ウルトラマン_3
[全8ページ] -1ページ目-
最初 1 2 3 4 5 最後
説明
子供の頃に夢中になった昭和ヒーローを、自分なりのカタチにしていこうと思い立ち作成しています。
これは28体目の作品、ウルトラマンです。

前回に引き続きウルトラマンです。
昨年の秋にウルトラマンアート展を見に行き、その感動と勢いで「ウルトラマン作る!」となり、
「この感動をデカさで表現しないと、成田先生に失礼だ!」となり、
結果自分作品史上最大の物を作ることになり、
案の定泥沼にヅブヅブとハマり込んでしまい、半年以上をかけてようやく完成しました。

前回、前々回に作ったウルトラマンと基本は同じくスーツではない、体の色分けパターンを造形要素に取り込んだ表現をしています。

成田先生の造形に見られるエッジの立った、シンプルで力強い造形を意識しながら表現しました。

また、猫背姿勢ではない、綺麗な立ち姿を表現したいと思い、ポージングに試行錯誤しました。

自分の作品の中で最も大きい仮面ライダーブラックを作ったあとで、もう大きなものは作らない!と心に決めていたのですが、つい作ってしまいました。
作業は色々と大変でしたが、大きな作品でしか味わえない存在感もまた捨てがたいなと感じました。

・アルミ線芯に石粉粘土、ラッカー&アクリル絵の具の筆塗りです。
・眼、カラータイマーはCADデータ作成後、3Dプリンターで出力しました。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
703 666 12
コメント
>chilidogさん コメントありがとうございます。大きさは測ってみると38センチでした。特に計画もなく始めるので分割もなく、ひたすら塊を抱えつつの作業で腕が痛くなりました・・・(ナガリン)
>えりあんさん コメントありがとうございます。成田先生の金属質感でエッジのきいたものが大好きなので、ウルトラマンにも組み入れてみましたが、どの部分を立てるかのさじ加減が難しかったです。(ナガリン)
いつもながらオリジナルを尊重しつつ小気味好いアレンジ、フォルムが素敵ですね。どのくらいの大きさなのでしょうか?(chilidog)
これはまさに成田先生のイラストが飛び出てきたような出来栄えですね!部分的にエッジの効いたデザインがたまりませんわ。(えりあん)
タグ
3D 粘土 筆塗り 特撮 成田亨 ウルトラマン 

ナガリンさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com