機動戦士ガンダムSEED白式 06
[全1ページ]

翼(エール)

 

?白式は3機のGを追い抜き、イージスに捕まったストライクを助けに、瞬時加速(イグニッションブースト)で瞬く間にその距離を詰めていく。

 

?「…ッ!!?、何だあの機動力は!?」

?「いくらなんでも速過ぎだろ…」

?「通常のMSの倍…いえ、3倍の速度です!」

 

?イザーク達がそれに気付いた時には、既にエール白式は機体の遥か上を飛んでいた。

 

?「グッ…ぅうッ!!、す、すごい加速だ…やっぱりエールストライカーのお陰かな?」

 

?白式のコックピットの中では、一夏が白式のパワーアップに驚きながら、自分にのしかかるGに耐える。実際、機動力強化のエールにより白式の瞬時加速(イグニッションブースト)の出力は1.3倍になっており、それに掛かるGも白式の対G処理を持ってしても、相当なものだった。

 

?「はぁああああああああああ!!!」

?「ッな!?」

 

?イージスに追い付いた白式は腰をひねり、雪片を振り上げ、それを一気にイージスへ叩きつける。

 

?ズガァンッ!!!

 

?「グアぁあ!!?」

 

?イージスは一瞬にして懐へ飛び込まれ、避ける暇もなく、白式の雪片が直撃する。

?フェイズシフトのお陰で、物理攻撃は防げたものの、その凄まじい衝撃は吸収出来ず、反動で緩んだイージスのアームから、ストライクが脱出する。

 

?「ごめん、一夏」

?「気にしなくていいですよ!俺のせいでキラさんが敵に捕まったんですから」

 

?「ッ…よくも!」

 

?イージスはアームを開き、再びストライクを捕獲するために、接近しようとするが、上から弾幕が降り注ぎ、イージスの行く手を阻む。やむなくMS形態に戻り、後ろに後退する事で、弾幕を回避し、上を向くと、そこのムウの乗るメビウスがいた。

 

?「チィッ…!?」

 

?『ストライク後退しろ!アークエンジェルが、ランチャーを射出する!』

 

?そこにストライクのスピーカーからムウの通信が入る。

 

?『後ろにも、まだデカイのがいるんだぞ!早く装備の換装を!』

?「分かりました!」

?「キラ!」

 

?キラはストライクをアークエンジェルへ向け、離脱する。イージスはストライクの後を追おうとするが、白式が目の前に立ち塞がる。

 

?「ッ、またお前か!」

?「今度は行かせない!」

 

?イージスのサーベルと白式の雪片がぶつかる。

 

?「ナチュラルが!いったいキラに何をした!?」

?「どう言う意味だ!」

?「あいつはコーディネーターなんだぞ!ナチュラルの味方をする筈がない!」

?「お前はそうやって人を見下して!」

 

?ビームが弾け、白式とイージスが退く。2機は武器をビームライフルに持ち替え、今度は銃撃戦に移る。

 

?「キラさんはアークエンジェルに乗っている友達や、民間人を護る為に戦っているんだ!」

?「民間人だと!?そんな出鱈目、信じられるか!だいたい何故、戦艦に民間人を乗せなければならない?!」

?「お前達がヘリオポリスに来なければ、みんな住む場所を失わずに済んだんだ!」

?「それは結果論だ!ナチュラルだって、中立のコロニーと言いながら、オーブとこんな物を作って!」

?「それだって、ヘリオポリスを出てからでも良かったじゃないか!」

?「実弾の効かないフェイズシフトを持った、完全な状態のGは脅威となる。ソレを見逃すワケにはいかない!」

?「何も知らない、民間人を巻き込んでもか?!」

?「先に巻き込んだのは、そちらだろう!」

?「その民間人にお前達言うコーディネーターもいるんだぞ!そもそも、この戦争は地球とプラントとの争いじゃないか!」

?「どちらも同じ事だろう!」

?「この分からずや!!」

 

?白式とイージスは2機の中心を軸にするように飛び回り、撃っては避け、アスランは極力バッテリーを抑えるため、なるべくギリギリで避け、一夏は勢いを付けたスピードを殺すことなく、横からくるビームを上下移動で避ける。

 

?ドカァァアアーーーーンッ!!!

?突然、アークエンジェルの方から凄まじい、閃光が走り、爆煙が絶対零度の宇宙を舞う。

 

?「確か、今キラさんがアークエンジェルに向かってたはずじゃ…」

?「キラ!?」

 

 

?「やったか?!」

 

?イザークはストライクへの直撃を見届けると、ストライクの撃破を確認するために、その爆煙へ近づく。しかし、それが彼の犯した重大なミスだった。

?

?ドシュウッ!!

?「何ぃ!?」

 

?爆煙の中から一条のビームがデュエルを襲う。イザークは急いで、スラスターを吹かすが、爆煙に近づいた分その距離が近すぎた。ビームはデュエルの右腕を焼き千切り、デュエルの右腕は跡形もなく溶解した。

 

?「退け、イザーク!これ以上の追撃は無理だ!」

?「ッ、何だと!!」

?「アスランも言うとおりです。今度はコッチのパワーが危ない!」

?「グぅッ!!」

 

?イザークは腹の虫が治まらず、ストライクが映るモニターを叩く。そして、右腕の失ったデュエルはバスターに回収され、撤退していく。

 

?*

 

?「キラさん?」

 

?バッテリーの切れたストライクは装甲の色をグレーへと戻し、ランチャーを持ったまま沈黙している。

?一夏はストライクに通信を繋げると、そこに、息が荒いのか肩が上下に大きくパイロットスーツ姿のキラが映る。

 

?「キラさん、戦闘は終わったんですよ。みんな生きてます」

?「…一夏?」

?「戻りますよ。みんなの所へ」

?「…うん」

 

?MSデッキで一夏とキラがそれぞれのコックピットから降りると、そこにムウが来た。

 

?「俺もお前達も死ななかった。上出来だったぜ」

 

?キラの手に震えはもうなかった。

 

?*

 

?キラと一夏が更衣室から、出てくると、そこにムウが仁王立ちで待っていた。そして、その両腕をキラと一夏の首にまわす。

 

?「二つ言い忘れていた。ストライクの起動プログラムをロックしておくんだ。君以外、誰も動かす事のできないよううにな」

?「え?」

?「白式の方は、絶対にその腕輪だって事をばらすなよ」

?「わ、分かりました」

 

?キラと一夏がムウの言葉の意味を知る事になるのは、そう遠くはなかった。

説明
6話
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
3531 3413 3
タグ
白式 機動戦士ガンダムSEED クロスオーバー ガンダムSEED seed インフィニット・ストラトス IS 

トモヒロさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com