IS 〜運命を切り裂く剣〜 決着の少し前/ターンアップ!!!
[全1ページ]

決着がつく、少し前。

 

 「テスト操縦士が動かしたとき、IS適性が全員Cだったのが嘘みたいな動きだな…。

  山田先生、一夏君のIS適性を見せてください。」

 

 「はい、剣崎先生。

  えぇーと、彼のIS適性はBですね。」

 

 「そうか、ありがとうございます山田先生。」

 (だから、IS適性C以上の動きができるのか。

  それに、白式も一夏君が初めてとは言えすごい戦闘力。

  狙われるのもわかる気がするな。)

 

 「あと、ちょっとで決着がつきますね!

  織斑先生!」

 

 「そうだな、山田君。

  だが、あいつ、時々、手を開けたり握ったりしているだろう。

  そうしてるときに限ってあいつは、失敗をするんだ。」

 

 「よく知っていますね。

  やっぱり、兄弟だからでしょうか。」

 

 「ふん。」

 

 ブー!ブー!勝者、セシリア・オルコット。

 

 「ほらな。」

 

 「そうですね、では、迎えに行ってk「ドカーーーーン!」キャッ!」

 

 爆音が鳴り響き、軽く地震が起きた時、真耶が倒れそうになったが、一真が受け止めた。

 

 が、ちょうどお姫様抱っこのようになってしまった。

 

 「大丈夫ですか!山田先生!」

 

 「は、はい!ですが、少しこのたいせいは、ちょっと…。///」

 

 「す、すみません!」

 

 「なに、のんきに漫才をしている!

  今の状況を見ろ!」

 

 「はっ!

  で、なにがあったんですか?」

 

 「何か、落ちてきたみたいだ。

  フィールドの中央に人型の何かがある。

  拡大してみる。」

 

 すると、そこには異形の怪物が立っていた。

 

 「あれは…!」

 

 「なんだ剣崎、知ってい「今すぐ、生徒を避難させてください。早く!」…わかった。

  山田先生。」

 

 「ハイ!」

 

 「聞いていただろう。今すぐ生徒を避難させろ。」

 

 「わかりました!」

 

 「剣崎は、「行かせてください!」わかった。

  そのために、お前はここにいるんだろ。」

 

 「ありがとうございます。」と、言いながら彼はフィールドに走って行った。

 

 

 

 

 

 

 「なんですの、あれは!」

 

 彼女の眼には、落ちてきた異形の怪人…トライアルEがいた。

 一夏は、シールドエネルギーがないのでセシリアが遠くに置いてきた。

 

 「ですが、彼には殺気が感じられますわねぇ。

  私が倒してあげますわ!」

 

 と、言いスターライトmkIIIを撃ち、それは直撃した。

 

 「やった!」

 

 彼女は、勝利を確信したが、つかの間。

 

 なんと、トライアルEは無傷のまま立っていた。

 

 「なんですって!?」

 

 すると、トライアルEは、自身の右腕にあるアームガンを連射してきた。

 

 とっさのことだったので、バリアも張らずに手で顔をガードし目を閉じた。

 

 しかし、いつまでたっても痛みは来なかった。

 

 「えっ。」

 

 目を開けた時、彼女の前にいたのは、自身の剣…『ブレイラウザー』を持ち、銃弾をすべて叩き落としていた。

 

 「セシリア、大丈夫か。」

 

 「ハイ。」

 

 「じゃあ、ミサイルを2発ほど、撃ってくれ。

  あいつは、攻撃されているときは防御に専念していたからな。」

 

 「わ、わかりましたわ。」

 

 そして、セシリアが2発ほど撃ったところで一真がセシリアの手を持ち、一夏と同時になるべく安全なところに避難させた。

 

 「これから、どうするんですか?

  剣崎先生。」

 

 「俺が、あいつを倒す。

  お前たちはここから離れろ。」

 

 「でも、先生はISが使えないのでは。」

 

 「大丈夫だ。

  俺は、あいつらを倒すためにここにいる。」

 

 「で、でも1人じゃ「一夏!」千冬ねぇ「織斑先生と呼べ!」はい。」

 

 「聞いていただろう。

  今すぐ、避難しろ。」

 

 「でも、彼は、「避難しろ!」…ぐっ!」

 

 「平気だ、一夏君。

  俺は、負けない。

  それに、一夏君やセシリアちゃんや他の生徒がいるこの学園を

  俺は壊させない。

  だから、行ってくる。」

 

 「じゃあ!私も行かせてくださいまし!」

 

 「でも、セシリアちゃん!」

 

 「まだ、シールドエネルギーは残っています!

  それに、いくらなんでも一真さん1人で任せられませませんわ!」

 

 「…優しいんだな、セシリアちゃんは。」

 

 「…////そ、そんなことありませんわ////。」

 

 「わかった。

  でも、遠くからの応戦だけにしてくれないかな。

  怪我でもされたら、責任とれないから。」

 

 「分かりましたわ。」

 

 「一夏君は、ここに残ってくれ。」

 

 「でも…!「シールドエネルギーが0だろ。」うっ。」

 

 「平気だ、勝って見せるから。」

 

 「わかりました。

  勝ってきてくださいよ。」

 

 「わかってるって。

  じゃあ、行ってくる。」

 

 そして、一真とセシリアは、トライアルEのもとへ行った。

 

 

 

 

 「待っていてくれたんだな。

  ちょっと、下がっていてくれないか、セシリアちゃん。」

 

 「わかりましたわ。」

 

 「俺は、学園を守る。

  そして、みんなを守る。

  俺は、俺は仮面ライダーだ!」

 

 そういい、ベルトを腰に巻き、左腕を腰の位置に置き、右腕を手のひらを自分の方へ向けた状態で

左斜め前方へ移動させ、高らかに叫んだ。

 

 

                  「変身!!!」

説明
ISを唯一使える男がいた。
運命を変えた一人の男がいた。
この二人が出会うとき、何かが起こる!
運命の切り札を掴み取れ!part7
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
1871 1843 2
タグ
仮面ライダー剣 主人公2人は鈍感 IS 200年後の世界 

ジョーカーアンデッドさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com