IS?英雄束ねし者? 3話『青い雫と青き勇者』
[全1ページ]

(なんだ、あれは!? 七星天剣流だと!? そんな流派など聞いた事は無い!?)

 

 秋八に解放されながら箒の心には憎悪が溢れていた。……これで二度目だ。自信が有った筈の剣道で此処まで徹底的に負けたのは。一度は剣道の全国大会でのあの少女……二度目は四季にだ。

 当然ながら、彼女もこれまで何度も負けているが、年上が相手だったり、同年代では自分よりも強かった一夏や秋八くらいなものだった。

 特に同年代が相手では一夏や秋八にも何回かに一回程度ならば勝っている。だが、ここまで徹底的に負けたのは……同年代が相手では箒にとって二度目の経験だった。

 

「大丈夫かい、箒」

 

「あ、ああ、すまない、秋八」

 

 そう言って秋八から差し出された手を取って立ち上がる。同時に湧き上がってくるのは、彼の前で無様な姿を曝させた四季に対する憎悪、それ以前にも慰められたものの秋八からの優勝の祝福を奪った彼女への憎悪。

 何処か四季と詩乃の関係とは逆の関係が見て取れる秋八と箒の関係だが、

 

「安心して、箒の仇はボクが取ってあげるからさ」

 

「本当か!?」

 

「ああ、あいつの技が見れたのは幸いだったよ」

 

 そうは言った物のあの技『回羅旋斬』の一部しか見れなかった。……理由は簡単、早すぎたのだ。

 

(だけど、対策は出来るはずだ。それにISでの戦闘は幾ら剣術だけ強くても意味が無い。……でも、そうなると遠距離型の武器が……。いや、きっと此処で神様がくれたISが手に入るはずだ、どの機体が来ても遠距離攻撃は出来る……)

 

 そう考え、急いで四季との戦いのシミュレーションを始める秋八。見下してはいても四季が油断できない相手と理解したのだろう。

 

(逆に考えるべきだ。……束さんの妹である箒に勝ったあの屑をぼくが公衆の面前で叩き潰せば、ぼくの才能を周囲にアピールできる。……そうだ、所詮アイツはボクにとって単なる踏み台。踏み台はある程度高い方が良い)

 

 嬉しそうに微笑む箒に対して笑顔を向けながらも、心の中ではそんな事を考えていた。思いを馳せるのは用意されるといわれている専用機の事だ。

 

(あの屑の専用機がどんな物かは知らないけど……“リ・ブラスタ”や“バルゴラ”なら十分に勝機はある。“ガンレオン”は趣味じゃないから止めて欲しいけど)

 

 思い浮かべる三つの名前。

 

(……それにしても、なんで最初から決めさせてくれなかったんだろう……神様は)

 

 

 

 

 一方の四季は、

 

「本当にごめん!」

 

「それなら仕方ないわね」

 

 事情を説明して何とか許して貰った様子だった。代わりにその日のデートの荷物持ちと財布役を引き受ける事になった訳だが、その程度は何一つ苦に思っていない四季であったそうだ。四季曰くデートで金を支払うのは男の役目、らしい。

 

 

 

 

 

 

 クラス代表決定戦、一夏と秋八の専用機が届いたらしい搬入口に何故か四季も連れられていた。

 

「なあ、箒……」

 

「うん、多分ボクも一夏兄さんと同意権だと思うよ」

 

「なんだ、一夏、秋八?」

 

「思い返せばハードなトレーニングだったな……」

 

「うん、この一週間ずっとね」

 

 秋八と一夏が思い浮かべるのは此処一週間の訓練……箒が乗ったタイヤを引っ張りながらランニングしたり、腕立て伏せしたりと……

 

「ああ、二人ともよくやった」

 

「お蔭で体力は付いたぜ」

 

「うん、ばっちりとね」

 

「そうか、それは何よりだ」

 

 そんな箒と一夏、秋八の会話を聞いていて大事な事が欠けている事に気が付く。

 

「ISの事何もしてないな」

 

 四季の呟きに反応してかジト目を向ける一夏と苦笑を浮べる秋八。

 

「肝心のISの事を教えてくれる話はどうなったんだ?」

 

 一夏の言葉に目を背ける箒。

 

「ご愁傷様」

 

「しっ、仕方ないだろう、秋八も一夏もISが無かったのだから!」

 

 哀れみの篭った四季の言葉にそう叫ぶ箒だが、

 

「大体、そう言うお前はどうなんだ!?」

 

「……一週間毎日専属の教官付きで訓練してたな。DEMの施設にはアリーナも有るし」

 

(……流石に羨ましい)

 

(……こういう時、あいつの立場は羨ましい)

 

 四季の言葉にそう思いたくなる一夏と秋八だった。……そもそも、自宅通学な分、IS関連の施設を自由に利用できる四季との差を知ってしまった瞬間だった。

 

 そんな会話をしていると真耶が慌てて走ってきた。どうやら、二人の専用機が届いたらしい。

 

 何故か三つ並んでいるコンテナの内の二つ。その中に存在する白と黒の同型機。一夏の専用機の『白式』と秋八の専用機『黒式』。

 

(っ!? 神様からの転生特典じゃない!? どう言うことなんだ、スパロボZの主役機のどれかを貰える筈じゃ!? いや……神様は条件を満たせって言ってたけど、条件を満たせなくても最終的には1つは貰えるって……)

 

 白式に魅せられている一夏を他所に、与えられた専用機の黒式を前に秋八は内心でそんな事を考えながら動揺していた。

 

(……一応、対戦相手なのに見せていいのか? まあ、興味は無いけど……)

 

「待て!」

 

