真・恋姫†無双魏√EDアナザー 外史の統一者2-10
[全8ページ]
-1ページ-

多くの旗が翻る、曹・袁・袁・劉・馬・孫・公孫・・・それぞれの牙門旗が翻る。

 

かつてはその全てを推し貫き通した二つの関。その一つ水関に一刀は立っていた。

 

現在一刀と共に水関にて待ち構えているのは。

 

「敵さん随分な数がいよるなぁ・・・」

 

「なに・・・私たちはこの関を守ればいいだけですよ・・・違いますかな?」

 

「その通りだ、ここを通してもまだ虎牢関があるが一刀と詠には策があるようだしな」

 

霞、星、華雄の3人の女傑

 

その策を一刀が話した場面を振り返る

 

 

 

「それじゃあ水関の守りは霞、華雄の二人にお願いするわね?虎牢関は星と恋に頼むわ!・・・一刀のほうは策の進行具合はどう?」

 

それを尋ねるの筆頭軍師の詠

「そうだな・・・隠密を放ってから一月、そろそろ効果が出始めている頃合じゃないかな?

ちょうど入れ違いのように風潮が広がるようになっているから多分まだ彼女達はしらないと思うよ?だから進行度は6割といったところかな」

 

答える一刀はどこまでも冷静を装う。

 

「そう・・・他にこれといった議題がある人はいる?」

 

「あぁ・・・一ついいかな?」そう軽く言ってから

 

「俺と星を水関の配置にして欲しいんだ」

 

「「「「な!?」」」」

 

彼女達を吃驚させる。

 

「その理由を聞いていいかしら?」

 

「あぁ、その前にだ星?」そう言って

 

「なんですかな?」

 

「星は前に公孫?殿のところに居たと言っていたね?その時に他にめぼしい人がいたんじゃないか

な?」

 

「・・・・そうですな、確かに私は伯珪殿のところにおりましたな・・・めぼしいと言うのは今は

啄県の領主である桃香殿・・・劉備殿のことでありましょうか?」

 

「うん、真名を許す間柄なんだね、安心した。詠、これが理由だけど・・・?」

 

後は言わなくても詠なら分るよね?という意味合いをこめて詠を見ると

 

「むぅ〜ねねにはよくわからないのです・・・説明しやがれです!」

 

ねねが両手を突き上げて主張、それに苦笑を見せて説明しようとすれば

 

 

 

-2ページ-

 

 

 

「言わなくていいわよ、一刀・・・この程度分らないようじゃ軍師失格じゃないのあんた?

・・・それはさておき分ったわ・・・任せていいのね?一刀」

 

「なんですと〜〜〜」「・・・・・ねねうるさい」(コツ)「恋殿〜〜〜」

 

といういつもの掛け合いを横目で見つつ

 

「あぁ、星が真名を許すならば相当の人・・・ならば話は通せるさ」

 

そう言ってまじめだった顔をニコっという効果音付で破顔させた。

 

「あぁ、うぅ・・・そういう笑顔は策が成ってから見せてよね!」

 

 

 

そんな風な軍議で付いてきた一刀は

 

「俺の知る限りでは前曲は劉備さんと公孫?・・・ならば星を」

 

とブツブツ呟いている。そんな呟きを尻目に

 

「御使い様!敵本陣に動きがありました!」

 

そう言われ戦場に目を移せば。

 

(だいたい同じ布陣だね・・・これならいける・・・か?)

 

そんな期待を一刀に生ませていた。

 

そして同じだから起こる問題もある・・・劉の旗の元から関と張の旗を翻し・・・

 

関羽・張飛の両将軍が水関の前までやってきて・・・

 

「猛将と呼ばれた華雄よ!貴様は我等に討って出てくることすら出来ぬ臆病者か?くやしければそ

の姿を関から出してみてはどうだ!?それすらも出来ぬか?愚鈍な亀が!猛将というのはどうやら噂の一人歩きだったと見える!それとも貴様は自身の武を自らで吹聴して回ったのか!?どうした華雄!こうも言われて出てこぬとは私の言葉が的を射ているのであろう!?図星を突かれ慌てている様が目に浮かぶわ!」

 

華雄をおびき出すための挑発作戦・・・案の定

 

