真・恋姫†無双 〜我天道征〜 第0話(プロローグ)
[全5ページ]
-1ページ-

時は三国時代 栄華を誇っていた漢王朝の腐敗により、民はその悪政に苦しめられていた。

 

ある者は飢えで死んでゆき、ある者は賊に身をやつし、またある者はその賊達に殺される。

 

そんな地獄のような日々の中、管輅という占い師により一つの予言がなされた。

 

 

『黒天を切り裂いて、天より飛来する一筋の流星。その流星は白銀の衣と刃を纏いし天の御遣いを乗せ、この大陸に安寧を齎すだろう。』

 

 

疲労しきった人々にとって、この占いは希望ともいえた。

 

天の御遣いが来てくれれば、官の圧政に苦しむことも、賊達に怯えることもなくなると。

 

そのようなこともあり、この予言はまたたく間に大陸中に広まっていった。

 

 

 

そんな予言が大陸中に広まりしばらくしたある夜、とうとうその日は来た。

 

夜の闇を切り裂く様な白き流星が空に現れたのだ。

 

その流星は大陸のいたる所で目撃された。

 

-2ページ-

 

??「流れ星。・・・・・・白銀の流星?」

 

??「〜〜様、どうかされましたか?」

 

??「いえ、なんでもないわ。」

 

??「そうですか。」

 

??(そう、なんでもない。あんな占いなど関係ない。この大陸に安寧をもたらすのは天の御遣いなどではなく、この私なのだから。)

 

??「〜〜様?」

 

??「ふふっ、ごめんなさい〜〜。今日はたっぷり可愛がってあげるわ。」

 

??「〜〜様♪」

 

 

 

 

 

 

 

??「どうしたのだ〜〜、空を見上げてニヤニヤするなんて?」

 

??「あら〜〜、実はさっきすっごい大きくて綺麗な流れ星が見えたのよ。」

 

??「流れ星?」

 

??「そ、流れ星♪ 〜〜だって知ってるでしょ、管輅の占い。」

 

??「ああ、天の御遣いがというやつだろう。〜〜お前らしくもない、そんな戯言を信じているのか?」

 

??「まさか。ただね、さっきの流星をみたときにピーンときたの。何か良いことがあるって♪」

 

??「はぁ〜、またいつもの勘か。」

 

??「そうゆうこと。早くあってみたいわ、天の御遣い♪」

 

 

 

 

 

 

 

??「〜〜ちゃん、〜〜ちゃんさっきの流れ星みた?」

 

??「すっごい大きかったのだ。」

 

??「はい。そしてとても綺麗でした。」

 

??「だよね〜。きっとあれに天の御遣い様が乗ってるんだよ。」

 

??「〜〜様!あんな胡散臭い噂を信じるのですか?」

 

??「〜〜ちゃんだってさっきのみたでしょ?あんな大きくて綺麗な流れ星、私今まで見たことないもん。」

 

??「そ、それはそうですが・・・」

 

??「だからこの世界を平和にするために、あれで御遣い様がやってきたんだよ。」

 

??「し、しかし・・・」

 

??「にゃ〜、〜〜は頭が固いのだ〜。」

 

??「〜〜!?」

 

??「その天の御遣いってのが、良い奴なんか悪い奴かなんて、逢ってみないとわからないのだ。」

 

??「むむむ、〜〜に諭されるとは。」

 

??「あはは、早く逢えるといいな御遣い様に♪」

 

 

 

 

-3ページ-

 

??「〜〜様、空なんか睨んでどうかしたんすか?」

 

??「どうしたもこうしたもありませんわ!!」

 

??「わ!?な、なんで怒ってるんですか?」

 

??「先ほど、流れ星が見えたんですの。」

 

??「へ?流れ星って、あの流れ星ですか??」

 

??「そうですわ。」

 

??「でも、別にそれって特別怒るようなことではないんじゃ・・・。もしかして、星に凶兆でも出てたんですか?」

 

??「〜〜様って、星みれたんでしたっけ?」

 

??「何を言ってますの?そんなのみれるわけないじゃありませんの。」

 

??「じゃ、じゃあなんで・・・」

 

??「目立っていた。」

 

??「はい??」

 

??「目立っていたんですわ!この名門たる私を差し置いて!!」

 

??「は、はぁ。」

 

??「この私の美しさは空にあまねく星々にも負けませんが、さきほどの流れ星、あれは不覚にも綺麗だと思ってしまいましたわ。」

 

??「そ、そうですか。」

 

??「次勝てばいいんじゃないですか?」

 

