とある烈火の龍使い プロローグ
[全1ページ]

        とある世界。

 車に血だらけ倒れている男性とそれを抱えるように持ち上げている男がいる。

 

 「やっとちょっとは答えらしいもんが…見つかったかもしんない…。

  でも…、なんか俺…、駄目かもしんない…。」

 「俺さぁ、昨日からずっと考えてて…、それでも、わかんなくて

  でも…、さっき思った…。

  やっぱり、ミラーワールドなんか閉じて…戦いを止めたいって。

  きっと、スゲエ辛い思いしたり…させたり、すると思うけど、

  それでも、止めたい…。

  それは…正しいかどうかじゃなくて、俺も…、

  ライダーのひとりとして……

  叶えたい願いが…つくれたんだ…。」

 

 「じゃあ!

  お前がかなえろよ!

  ここで死ぬなよ!」

 

 「ははっ…。

  まさか…、お前の口からそんなことが聞こえるなんてな…。

  いい冥土の土産になるかな…。

  お前は、なるべく…生きろ…!」

 

 「おい!真司!真司ーーーーー!」

 

 こうして、彼の人生は終わった。

 

 そして、もう一つの『人生』を歩むことになる。

 

 

 「ここは…?」

  (自分は死んだはずだ…。)と。

 

 「死後の世界は、ミラーワールドみたいなのか。」

 

 「それは違うぞ。」

 

 その問いに答えるように後ろから、最強の仮面ライダー、オーディンが真司のうしろにいた。

 

 「いろいろ聞きたいことがあるけど、まず戦いはどうなった!?」

 

 「浅倉は警察に射殺された。

  北岡は病死。

  そして、蓮は私との戦いに勝ち、そのあと力尽きた。」

 

 (そうか…。)と、蓮が死んだことを悲しがった。

 

 「だが、私を含めて全員が脱落したため、再リセットとなるはずだった

  が、なぜか、私とお前はその世界から拒絶されたらしい。

  いわば、私とお前の存在が消去され、別の存在が私たちの代わりに

  なったというわけだ。」

 

 まったく、意味がわからないという風な感じ真司を気にせず、オーディンは話を続ける。

 

 「ただ、リュウガは、お前の分身ともいえる存在なので、

  いまだにお前の中に居座っている。」

 「自我はあるが、お前の意思で行動の制限や体の精神を入れ替えること  ができる。」

 

 そこは、理解できたのか、真司がしゃべった。

 

 「えっ!ちょっと待てよ!俺たちは死んだんだろ!

  そんなことしても、無駄じゃないのかよ!」

 

 「いや、俺たちは死ぬ瞬間、私たちは神崎に救われ、

  この狭間に取り残された。

  それだけであって、まだ死んだわけではない。」

 「私は、こういうところに慣れているのでどういったこともないが、

  お前は、ミラーワールド同然。

  リュウガがお前の中にいるからいいが、

  いても、せいぜい1日しか滞在できない。」

 

 「えっ!じゃあ、おれはどうなるんだよ!」

 

 「いまから、お前を別の世界へ飛ばす。

  ピンチの時は、手助けはしてやるが、

  お前の好きにするがよい。」

 

  と、言って取り出したのは召喚機ゴルトバイザーと『クロスベント』と書かれたカードだった。

 

 「では、またな。」

 

 「え!話が急すぎてついていけないんですけど!ってエエエエエ!」

 

 いきなり、ブラックホールが現れ、真司を吸い込んでいった。

 

 

 「じゃあな。烈火の騎士よ。」

 

説明
もといた世界で城戸 真司はオーディンとの決着をつける前に死んだ。
だが、それは別の世界での物語の序章でしかなかった。
戦わなければ、生き残れない!
part1
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
3643 3525 0
コメント
今更指摘するのもアレなんですが、オーディンが『蓮』と呼ぶのはおかしいと思います。秋山あたりが妥当かと思います(ディアーリーズ)
タグ
仮面ライダー龍騎 とある科学の超電磁砲 龍騎と リュウガは 一心同体 原作キャラは出る 時々、 とある魔術の禁書目録 

ジョーカーアンデッドさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com