「あいつらあぁぁぁぁ!」

「あかんで、華雄・・・悔しいのは分るが行ったらあかん!あないなもん見え透いたやっすい挑発

やん!」

 

「そうだぞ華雄・・・ここを抜くために愛紗達は必死なのだろう・・・討ってでさせないことには

ここの守りは彼女達には堅いからな」

 

「う・・ぐぅ・・・・」

 

(あぁ、やっぱこんな感じのやり取りだったんだ)

 

 

-3ページ-

 

 

 

そう客観的にみてしまうのは何故だろうか。そうして耐える華雄に対して・・・止めといわんばか

 

りに呉王・・・現在は袁術の食客、孫策が姿を現した。その姿を見て華雄は怒り、

 

「負け犬の華雄よ!今度も我が孫家に勝利をもたらしてくれるものよ!早く出てきてその頸を置いていってはくれまいか?我が母孫堅にくれたように私にも勝利を渡してもらおう!此度も背を見せ逃げ惑う様を私に見せてくれ!」

 

その挑発で華雄が切れた・・・

 

「うがーーーーー!我慢ならぬ!止めてくれるな張遼・趙雲!私はこうまで言われて我慢などできん!皆のものよ!」そこまで語った時に

 

「打って出たいかい?華雄?」

 

静かに一刀が口を開き語りかけた

 

「!・・・いいのか?一刀!」

 

「うん、いいよ?」

 

その言葉に

 

「な!一刀!どういうつもりや!?」

 

「一刀殿!?どうなされました!?」

 

「流石一刀だ!」

 

二人が呆れ一人が歓喜した

 

「けど華雄?その前に少しだけ俺の話も聞いてくれないか?」

 

「・・・なんだ?」

 

はじめの歓喜もどこへやら、その気持ちはすでに戦場へと向いてしまっている。

 

「うん、俺はさ?華雄の武をきっとこの場にいる誰よりも信じてる自信がある。だから華雄が猛将

華雄として勝つために打って出るというなら・・・そこには何かしらの理由があるのだろうから止めない。」

 

その言葉に居心地の悪さを華雄は見せる。

 

「そしてだよ?華雄・・・君は今から勝つために打って出るのかな?それとも・・・自らの武を馬

鹿にされたのが悔しくて出るのかな?」

 

「・・・!貴様に・・・武官でない貴様に私の気持ちなど『分らないとでも言うのか千

影!』!?・・・なにを・・・」

 

 

-4ページ-

 

その声は震える

 

「俺は確かに武官とはいえないかもしれない、兵を率いてはいるけど個の武ではこの場にいる3人の

誰よりも弱い。だからそこまでの誇りなんてないし・・・弱いといわれればそれは真実だ。だけど

だ千影!信じている武を!お前を馬鹿にされて俺が悔しくないとでも思ったのか!?どうなんだ千影!」

 

「!?・・・あ・・・く・・ぅ・・・」

 

華雄は何も口に出せない、声をあげるところでその全てを飲み込まざるおえない。

 

その華雄を・・・一刀は抱きしめた、その耳に自分の胸が当たるように包み込んで。

 

「何が聞こえる?千影」

 

それは誰しもが持つ音色

 

「・・・心臓の音が・・・」

 

「うん・・・ねぇ?千影、敵の声はこうしていたら聞こえる?」

 

それは何千という兵を動かすただ一人の声

 

「・・・心臓の音だけこうもはっきり聞こえたら・・・他の音は聞こえんな」

 

「よかった、それでだよ千影?君は外にいる敵にその武を認めさせたい?」

 

その声は

 

「・・・あぁ、悔しい、私の武を・・私自身を傷つけられていくようでだ・・・」

 

「けどさ千影、霞や星、恋に詠、ねねそれに月、兵達何よりも・・・俺が認めているだけじゃ足りないか?」

 

その何千をも動かす声は

 

「・・・私の武は私の全てだ・・・それを侮辱されるのは耐えられん・・・」

 

「その千影の全てを俺は信じている」

 

今ただ一人のために

 

「・・・すまなかった・・・頭に血が上っていたようだ・・・張遼・趙雲・・・二人にもすまない、迷惑をかけた」

 

その声を受けたたった一人の彼女は

 

「・・・ま、一刀に感謝するんやな。出て行ってたら確実に敵の策が待っていた筈やから」

 

