、拙者にはさっぱりでござるぅ」

 

安心しろシロ。

俺にもさっぱりわからん。

 

「場所は…ふむ…○県某所か…

この場合どうしたらいいと思うタマモ?俺が美神さん達に見付からずに

敵だけをどうにかできる方法なんてあるか?」

 

「無いわね」

 

「はっきりと言ったでござるなぁ…」

 

「しょうがないじゃない、実際これじゃどうしようもないわ。

相手が下級魔族とかそのクラスなら横島でも頑張れば倒せるかもだけど

それにしたって、用意もせずに倒せるもんじゃないでしょ?

それが上級よ上級。つまり私の最盛期クラスくらいあるって事よね。

普通人間一人が加わった所でどうにかなるわけじゃないわ」

 

-2ページ-

 

「え?タマモって強かったんか?」

 

「私はおぼえて無いけど、自分の事だもの穴が開くほど調べたわよ。

実力的には上級魔族を軽く上回るって書いてるし、その辺の記憶も

おぼろげだけど残ってるわ。その上での感想は…横島一人加わっても無駄って事よ」

 

「先生は強いでござる!!」

 

「そんなの私だって判ってるわよ、でもそれは人間として強いってだけで。

上級の妖怪や神魔からしてみれば所詮、ちょっと強い人間止まり」

 

そりゃまぁなぁ…って、俺は強いって自覚が無いんだが?

 

「文珠が使えたり、奇抜な戦術が使えたりするって事で

色々策をめぐらせれば神魔にだって勝てるかもしれないけど、

それは全力で挑んだ場合よね、今回は一人。

いえ私とシロを入れても3人だけ。どう考えても難しいわ…」

 

「むぅ…素直に美神さん達に混ざったほうがいいのか。しかしな…」

 

なんでもない風にしているが、実際また美神さん達に会えば

俺は何をしでかすか自分でも予想がつかん。

我慢しろって言うのが一番何だろうが…

 

「其れは却下よ、あんたは大分参ってるんだから本当はこれだって止めたいんだからね」

 

「わぁってるよ…となるとやっぱり鍵は文珠だよな…」

 

文珠数個でどうにかなる相手でも無いし…

どうにか…なるぞ!?

 

「思い出した!!メドーサを文珠1個だけで倒した事がある!」

 

「それってマジなの!?」

 

「あぁ、アシュタロス戦の時なんだが、

アイツがコスモプロセッサを使って魔族とかを蘇らせたんだよ。

そん時にメドーサも蘇ってな。で…ルシオラと一緒に戦った時に

滅って入れた文珠1つであいつを消し飛ばした事がある」

 

再生怪人がどうとか自分で言ってたが、

あいつ自体は最後に戦った時の状態…つまり万全の状態だった。

だが、たった1個あいつに叩き込んだだけで倒す事ができた。

だけど、あんまり効かなかった事もある…

 

-3ページ-

 

「文珠はキーワードとイメージが大事だってワルキューレが言ってた…

出来ない事はあるかもしれないが、出切ることは何でも出来るって事だよな」

 

おキヌちゃんを霊団から守る時使った文珠はただ自分達を護りたいとしか

思ってなかった、だから直ぐ壊れたのはほとんどイメージなんてしてなかったからだろうな。

でも、美神さんを護ろうと盾の文珠を使った時は攻撃力なら霊団の上を行ってる

デミアンの攻撃を完全に無効化してた。

ならどうだ…

滅という字は間違いなく作用する。

後はイメージと其れに対する補強か…

 

「2つ合わせるとか…いけるかもしれん!?」

 

そういえば2つの文字を同時に使った事だってある。

美神さんと合体した時だ。あの時は[同]と[期]の文字を同時に操れてた。

同期という字にする事によって効果を上げてたんだ。

更に言えばそのお陰でイメージも容易くできるようになってたしな。

 

