Run! Run! Run! ボカロット猛レース! 第1話 開幕!
[全13ページ]
-1ページ-

 それは今からずっと先の未来、日本に沢山のロボットレース場が出来て、そこで行われるロボットレース『ボカロットレース』に、国民は熱狂してました。

 

 ボカロットというロボットが、駆け足やホバリング走行で、コースを競争して順位によりポイントを稼ぎ、1年を通して行われるレースのトータル順位を競うレースです。

 

 古来のF1とは違い、ロボットなので、武器による妨害や破壊行為がある、スリルを楽しめるレース。

 

レース出場は、各企業。そこからマシン、パイロット、メカニックなどを出場させ、各県に設置された専用コースで競います。

 

 今年初参加の北海道の財閥、“ナガネギーコーポレーション”、ここからも、一人のパイロットが出場する事になりました。

-2ページ-

(ナガネギーコーポレーション 社長室)

 

 トントン

 

社長の初音三久(以下、三久):入りたまえ

専務のミクオ(以下、ミクオ):ねーちゃん、入ってよ

 

 ガチャ

 

パイロットの初音ミク(以下、ミク):失礼します

三久:娘よ、今年もボカロットレースの開幕戦が開催されることになったわけだ。我が社は初参加組。しかし開幕戦の開催場所は、ここ、北海道にある、『ネオ札幌クリプトンシティレース場』、我が社の地元だ。初参加を称えるような、素晴らしく、そして大変嬉しいことだ

ミク:はい

三久:準備はしていたとしても、今年から何もかもがスタートするわけだ。規定通り、メカニックのミクオと一緒に、優勝目指して頑張って欲しい。いいね?

ミク:はい。了解してます

ミクオ:オレっちのボカロット、『ネギロイド01(ゼロワン)』は無敵だぜ! 安心安心!

ミク:…最終調整は出来てる?

ミクオ:え? えっと、出来てるよ

ミク:じゃあ、すぐにレース場に向かいましょう。機体の調子も見たいし…

ミクオ:わ、わかった

ミク:それでは準備がありますので、これで

 

 ガチャ

 

三久:…おかしいな? ミクらしくないな

ミクオ:普段、あんなに明るいねーちゃんだったのに、今年はどうしたのかな? やっぱり初参加のプレッシャーなのかな?

三久:ミクオ、パイロットの調子も調整の1つとして、重々気を付けていてくれ

ミクオ:わかった。オレっちもすぐにいくよ

三久:頼む

 

 こうして、ゼッケンナンバー01、『ナガネギーコーポレーション』チームのパイロットである“初音ミク”と、その機体、“ネギロイド01”、そしてクルー達は、トレーラーでレース場まで向かったのでした。

-3ページ-

 そして、同じ北海道に、有力候補とも言える企業『メイコ酒蔵株式会社』という企業があり、同じように社長を交えたミーティングが行われていました。

 

(メイコ酒蔵株式会社 社長室)

 

パイロットの咲音ちゃん(以下、咲音ちゃん):しゃっちょー、大丈夫っすよ! 今年も優勝、頂きますよ!

社長のメイコ(以下、メイコ):咲音ちゃん? 年間通してのレースっていうのは、そんな甘い物じゃないのよ? 確かに昨年は優勝したけど、年度始めは、ちゃんと気を引き締めないと…

専務のカイト(以下、カイト):そうですぞ、何事も初めが肝j

メイコ&咲音ちゃん:あんたは黙ってて

カイト:はひ…

 

咲音ちゃん:とにかく! 今年も勝つ気まんまんなのよ! で、今年の機体“は”何?

メイコ:今年は我が社の開発部の粋を集めた傑作、“アルコールエンジン試験ボカロット”の『へべれけ00(ダブルゼロ)』“よ!

咲音ちゃん:な、なんか脱力するような名前だけど、大丈夫なの?

メイコ:大丈夫! 今年のはエコも馬力も考えた傑作! 現地で確認してね

咲音ちゃん:わかった! じゃあ、クルーを集めて、出発するよ!

メイコ:頼むわね

カイト:頑張ってね

咲音ちゃん:はい!

 

 こうして、ゼッケンナンバー00のチームの本拠地である、北海道の某所にある社屋から、1台の大型トレーラーが、レース場を目指して出発したのでした。

-4ページ-

 そんな事が北海道で行われている3日前、北海道以外の各地で、他のチームも準備を始めていたのでした。毎回高順位に食い込む成績を叩き出している、ネオ愛媛代表の土建企業、『ジナラシ組』。ここでもミーティングが行われていたのでした。

 

(ジナラシ組 組長室)

 

パイロットの鏡音リン(以下、リン):親方、準備、整いました!

