IS 〜運命を切り裂く剣〜 ISvs仮面ライダー/ISじゃないよ
[全1ページ]

タッタッタッタッタ!

 

中国のとある街で、1人の男性と1人の女性が走っていた。

 

現在、この街ではISを使った大量虐殺が行われている。

 

それを防ぐために、この2人は走っている。

 

「こっちだ!」

 

「で、なにか作戦って物はあるのよね?」

 

「ない。」

 

「はぃい!

 なんでないの!」

 

「だって、俺が行けばいいだけだろ?」

 

「それはそうだけど「危ない!」…!」

 

走りながら話している最中、突如、ISがミサイルを撃ってきた。

 

「ちょっと!

 何してんのよ!」

 

「危ないから下がってて。」

 

そういうと、懐から出したカードホルダーのようなものを取り出し、腰に巻きつけ叫んだ。

 

「変身!」

 

すると、どうだろうか。

 

前に、大きなカードが出てきて、前方のISを少し押し出した後、一真の方に向かう。

 

そして、一真を通るとそこに一真は居なく、代わりに紺色の戦士…ブレイドがいた。

 

「え?一真がISを?」

 

「違う違う。

 ISじゃないから。

 鈴ちゃんは、一応ISを起動させといて。」

 

「わ、わかってるわよ!」

 

 そう言い、鈴は自身のIS『甲龍』を起動する。

 

「で、どうするの?

 相手はミサイルを持つ遠距離、あんたは片手に持つ剣だけ。」

 

「ミサイルを周りに撃たせなければいいだけだ。

 それなら簡単じゃないか。」

 

そう言い、彼が取り出したカードは、スペードの8…Magnet Buffaloをラウズした。

 

 ピピッ!『MAGNET』

 

そうブレイラウザーが言うと、

敵のISが持っていたミサイルを吸い取るように彼の元へと飛んでいく。

 

そして、相手が戸惑っているうちに懐に潜り、スペードの4…Tackle Boarのカードとスペードの9…Mach Jaguarのカードをラウズする。

 

ピピッ!『TACKLE』『MACH』

 

そう言った途端、鈴の視界からブレイドの姿が消えた。

 

(えっ!どこ行っちゃったの!?)

 

そう思い、周りを見渡すとさっきまで立っていたISが消えていた。

 

その代わりに、ブレイドが立っていた。

 

「鈴ちゃん!

 行くよ!」

 

「ちょっと、待ちなさいよ!」

 

そして彼らは、町中のスピーカーを管理する司令塔に向かった。

 

その後は、戦闘がなかった。

 

『おかしなぐらい』だ…。

説明
ISを唯一使える男がいた。
運命を変えた一人の男がいた。
この二人が出会うとき、何かが起こる!
運命の切り札を掴み取れ!part12
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
5517 5446 1
タグ
仮面ライダー剣 主人公2人は鈍感 IS 200年後の世界 

ジョーカーアンデッドさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com