??「そうですわね、今度は絶対に負けませんわ。お〜ほっほっほっほっほ〜・・・・・・」

 

??「「はぁ〜・・・」」

 

 

 

 

 

 

 

??「〜〜、そんなところにずっといると風邪ひいちゃうよ。」

 

??「〜〜ちゃん。うん、もう少ししたら部屋に戻るね。」

 

??「何してるの?」

 

??「実は、さっきとても大きな流れ星が見えたから、お願い事をしてたの。」

 

??「願い事?」

 

??「うん、みんながずっと幸せでいられますようにって。」

 

??「・・・・・・」

 

??「〜〜ちゃん、私たちずっと一緒にいられるよね?」

 

??「!? もちろんよ!僕が〜〜を一人にするわけないじゃない。」

 

??「ありがとう♪」

 

??(そう、絶対に一人になんてしない。

   この先例えどんなことがあっても、絶対に〜〜だけは僕が守って見せるんだから。)

 

 

 

 

 

 

 

 

??「あ、流れ星!

 

   普通って言われませんように。普通って言われませんように。普通って言われませんように。

   普通って言われませ・・・・・・・・・」

 

 

-4ページ-

 

??「さっきの流れ星すっごかったね。」

 

??「ええ、それにとても綺麗だった。」

 

??「たしか、あそこら辺にみえる山のてっぺんに落ちてなかった?」

 

??「たしかに落ちたね〜」

 

??「今度見に行ってみる?もしかしたら、ものすごいお宝があるかも!」

 

??「わ〜、だったらごはん食べ放題だね♪」

 

??「姉さん達、今はくだらない話より今日の食材集めをして。」

 

??「〜〜、くだらない話じゃないわよ。もしかしたらお宝があるかもしれないんだよ。」

 

??「そうだよ、そうだよ。そしたら、食材集めもしなくていいんだよ。」

 

??「はぁ〜、例えそうだとしても、あの山々はとても険しくて、人がいける所じゃないって村の人が言ってたわ。」

 

??「え〜、そうなの〜!」

 

??「な〜んだ、がっかり。」

 

??「はいはい、それがわかったら食材集めを再開して。」

 

??「「は〜い」」

 

 

 

 

 

 

 

 

流星とともに降り立つ天の御遣いはどのような道を征くのか?

 

また、誰とその道を歩んで征くのか?

 

それぞれの思いが巡る中、今新たなる外史がその幕を開こうとしている。

 

 

 

-5ページ-

 

あとがき

 

 

初めまして、この度『真・恋姫†無双 〜我天道征〜』を書きはじめた sei と申します。

 

今までは読む方専門だったのですが、何を血迷ったか書きたい衝動に駆られ、投稿してしまいました。

 

私は文才もなければ、三国志にも全然詳しくありません(恋姫知識位)。頭脳戦をえがくような知識もないですし、オリジナルの設定を生み出すような発想力も無いです。

 

はっきしいって、恋姫本編や他の多くの小説家の方々をパク・・・、おほん、参考にしなければまともに話すら書けるとは思えません。

 

そのため、今後書いていく中で「あれ?この話どっかで・・・?」とか思っても、見て見ぬふりを。

 

今回人名を伏せてあるのも、それっぽくみせるためだけです。

 

恋姫を知ってる人ならすぐに誰だかわかってしまうと思いますが。( ̄Д ̄;;

 

 

 

 

こんな作者ですが、すこしでも面白そうと思って頂けたら幸いです。

 

今後とも生温かい目で見守ってください。

 

説明
初投稿になります。
不安で一杯ですが、頑張っていきたいと思います。
読む人が少しでも楽しんで頂けたら、嬉しいです。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
8295 6042 44
コメント
Dan・M 様>励みになります。お互い頑張りましょう。(sei)
PON 様>ご指摘ありがとうございます。今後の作品は、気をつけていきたいと思います。(sei)
ロンリー浪人 様>名前を伏せたのに、なんでハムさんを思って泣いているのか・・・w(sei)
流狼人 様>どのルートにはいるかは、先の楽しみということで(sei)
劉邦柾棟 様> 白蓮がどれかはわからないはずなんだが・・・w(sei)
こういうのを「台本形式」と言います。まずはググってみてください。(PON)
ハム……不憫過ぎて泣ける( ´;ω;`) (ロンリー浪人)
美羽の台詞がないというわけは・・・袁術ルートか?(流狼人)
・・・・・・・白蓮(´;ω;`)(劉邦柾棟)
タグ
真・恋姫†無双 恋姫†無双 

seiさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com