パイロットの鏡音レン(以下、レン):いつでも出られます!

親方の鏡音以(カガミネ・ユキ)(以下、以):まぁ、なんだ、そう、気張るなや

専務の鏡音州(カガミネ・シュウ)(以下、州):そうですぞ、レースではいつも通り、リラックスするのが一番!

以:クルーの若い衆に、冷凍ミカンと冷凍バナナを持たせてある。道中、食べていくがいい

リン:ごっつぁんです!

レン:で、今年のマシンの調子はどうなんです?

州:それは私から簡単に。昨年のマシンをチューンナップさせておいた。ボカロット名も同じく『ロドローラ02(ツイン)』だ。今年も同じく、メインパイロットがリンで、武装などの担当をレンがやってくれたまえ

リン&レン:はい!

以:では、出発してくれ

 

 こうして、ゼッケンナンバー02の『ジナラシ組』のチームは、ネオ愛媛の社屋ガレージから、トレーラーを出発させたのでした。

-5ページ-

 同じく、ネオ千葉の漁港近くに社屋を置く大手組合、『タコルカー鮮魚組合』も、出発前のミーティングをしていました。

 

(タコルカー鮮魚組合 組合長室)

 

組合長の巡音JIM(以下、JIM):Are you ready?

パイロットの巡音ルカ(以下、ルカ):Yes!(以降、日本語で書きます)

JIM:今年はなんか、北海道から新参者が出場するらしいな

ルカ:はい、ナガネギーコーポレーション、らしいです

JIM:“ナガネギー”か…。うちは漁業で、あっちは農産物。関わりがないわけではないが、なかなかの大手企業。十分気を付けてくれ

ルカ:承知してます。で、今年のボカロットは?

JIM:うむ。昨年は出力不足で成績が低迷したからな。今年は出力を総計で8倍にしておいた

ルカ:8倍? 確かレギュレーションがあるはずじゃぁ…

JIM:大丈夫だ。規約違反にはなってない。安心してくれ

ルカ:はぁ。では、出発します

JIM:頑張ってくれ!

 

 こうして、ゼッケンナンバー03の『タコルカー鮮魚組合』のチームは、数台のトレーラーを引き連れて、北海道を目指したのでした。

-6ページ-

 ここはネオ静岡のとある駅の近くに社屋を置く、『レーシングチーム・VY(ヴィーワイ)』も、クルーを集めて、社長の出発前の挨拶をしていたのでした。

 

社長の山刃さん(以下、サンジンさん):皆、これからまた1年、頑張って貰うわけだが、知っての通り、今年はツインパイロットで行くことにした。それが、このアリヤ君だ

パイロットのアリヤ(以下、アリヤ):皆さん、パイロットのアリヤです。宜しく!

サンジン:ミズキ君、今年は彼と共に戦うわけだ。宜しく頼む

パイロットのミズキ(以下、ミズキ):…よろしく…

アリヤ:…

サンジン:こら! 今から歩調が合わなくてどうする! しっかりしてくれ!

ミズキ:…すみません…

アリヤ:…

サンジン:うむ…、まぁ、仕方ないか。でも、本番ではプロ意識は持ってくれよ。昨年、我がチームは少々低迷してしまった。挽回するには、今年が肝心! とにかく頑張ってくれたまえ! では、出発!

クルー全員:はい!

 

 こうして、ゼッケンナンバー04の『レーシングチーム・VY』も、数台のトレーラーと共に、開催地を目指したのでした。

-7ページ-

 所変わって、ここ、ネオ大阪に営業所を置く不動産グループ、『印種(インタネ)不動産』のチームも、侍好きの社長を中心に出陣式を行っていました。

 

社長の学歩(以下、学歩):皆の物! これより1年、再び合戦に赴くことになる!

秘書のリリィ(以下、リリィ):いや、その、社長、合戦じゃなくて、レースです

学歩:我はここを離れる事が出来ない故、合戦の“くるぅ”達よ! 是非とも自らを鼓舞し、勝利の雄叫びをあげて欲しい!

リリィ:あちゃー、また社長の暴走が始まったわ…

学歩:では、これからは皆の物で打ち合わせをしてもらいたい。以上!

 

パイロットのリュウト君(以下、リュウト):ねぇねぇ、めぐみおねーさん

メカニックのめぐみ(以下、めぐみ):なに?

リュウト:今年度のボカロットって、どんなの?

めぐみ:あ、そっか。まだそっちにデータが行ってなかったっけ。これよ

 

 めぐみはメカニック達が使っているタブレットPCに、今回リュウトが乗るボカロットの映像を映しだした。

 

リュウト:へぇ〜、緑の恐竜型なんだ〜。火も吹くし、なんか強そうだね

めぐみ:マシンは最高の出来よ。私も専属で一緒に行くから、最終調整はあっちでしようね

リュウト:うん!