「私ももともと・・・武人としてその感情は些かとしておかしな物では有りませんからな」

 

「・・・あぁ・・・もう大丈夫だ」

 

静かに静かにその戦意を押し込めた。闘争心のみをその目に宿したまま。

 

「じゃあ華雄?少しだけ逆襲といこうか」

 

そんな雰囲気を壊すように一刀は笑う

 

「あの関の前にいる人たちに言ってやってほしいことがあるんだ」

 

その笑顔はとてもにこやかで

 

「・・・どんなものかによるが・・・私でいいのか?」

 

「あぁ、華雄じゃ無いと駄目なんだ!」

 

とある世界の覇王と呼ばれた少女の会心の笑みによく似ていた。

 

 

-5ページ-

 

 

「うにゃ?愛沙〜関の上に誰か立っているのだ」

 

「なに?」

 

「・・・華雄は出てこないし何か嫌な予感がするわ・・・」

 

その華雄は関の最上部に立ち下を見下ろす

 

手には一刀に書いてもらった文を携えて(ようはカンペですね)

 

「連合の諸侯どもよ!あらぬ噂に踊らされている愚か者どもよ!」

 

その出だしに関の下にいた3人は呆気に取られる。いや、まさかあの華雄が真っ向から出て来ず、こ

 

のように口頭で挑んでくることなど、孔明でも読めはしなかっただろう。事実読めていなかったか

 

らこそ華雄が口頭で演説紛いなことをしているのだから

 

「我が武への挑発の全てを許そう、我が武は貴様らではなく、ただ私が守るものが認めていればそれでいいのだから!そしてそれだけの数で寄せ集まらなければこうして戦端を開くことすら出来ない貴様等に同情しよう!そして戦端が始まってみればどうだ!?貴様等は関の前でその高き壁に絶望し負け犬のようにわめくことしかできぬではないか!そのような弱卒はいらぬ!もしまだ正義として己が力を振りかざす勇気が残っているのならば、その総力を持ってこの水を抜いてみるがいい!出来るものであればだがな!」

 

そう言って身を翻し関の上からただ黙って身を引いた。

 

戦場は驚愕の沈黙から・・・憤怒への沈黙へと変わる。

 

関の前にいた3人も正気には戻ったものの・・・

 

「あれは私の知っている華雄じゃ・・・ないわ」

 

「猪と私も聞いていたのだがな・・・」

 

「何かよくわかんないけどすごかったのだ・・・」

 

三者三様の感想を漏らし・・・

 

「これじゃあそっちの策は見直しでしょうね、一旦戻りましょう?

 

「あぁ・・・」「わかったのだ」

 

3人は撤退を余儀なくされた。

 

 

-6ページ-

 

 

慣れない演説を終えた華雄を待っていたのは一刀の抱擁と言葉だった。

 

「お疲れ様華雄!こんなに見事に決めてくれるとは思わなかったよ!流石だね!」

 

その一刀の顔は満面の笑みその表情に華雄の顔もついつい緩んでしまう

 

「あぁ、一刀が大部分を書いてくれていたからな。おかげで助かった。・・・それに心も少し晴れ

た、礼を言う」

 

「ええねぁ華雄・・・今日一刀独り占めやん」

 

「まぁあぁでもしないと華雄が収まらなかったのも事実ですが」

 

「・・・ウチも吶喊しようとしたら一刀にあぁしてもらえたんかなぁ」

 

「・・・一刀殿の気苦労を増やすのは良くは無いですが・・・私もその意見には賛同します

よ・・・」

 

そんな二人の会話が耳に入りばつが悪そうに頭をかきながら華雄から離れた一刀は

 

「けど、おかげでなんとか事が上手くいきそうだ・・・ありがとう華雄」

 

改めてくる礼に

 

「私こそ・・・あそこで止めてもらわねばどうなっていたか今考えればゾッとする・・・」

 

そう言ってお礼を返す・・・だからこそ

 

「じゃあみんな・・・この水関であと1週間程持たせよう?そうすれば・・・上手くいくはずだか

 

ら!その時には星!ちょっと張り切ってもらうよ?」

 

「っは!」

 

「ウチは〜?」

 

「霞はもうちょっと後になるんだ、ごめんね?」

 

