エヴォリアン 聖なる夜
[全1ページ]

         とある空間。

 そんな中、1人の幼女と1人の女性がいた。

 

 「まだかなぁ〜。ごちそう。」

 

 「待ちなさい。食べれるんだから。」

 

 幼女…リジェと女性…ジャンヌが口論を始めそうになっていた。

 

 「でも〜。」

 

 「はーい!できましたよ〜。」

 

 「できたぞおぉ。」

 

 中から出てきたのは、ミケラとヴォッファが手に持ったごちそう…チキンやジュースなどを持ちテーブルに運んだ。

 

 「おーそーいー!」

 

 「すまない、時間がかかってしまった。」

 

 「でも、味は超一流だからねぇ。

  食べてみて!」

 

 そういわれ、リジェは1つ切り取られたチキンをぱくつく。

 

 「おいしい!」

 

 「だろっ!」

 

 「よかった〜。」

 

 「これは確かにいけるな。」

 

 リジェやジャンヌに絶賛な中、リジェがミケラに問いた。

 

 「ねぇミケラ。クリスマスイブって何の日?」

 

 「それは、イエス・キリストが死ぬのと同時に封印されたデズモゾーリャ 様がイエス・キリストが蘇った時に封印が解かれたのを祝う前夜祭だ。」

 

 「フ〜ン。」

 

 「まぁ、今日はクリスマス・イブだ。

  飲もう飲もう!」

 

 「そうだな。ヴォッファ。」

 

 そういって、それぞれ飲み物を持ち…。

 

 「それでは、」

 

  「「「「かんぱーーーーーい!」」」」

説明
エヴォリアンたちのクリスマス・イブ。

ちょっと、覗いてみましょうか。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
1205 1195 0
タグ
200年後の世界 エヴォリアン ほのぼの クリスマス・イブ 特撮 

ジョーカーアンデッドさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com