 

 こうして、ゼッケンナンバー05の『印種不動産』も、クルー達とマシンを搭載し、開催地を目指したのでした。

-8ページ-

 次に、ネオ東京に本社を置く金融会社、『AHSホールディングス』のチームも、何故か就任している“子供社長”をトップとして、今回の出発式を執り行っていました。

 

社長のユキ(以下、ユキ):皆さん! 今年もレース開幕がやってきました! 昨年はいまいちの成績でしたので、今年は心機一転で、頑張りましょう!

クルー:はい!

専務のテル(以下、テル):社長、そろそろ次のご予定が…

ユキ:はい。では、ここネオ東京であなた達の活躍を見守っています! 頑張って!

 

メカニックのいろはさん(以下、いろは):ミキさん!、ミキさん!

パイロットのミキ:? 何?

いろは:今年度のマシンですが、またまた色々カスタムチューンしておきました!

 

 そう言うと、いろはさんはノートPCを広げて、ミキにチームのボカロットの映像を見せた。

 

ミキ:なるほどー、私の衣装に合わせたのね、って、この☆マークは?

いろは:それは本戦でのお楽しみです♪

 

 こうして、ゼッケンナンバー06の『AHSホールディングス』も、スタッフ全員を乗せて、開催地に向かいました。

-9ページ-

 次は、ネオ新潟に米倉を持つ多角的企業、『アシュグループ』も、人員不足から社長自らもパイロットとなり戦う、たった3人のチームで、出陣式を行っていました。

 

社長兼パイロットのハク(以下、ハク):さて、皆さん、今年も来ましたよ、レースの開催日が!

パイロット兼メカニックのネル(以下、ネル):どうでもいいけどさ…

ハク:何?

ネル:この人員不足、なんとかならなかったの?、うち、そんな弱小企業じゃないんだよ?

パイロット兼他全部役のテト(以下、テト):ヽ(`Д´)ノ

 

ハク:いや、あの、でもね、うち、あなた達を除く社員全員が、こういう事に理解が無くて…

ネル:社長権限で、無理にやらせりゃいいのに…

ハク:でも! そーゆー、無理強いでは、絶対レースに勝てないと思うのです! 去年だって、結構いい成績残したじゃないですか!

ネル:社長と僕とテトの3人だけで頑張ったし、僕の偉大なるマシン、『三神合体ボカロット・トリオー』のおかげだと思うけどね。あ、あと、テトの仕事も

テト:(о´∀`о)ノ

ハク:私は?

ネル:社長は…あ! パイロットとしては一級だよね。うん。社長凄い!

ハク:ごめんね…気を使わせて

ネル:まぁまぁ。じゃあ、そろそろ行こうか!

ハク:…そだね。行こうか

テト:(`・ω・´)ノ

 

 こうして、ゼッケンナンバー07の『アシュグループ』も、デコボコトリオの3人とマシンと整備用具とハクのお酒を乗せて、開催地に向かいました。

-10ページ-

 ここはネオ神奈川のヨコハマ地区。ここの倉庫を含め、手広くやっている、大手海外用品卸商の『フォーリナー』のチームも、出発式を行ってました。

 

ボスのアン(以下、アン):ミナサーン! コトシモ ヤッテマイリマシタワ! ガンバリマショウ!

右腕のアル(以下、アル):シャチョウ Simpleスギマスヨ

アン:コーユーノハ Simpleガ イチバンデース! ヂャア サッソク ジュンビ シテネ!

 

 ガレージで、パイロットのプリマが、メカニックチーフのトニオにボカロットの事を尋ねていた。

 

パイロットのプリマ(以下、プリマ):ねぇ、ねぇ、トニオ〜

トニオ:? 何?

プリマ:この馬鹿でかい“アメ車”、本当に私のボカロットなの?

トニオ:そだよ。車輪で走らずに“ホバー走行”するから、レギュレーションにも引っかからないしね

プリマ:でもさ…、その武装だと思う、このハンバーガーミサイルとか、チェーンソーブレードとか、ちょっと…

トニオ:あ、今年からの新武器ね。見た目に反して、なかなかのものだよ?

プリマ:…、ま、いいや、強けりゃ…

トニオ:元気に行こうぜ!

 

 こうして、ゼッケンナンバー08の『フォーリナー』も、かなりの大人数のスタッフを大型コンボイトレーラーに乗せて、開催地に向かいました。

-11ページ-

 そして、初参加のチームで、今年度の参加チームの残り1つ、所在地不明の場所に本社を置く、秘密企業『サクーシャカンパニー』も、参加の準備をしていました。

 

 ただここはちょっと他とは違う感じの企業で…、何故かお偉いさんが、猫だったりします。

 

会長のクーロ=チャン(以下、クーロ):(`・ω・´) ニャフ!