まぁええけど〜という霞に苦笑を一つ。そんな皆を見回して一刀は小さく呟く

 

「正義は誰の手の中か・・・てね」

 

一刀を筆頭とした董卓軍は士気の高さと錬度の高さ、そしてこれからの敵の稚拙な攻めによってこ

 

の一週間を無事に耐えぬくのである。

 

-7ページ-

 

 

−side連合軍−

 

 

「なんなんですの!?あの無様な負けっぷりは!」

 

そう叫ぶのは金髪の超クルクルヘアーの袁紹

 

「分っているんですの?劉備さん!公孫?さん!先陣を切ったあなた達が初日に何も出来なかった

所為なんですからね!?」

 

それはかなり無茶なんじゃと周りにいるある一人を除いた全員が思うが

 

「確かにそうじゃの?孫策?お前も初日にいったそうじゃがそれでも何も出来なかったのじゃな?これだから無能は困るの!」

 

その言葉は金髪のちょっとだけクルクルヘアーな袁術・・・その言葉に孫策が下唇を噛み切る勢い

 

で噛み締める

 

「全く皆さん無能ですこと!そうは思いません華琳さん?」

 

その言葉に弱冠どころでなく辟易としながら

 

「そうね・・・」

 

肯定の意を示すと

 

「そうでしょうとも!えぇ、そうでしょうとも!おーっほっほっほっほっほ」

 

馬鹿笑いが響く

 

「十分休んだとは思いますし、劉備さん?公孫?さん?あなた達が明日はまた前曲を勤めなさい!

 

今度は失敗は許しませんことよ?おーっほっほっほっほっほ」

 

かたや頭を抑えて呆れ顔、もう片方は「朱理ちゃ〜ん」と涙声をあげる

 

彼女達は気づいていない。

 

真綿で絞められるようにその頸がじわじわと窮屈になっていることを

 

そして同時に彼女達は気づいていない。

 

彼女達の何人かの領地から、急ぎの伝令がいまここ洛陽へ向かっていることを。

 

その知らせが・・・彼女達にとってのカウントダウンだということも。

 

 

-8ページ-

 

−あとがき−

 

そんなわけでこんな感じの内容でお送りしました。

 

基本的には戦闘は極力回避、ただひたすらの専守防衛です。

 

また華雄さんにここで死んでもらうわけにはいかないのでものすごい勢いで彼女を守り抜く一刀君

 

の姿がw

 

今回の話で話せることはもう殆ど無い・・・のかな?

 

続き物ですから下手したらネタばれになってしまいますからね^^;

 

そんなわけでまた友人からの質問に答えてみたのを晒します(いらない?)

 

1、安貞についたチートってなによ?:あまり本編では一刀君が刀を使いませんが(使わないように

しているのですが)この安貞には洞賓さんからちょっとしたチートが設定されています。それは「決して刃こぼれすることが無い」お手入れ無用!ただそれだけ!正直な話手入れの描写とかどうすっぺかな?っという思案の末こうなりました。ちなみに刃こぼれしないだけです。恋とか華雄とかの一撃を真っ向から受けたら・・・折れます。それはもう完膚なきまでに折れます。刃こぼれしないだけで耐久力は普通の刀ですから!

 

2、ここから仲間増えんのかよ?:大人しく見とけよ^−^

 

3、美羽ちゃん√まだぁ?:だから大人しく待ってろよ^−^

 

4、何故3姉妹を加えなかった・・・何故だ!:入れ様かどうか悩んだんですけどね、ある描写をやりたいがためだけに彼女達は魏にいてもらっています。仲間に入れるとしたら黄巾との戦いのときに彼女達が移動中だった、それを守るために全軍で突撃を仕掛け別働隊が〜という話まで考えました。出来れば彼女達を分かれて仲間に引き入れたりとかもしたいのですが・・・文才ってなんですかorz

 

2と3への返事があれですが友達(サークルメンバ)への返事ですのであしからず。

 

それでは今回はこんなところで。

 

・・・ところでですがこのタイトル長かったり見難かったりしませんか?

 

真・恋姫†無双魏√EDアナザーとかもういらないんじゃね?とか友達に言われたので

 

ちょっとアンケートを。

 

1、このままのタイトルでいいよ!