「なら…使う文字は滅につながる文字…消滅とか滅殺とかならいけるんじゃないか!」

 

「文珠の同時使用ね…悪くないと思うけどそれをどうやって相手に叩き付けるの?」

 

「うぐぁ!」

 

根本的な所があったか…

 

「ならば拙者が!拙者の速度ならなんとかできるかもしれぬでござる」

 

「いや、シロ多分だが俺以外で文珠を同時に使用は出来ないと思う。

何故だかわからんが、そんな気がするんだ」

 

多分俺が文珠を作ってるというというのもあってか、その辺の事は大体わかってしまう。

つまり連結した文珠を使う場合は確実に俺が使わんといかんのか…

更には其処までの魔族を倒せるくらいまで高めたイメージを維持しつつ…か。

 

「練習するほどの文珠は流石に持ってねぇしなぁ…」

 

妙神山に行くのに1個

タイガーに渡したので1個

カオスに渡すので2個

盗聴する為に2個

 

残り5個…

あかん練習のしようもねぇ…

 

「とりあえず、ぶっつけ本番しかねぇな…と、ホレ」

 

二人に1個ずつ文珠を渡しておく。

 

「ちょっと!私達に渡すくらいなら練習に使いなさいよ!」

 

「そうでござる、拙者達も自分の身くらいは自分で護れるでござる!」

 

「そんなこと百も承知だ。

でもよ…やっぱり心配なんだ、大事な家族が怪我する所なんて見たくねぇ。

それに渡しておくほうが俺の心労も少なくてすむ。

頼むから持っておいてくれないか?」

 

相手は魔族。

下級だろうが上級だろうが神魔である以上危険な事には変わり無い。

信じてはいるが万が一って事もある。

俺のせいでもう誰も理不尽に傷ついて欲しくないからな…

 

「…あ、ありがとう。

(だからどうしてこいつはそんな恥ずかしい事を真っ直ぐ言えるのよ!!うぅ、顔真っ赤…)」

 

「拙者…感動で前が見えぬでござるぅ」

 

そっぽ向いて一応礼を言うタマモと号泣して文珠を握り締めるシロ。

いや、其処まで感謝されると逆に引いてしまう。

 

「き、気にすんな。後はまぁ、適当に作戦でも決めようぜ。タマモ頼む」

 

「う、うん…そうね…やっぱり手数が足りないわ。

索敵とかは私とシロでどうにかなるけど、問題は戦闘よ…

美神達に気づかれずに戦わなくちゃいけない以上、私達だけでやらないといけないわ。

そうなると前衛が足りない。普通の妖怪や悪霊ならシロと横島が入れば十分すぎるけど

相手は上級の魔族。文珠で攻撃力はあるとしても防御力が紙じゃあ…ね」

 

防御力か…

更に言えば俺が文珠を当てる間までの支援をしてくれる奴がほしい所だよな。

雪之丞が入ればよかったんだが、無いものねだりはよくないな…って

シロとタマモが急に辺りを警戒し始めていた。

 

「まさか、気づかなかったなんて…不覚だわっ」

 

「だれだ!出て来るでござる!」

 

なっ…誰かに聞かれてたのか!?

しまった、会話に気を取られすぎていたかっ

もしもの場合は文珠で記憶を消させてもらう。

俺達は一斉に身構えた。

そして…声が聞こえてきた!!

 

-4ページ-

 

「ふっふっふ。お困りの用でちゅ…じゃなくて…ですね!そんな貴方に愛の手を!」

 

ばばーんと普通にドアを開けてやってきたのは。

何故かバタフライマスクをかけて、不自然に似合わないマフラー(赤色)をたなびかせ、

腰の辺りに、カブトムシが止まっている変なベルトを装着して。

不思議なポーズで立ち止まっているパピリオだった。

 

「……で、何やってるんだパピリオ」

 

「な、何のことでちゅか?