全部一人でやる、サクーシャ=チャン(以下、サクーシャ):は、はい! ボカロットの準備、整っております!

社長のベイビー=チャン(以下、ベイビー):ヾ(*`Д´*)ノ ニャフフ!

サクーシャ:は、は、はい! 輸送ヘリの準備、整っております!

クーロ:ψ(*`ー´)ψ ニャフーン!

サクーシャ:は! これから出発致します!

 

 こうして、最後のゼッケンナンバー09の『サクーシャカンパニー』も、たった一人で全部やる、唯一のスタッフ“サクーシャ”と、ここのボカロット『マネキネーコ』をヘリに積んで、所在不明の場所から、輸送ヘリにて、開催地に向かったのでした。

-12ページ-

 こうして、各チームが、『ネオ札幌クリプトンシティレース場』で行われる『開幕戦 クリプトンシティGP』に集まり、ピットでの調整を行った後、全スタッフを表彰台のサークルまで集め、開会式を行うことになりました。

-13ページ-

<開会式>

 

主催者代表のカト=チャン:それでは、皆さん、事故の無いよう、十分気を付けて…へ…へ…へっくし!

 

 コケーーーー

 

 ソコにいた、ミク以外の全員が、古代のギャグをかました代表のくしゃみで、こけてしまったのでした。

 

 今年のレース、大丈夫かなぁ…

 

(続く)

 

CAST

 

ゼッケン0)メイコ酒蔵株式会社

社長のメイコ:MEIKO

専務のカイト:KAITO

パイロットの咲音ちゃん(18歳):咲音メイコ(メイコとは同名だが別人)

 

ゼッケン1)ナガネギーコーポレーション

社長の初音三久:初音三久

専務のミクオ:ミクオ

パイロットの初音ミク:初音ミク

 

ゼッケン2)ジナラシ組

親方の鏡音以(カガミネ・ユキ):鏡音以

専務の鏡音州(カガミネ・シュウ):鏡音州

パイロットの鏡音リン:鏡音リン

パイロットの鏡音レン:鏡音レン

 

ゼッケン3)タコルカー鮮魚組合

組合長の巡音JIM:巡音JIM

パイロットの巡音ルカ:巡音ルカ

 

ゼッケン4)レーシングチーム・VY(ヴィーワイ)

社長の山刃(サンジン)さん=エキストラ

パイロットのミズキ:VY1

パイロットのアリヤ:VY2

 

ゼッケン5)印種(インタネ)不動産

社長の神威学歩:神威がくぽ

秘書のリリィ:Lily

メカニックの勇気めぐみ:GUMI

パイロットのリュウト:リュウト(ガチャッポイド)

 

ゼッケン6)AHSホールディングス

社長のユキ:歌愛ユキ

専務のテル:氷山キヨテル

専属メカニックのいろはさん:猫村いろは

パイロットのミキ:miki

 

ゼッケン7)アシュグループ

社長の弱音ハク:弱音ハク

他スタッフのネル:亞北ネル

他スタッフのテト:重音テト

 

ゼッケン8)海外用品卸商・フォーリナー

ボスのアン:Sweet・Ann

右腕のアル:Big-AL

メカニックのトニオ:Tonio

パイロットのプリマ:Prima

他の開発チーム:海外ボカロ

 

ゼッケン9)サクーシャカンパニー

会長のクーロ=チャン:クロ(オス猫)

社長のベイビー=チャン:ベイビー(メス猫)

パイロットのサクーシャ=チャン:???

 

その他:エキストラの皆さん

説明
☆今回より、新シリーズの“Run! Run! Run! ボカロット猛レース!”です。キャラも多めで、一応ロボレース&探偵物ですが、相変わらず色々なテーマを詰め込んでます。娯楽物とお考え頂いて、お楽しみ頂ければ幸いです。

☆皆さん、毎日寒いですね。風邪などひかないように、ご自愛くださいませ
☆まぁ、これからは暖房をつけて、部屋におられる機会も多くなりますので、ボカロ小説でも、どうですか?

○ボーカロイド小説シリーズ第14作目の” Run! Run! Run! ボカロット猛レース!“シリーズの第1話です。

☆今回はやったことがなかった“レース”物です。
☆主人公はミクさんに思えますが、さてはて???

☆今回も宜しくお願いいたします。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
430 427 1
タグ
Vocaloid 初音ミク 鏡音リン・レン 巡音ルカ 年長組 インターネット家 AHSボカロ YAMAHAボカロ 海外組 亜種 

enarinさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com