真・恋姫†無双魏√EDアナザー 外史の統一者○−○

 

 

2、このままのタイトルでけど外史の統一者2−2とかを外史の統一者・董卓√2に変える

(各ルートを表示するようにしなおす)

真・恋姫†無双魏√EDアナザー 外史の統一者○○√2

 

3、前部分とっぱらって外史の統一者2−2とかだけでおk

外史の統一者○ー○

 

4、前部分取っ払って外史の統一者・董卓√2に変える

外史の統一者○○√2

 

5、新しいタイトル1から考えやがれこのダメ作者

(思い浮かばないよ!)

 

答えてくだされば喜びます。それではまた次のお話で!

 

説明
ついに開戦です!しかし戦らしい戦はしません!
理由は有りますが・・・ゴニョゴニョ
多くは語れません!
では!お楽しみいただければ幸いです
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
79605 42440 381
コメント
刀のチート能力が正直微妙では…。(ロックオン)
朱理ではなく、朱里では?(劉趙)
「これじゃあそっちの策は見直しでしょうね、一旦戻りましょう?の文に”」”が抜けています。(劉趙)
華雄かっこいいな!!(零壱式軽対選手誘導弾)
華雄が生きているということはよいことだ^^(零壱式軽対選手誘導弾)
いや〜あの演説はかっこいいっすね!(BASARA)
うにゃ?愛沙〜関の上に→愛紗(XOP)
そして戦端が始まって→「戦端」は『戦いの糸口』なので「始まって」よりも『開いて』のほうがよいのでは?(XOP)
華雄が生きているならもうけものです。ん〜1?(りばーす)
YOROZU様:華雄生存を喜んでくれる人は大歓迎です(ナニ アンケートも感謝です!(sion)
ブックマン様:アンケート感謝です!この√で華雄を殺すわけには行きません!(sion)
andou kiyohiko様:アンケート感謝です。続きはあまり期待せずハードル下げてお待ちくださいw(sion)
メル様:・・・恋・・・だと・・・?アンケート感謝です!(sion)
竹師様:アンケートお答え感謝です!集計しました!(sion)
華雄が生きててよかった〜、3ですかね(YOROZU)
4でお願いします。華雄が生きててよかったよ。今回一番いい思いをしたのは、華雄ですね。(ブックマン)
2でお願いしたい・・・続き期待!(atuantui)
・・・・・・・・・・・・・・2(いずむ)
2でお願いします(竹師)
キラ・リョウ様:華雄は生きていなきゃダメですよね!原作の扱いで泣きそうです・・・アンケートも感謝です!(sion)
フィル様:アンケート感謝です!華雄はちょっと抜けつつもかっこよくあって欲しいですw(sion)
華雄は僕も死んでほしくないですね。  アンケートの答えはそのままでもいいと思うので1で。(キラ・リョウ)
解りにくくなるので1w カンペありってのにちょっと頬が緩みますけど、水関の上に立った華雄はかっこよかったですwww(フィル)
@@様:一刀君はあれをナチュラルにいきますからね。書いてて楽しいですwアンケートも感謝ですよ!(sion)
brid様:アンケートお答え感謝です!5は・・・うん、私にネタを下されば(ナニ(sion)
かなた様:華雄がカッコいいと言って貰えるととても嬉しいです!頑張らせていただきます!(sion)
ふじ様:毎回読んでいただきありがとうございます!ご飯粒のくだりでお茶でむせこみましたw(sion)
ああいうこと(4Pとか6P)やるから一刀は種馬とか言われるんだよなぁ。 アンケートは3+4で外史の統一者○○√○―○がいいです。できればサムネに全部表示される方が分かり易いですから。(@@)
5は絶対言っちゃダメでしょう僕は1です(brid)
華雄がちょうかっこいい…すごいですねこれは!次回がめっちゃ気になるです(><)(かなた)
毎回楽しく読ませて頂いてます。><b(ふじ)
ご飯食べながら読んでて、 『大人しく見とけよ^−^』 でご飯粒が画面に直撃した。(ふじ)
弐式様:応援コメ感謝です!頑張らせていただきますw(sion)
yosi様:種馬パワーwむしろ今回は知識と○○の性格を・・・(むぐ〜〜〜!?(sion)
つよし様:繰り返しながらの人じゃないですか!コメ感謝です!アンケートも・・・不安な言葉もありましたが感謝ですよ!(sion)