わ、わたちはパピリオなんていう超絶美少女なんかじゃありまちぇん。

わたちはパピリオそっくりな魔族達が住むパピリオ星からやってきた

エレガント・パピリオンでちゅ!!

もしくは仮面ライ○ー蝶☆でもおkでちゅよ!」

 

「…」

 

「…」

 

「…」

 

空気が死んだ。

というのはまったくの嘘で、

其処に不思議な格好のパピリオが居ただけなんだが…

OK俺つっこんでいいと思うんだ。

唸れ俺のジャスティス(ハリセン)!!

 

「お前はどこぞの韋駄天かぁああああ!」

 

スパーンと良い音がなる。

やはりハリセンはいいよな、大阪人の魂の武器だ。

 

「な、なにするでちゅか!?」

 

「寧ろアンタがナニよ?変よ変過ぎるわその格好」

 

「微妙にかっこいいでござる…」

 

「「嘘っ!?」」

 

俺とタマモが同時に驚く。

シロ考え直せ、あれはまずいファッションだ。

あれか?神魔はどこかセンスがおかしいのか?

俺も人の事は言えんが、流石にあれは無いと思うぞ。

 

「流石でちゅシロ。

貴女ならこのナイスでびゅりほなセンスに気づいてくれると思ってたでちゅ」

 

「うむ、特に腰の辺りのベルトが良い感じでござるよパピリオ」

 

「はっ?!何故ばれたんでちゅか!?この完璧な変装が!」

 

それでばれてないと思っているお前が凄いよパピリオ…

義兄ちゃん、お前の将来が心配さ。

 

「ま、まぁ。ばれてしまっては仕方ないでちゅ。

助けに来たでちゅよヨコシマ。ある程度は小竜姫達から聞いたから知ってまちゅ」

 

「そうなのか…?」

 

「大丈夫でちゅよ。美智恵とかにはばれてまちぇんし。

ヨコシマは相変わらず人がいいというか何というかでちゅねぇ」

 

ふぅ、とため息をつくパピリオ。

いいかげんそのバタフライマスクはずしたらどうだ?

 

「ねぇ、横島…パピリオは強いのよね」

 

「ん?あぁ、かなりな。

霊力的には小竜姫様以上だからな、だけど生まれたばかりなのもあってか

駆け引きとか戦闘経験はあまりないらしいって雪之丞が言ってたから。

パワーアップ版シロって感じかな」

 

「んなっ!?拙者の立場がないでござるぅ」

 

「むっ、酷いでちゅヨコシマっ。パピも頑張って修行してまちゅよ!」

 

「お、おぉ。悪い悪い」

 

「よしよししてくれたら許すでちゅ」

 

「ったく。ほれっ」

 

「えへへ〜」

 

こいつは頭をなでられるのが大好きなんだよな。

ここだけ見てると普通の子供なんだがな。

 

「ふむ…いいわね。いけるかもしれないわ。

流石は私達の家族って所かしら。パピリオ今からすぐ作戦会議始めるから

着替えてきて!時間はあんまり無いわよ!」

 

「ぇー。もう少し撫で撫でされたいでちゅ」

 

「アフロになりたいかしら?」

 

「す、すぐ着替えてきまちゅ!!」

 

「ったく…私だってされたいのに…」

 

「ん?どうした?」

 

「なんでもないわよ!!」

 

「ぎゃー!?」

 

いい感じに焼かれて行く俺。

あれ…お前はパトラッシュ…迎えに来てくれたのかい?

そんなことを考えながら気を失い、次に目が覚めたのは5分後だった。

説明
遅れましたが11話のupです。
最近仕事が大変であまり書く時間がないのが悲しいです。

相変わらず遅筆で稚拙なのですが
楽しんでもらえたらうれしいです。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
4396 4108 12
コメント
横島がどんな感じで強くなるのか期待ですね。(BASARA)
タグ
GS美神 横島 タマモ シロ パピリオ 

白亜さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com