思春期の疑問
[全1ページ]

 休日の午後。

夕焼けに赤く染まる図書館の片隅に、

こつこつ、かりかりと、黒鉛の塊が紙を擦る音が響く。

そこにあるのは二つの小さな人影。二人の小学生の姿。

言うに及ばずお察しの通り、学校から出された課題の最中である。

二人いるにしてはその物音は静かで、手を動かしているのは一人だけ。

二人の中で唯一勉強の苦手な、八城真央だけだった。

 もう何度目だろう、真央の手が止まる。

そしてあからさまに大儀そうに溜息をつくと、ぐったりと机に突っ伏した。

「あー…、終わらねぇ〜…。」

「頑張れ、まーちゃん!もうちょっとじゃが!」

その傍らで真央を励ますのは、彼女の姉、八城笙。

既に課題をすっかり片付け、余裕綽々である。

「かったる〜、こんなん将来なんの役に立つんでもねぇのに、なんでせにゃぁいけんのん?」

「役に立つよ。」

「えっ?」

笙の言葉に真央はがばっと顔を上げ、笙にずいと迫る。

「どこでどう役に立つん!?そこわかったらちょっとやる気出すわ!」

笙はにっこりと微笑むと、鞄から取り出した自由帳を開いた。

 

 「まーちゃんは、将来の夢とか目標とか、ある?」

出し抜けに尋ねる笙。真央は首を傾げ少し考えた後、首を横に振った。

「それが見つかったら、どうする?」

「……どうするって…、そりゃ、勉強したりとか、努力する…」

「じゃろ。じゃあ、もしもまーちゃんが科学者に憧れたとして、

 科学者になるには、何が必要じゃ思う?」

真央は小さく唸りながら、暫し考え込んだ。

「えーと…、理科とか、あと、そういう関係の知識…?」

「そうそう。でも、一からそれを勉強しょう思ったら大変じゃろ。」

「うん…、そりゃ、何年もかかる思うけど…」

「科学者になりたい!って思った時に、理科、科学、物理、生物とか、

 色んな知識が一通りあったら、近道になる思わん?」

「あっ…、うん、思う。」

笙はにっこりと微笑むと、ノートにシャーペンを走らせた。

「これが、まーちゃんな。」

そう言って笙が白いページに描いたのは、なにやらうねうねとした、

例えるなら田植えが近くなると田んぼに山盛りにされる、堆肥にする牛糞の塊のようなものだった。

「な、なにそれ。」

「畑。で、この畑には、いっぱい種が埋まっとるんよ。」

「はぁ。」

「で、これが…、学校の先生な。」

畑の隣に笙が描いたのは、数人の人。

その人々は、各々ジョロで水をやったり、肥料をやったりして、畑を世話していた。

「この学校の先生らが、水やったり、雑草抜いたり、肥料やったりして、

 一生懸命世話するんよ。そしたら、どうなる思う?」

「…種が芽を出す?」

笙は頷いた。

「で。これが小さな小さな苗木になるのに六年、苗木から小さな木に育つまで更に三年。」

真央はそこではっとして、笙に尋ねた。

「目標を見つけた時に、何にも無い常態だと、種を蒔くとこから始めにゃいけんいう事?」

「そう。小学校・中学校の義務教育の間の勉強は、この苗木、夢を実現する為の『可能性』を育てる為なんよ。

 子供らがどんな夢を抱いても最短コースを通ってそれを実現できるように用意しといてあげる事が、学校の先生の役目いう事。」

「そっか…。」

真央は一通り納得したようで、笙の描いた下手な絵をしげしげと眺めながら溜息をついた。

「納得した?」

真央は一寸間を置いて、頷いた。

「やる気出た?」

「うっ」と嫌そうに顔をしかめた後、「まぁ、うん」と歯切れ悪く返事をすると、

真央は渋々、再びシャーペンを手に取った。

「頑張れー、閉館時間まであと一時間よー。」

「へーい。はぁ、納得はしたけど大儀なもなぁ大儀なわ。」

「じゃあ、閉館時間までに終わったら、今日の晩は何でも好きなもん食べさしたげる。」

「あ、ちょっとやる気出た。じゃままかりな、ままかり。」

「はいはい。」

 

真央が課題を負えたのは、閉館時間ギリギリ三分前だったそうな。

説明
ピクシブに投稿した放置中の小説のキャラを使って、私なりに何故勉強するのかを考えてみました。キュアビューティが「何故勉強するの?」と悩んでいたあの時に思いついたものです。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
218 216 1
タグ
オリジナル 小学生 思春期 勉強 

笙 さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com