楽しみにしてます!続き頑張って!(弌式)
狐狗狸様:アンケート感謝です!これからもよろしくです!(sion)
種馬パワーで劣勢を覆せるのか、wktkしながら次回を待ちます(yosi)
やっと読めました!読む暇がない状態で、どんどん作品が増えていましたが、やっと作者さまの話を読めました!一刀かっけええええええ!これからも楽しみにしています!アンケートは5……いや、1でいいですよ!?(つよし)
1のままで良いと思いますよ?私は(狐狗狸)
XOP様:あぁそこの部分はハムと読んでくださ・・・すみません修正します。お恥ずかしい限り。(sion)
クォーツ様:アンケート感謝です!外史の統一者で認識されているのですねw(sion)
誤字・・・というか公孫サンの牙門旗は「公」ではなく「公孫」です(XOP)
1か3”外史の統一者”が大事 次作期待(クォーツ)
cyber様:アンケート感謝です。ここで負けたら色々不味いですからね・・・まぁ(むぐ!?(sion)
1でお願いします。さて本編の方も山場の架橋に差し掛かったあたりですかね。続きが楽しみです(cyber)
セイン様:不穏なgはやめてーーーーwアンケート感謝です!明後日の夜くらいまでが締め切りの予定(sion)
じゃあg・・・4で行きましょう!シンプルイズベストかつ解りやすく!(セイン)
ルーデル様:アンケートお答え感謝です!ここではじめて3・4がきましたね!どれになるのか・・・(sion)
3か4かな〜?わかりやすいし(ルーデル)
cheat様:アンケート感謝です。私は5以外ならどのタイトルでも!(ネタが無いんです)(sion)
もっさん様:アンケートお答えいただき感謝です。!(sion)
タンデム様:アンケート感謝です!刃こぼれしないだと正直そこまででもないです。耐久値は変わらないので調子に乗って人切ったり一騎打ちとかするだけで折れるくらいには・・・(sion)
ティリ様:門が開けられないとあそこはなかなか抜けないですからねぇ。人がいるだけ邪魔になるというw(sion)
Poussiere様:ところが金属疲労とかは普通に溜まるという・・・あくまで「手入れが要らない刀」の域はでなかったり。(sion)
Poussiere様:報告感謝です!決め台詞でミス痛いです・・・修正しました。(sion)
本郷様:アンケート感謝です!1と2のどちらかになりそうですね。(sion)
んー、1か2でSionさんのお好みで (´・ω・`)ゞ(cheat)
混沌様:その不穏なgは一体!?アンケートお答え感謝ですw(sion)
リシャール様:修正しました。人の名前のミス多すぎですよねorz(sion)
munimuni様:アンケートお答えありがとうございます。さてどれだけ票がはいるかw(sion)
んー・・・・・1で良いと思うかなー? そっちのほうが分かりやすいですし。 刃こぼれしない刀・・・・うまく受け流せば最強ですよねww  さて・・・・かなり展開が面白くなってきた! 愉しみです^^w(Poussiere)
ティリ様:報告ありがとうございます、修正しました。(sion)
1のままでいいんじゃないでしょうか(もっさん)
誤字報告 5p目 【ぞの】総力を持ってこの水を抜いてみるがいい!出来るものであればだがな!」 ぞの?  その、の間違いなのかな?(Poussiere)
2でお願いします。にしても、刃こぼれしない刀って実質最強じゃありません?まぁそれなりの腕を持っているという前提条件ですが・・・。(タンデム)
タイトルは今のままで覚えちゃったのでこれでいいかとー 連合も門が開かないとただのヒトの塊ですねw(ティリ)
誤字報告 2p目「そうだぞ華雄・・・ここを抜くために【愛沙】達は必死なのだろう・・・討ってでさせないことには 愛紗の間違いですね。(Poussiere)
1でいいと思いますよ^^(本郷)
あえてのg……2で(笑)(混沌)
誤字 桃花ではなく桃香です。(リシャール)
誤字? 1p一刀を詠 一刀と詠 かな?(ティリ)
タグ
北郷一刀 真・恋姫†無双 恋姫無双    外史の統一者 華雄 

sionさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com