 そう言って立去ろうとする四季を千冬が呼び止める。彼女の言葉に反応して四季が振り向くと三つ目のコンテナが開く。

 

「お前には専用機がある様だが、そんな物は要らん。私が無理を言ってお前の専用機も倉持技研に用意させた。初期設定では有るが、男子たるものこの程度の障害、乗り越えて見せろ」

 

「いらねえよ、そんな欠陥品!」

 

 流石にキレて思いっきり怒鳴る四季の図。……最近義父から聞いた『日本代表候補生の専用機が凍結になった』と言うのはこれが原因だろう。……白と黒のカラーリングがされたISを指差しながらそう叫ぶ。

 

「け、欠陥品だと!? それにも私の……」

 

「あんな欠陥武器しか装備してない欠陥機を欠陥品と呼んで何が悪い!」

 

 そもそも、妙な曰くしかない機体など必要ないと斬り捨てる。……四季にしてみれば、未だに欠点を少しも改修出来ない物は欠陥品だ。たとえ、それがかつて織斑千冬を世界最強足らしめたものであったとしても、だ。

 

「……付き合いきれない、山田先生、オレが先に行きます」

 

「え!? あっ、ちょっと……五峰くん!?」

 

 米神を押さえながら心の中で日本代表候補生に謝りつつ、真耶にそう断ってカタパルトへと移動する。

 

 腕にある鳥の装飾を持ったブレスレット。

 

「……行くぞ、ヴレイブ」

 

 『勇気』の名を持つ己の専用機を身にまとう。かつてコンプレックスを抱いた友人の一人を象徴する『勇気』の名に、もう一人の友人を象徴する青を纏った己の専用機。背中に広がる翼と全身を包む|全身装甲《フルスキン》の専用機。あの日誓った彼女の為の勇者になると言う決意を込めた名を持つそれは、

 

 

 

 

 

 

 カタパルトから飛び出した四季が空中で一回転し、シールドとライフルを構えながら翼を広げる。

 

「システムオールグリーン。……『Hi−νガンダム・ヴレイブ』起動」

 

 勇気の名を持ち、異世界の勇者達の名を与えた機体、 『Hi−νガンダム・ヴレイブ』

 

 青と白に彩られた装甲と、ガンダム達……特に四季の訓練に最も多く付き合ってくれたガンイーグルをモデルにした一号機『νガンダム』を経て完成した四季の専用機Hi−νガンダム・ヴレイブ。

 ガンダム達をモデルにガンダムの名を与えられたそれを使いこなす為の訓練、第三世代機の中でも最上位に位置すると言う自負がある。

 

「……四季さん、ですの?」

 

「ああ、そうだ。|全身装甲《フルスキン》で分かり辛いだろうけど」

 

 

『と、突然ですが、対戦カードをセシリア・オルコット対織斑一夏から、セシリア・オルコット対五峰四季に変更します』

 

 

 慌てて響き渡る真耶のアナウンスが響き渡ると歓声が沸きあがる。対戦カードが変更になった。奇しくも対峙しているセシリアの専用機の名は『ブルーティアーズ』。同じ青をその色に持った機体。……そして、ヴレイブにとって最も近い機体だ。

 

(セシリアには悪いが、DEMのデモンストレーションには丁度いいか)

 

 Hi−νヴレイブを飛行させ、そんな事を考えながらセシリアと向かい合う。

 

「お互いに準備は整った、はじめようか」

 

「そうですわね」

 

 そう言う彼女の目には真剣な色……何処か必死さが写っていた。譲れないものを背負っているのは……四季との試合に限定すれば彼女も同じだ。

 

「……ところで、私との約束は覚えてらっしゃいますか?」

 

「あの日の事を君が勝ったら教える。だろ?」

 

「ええ、それでは……」

 

 大切な初恋の思い出。その相手に繋がる情報……あの時の『騎士王』の面影がある四季ならば、彼の事を知っている……もしかすれば、本人では無いかと言う考え。

 もう一度会いたい……あの時のお礼も、伝えたい思いもある相手へと繋がる手かがりの掛かった試合なのだ。

 

「勝たせてもらいますわ!」

 

 セシリアはそう宣言する。その一方で四季が意識を向けるのは己のデジヴァイスの中に居るパートナーデジモンのギルモンだ。

 

(思えば、あの時……エルガとの戦いの時に、オレもあいつ等に遅れて……完全体以上への進化が出来たな。だけど……)

 

 エルガとの戦いの中で出来た、ある意味では異質でイレギュラーな進化。だが、そのエルガとの戦いの中で、エルガを倒す為の手段が……同時にギルモン自身のデジタルデータを蝕んでしまった。

 暗黒進化以上にダメージを与えてしまった結果……幸いにも命こそ助かったが年単位でのデータの回復を余儀なくされてしまった。……下手に進化させようものならばデジタマに戻る事さえ出来ないだろうと宣告されてしまった。

 

 四季にとってヴレイブと言う力はデジモンに変わる戦う為の力。パートナーを二度と戦わせないためにも、詩乃だけの勇者になると誓った誓いを裏切らないためにも、四季は負けられない。

 

「受けて立つ!」

 

 試合開始の合図と共にヴレイブとブルーティアーズ、二つの青は動き出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始の合図と共に打ち出されるレーザーを四季はあっさりと避ける。

 

「っ!? まだですわ!」

 

 その後も彼女の撃つレーザーを続け様に避ける。

 

「なら! 踊りなさい、ブルー・ティアーズの奏でる|円舞曲《ワルツ》で!」

 

「躍らせて貰う、結構クラシックは好きなんでな!」

 

 その言葉と同時にブルー・ティアーズの第三世代兵装であるBT兵器が動き出す。撃ち出されるレーザーの隙間を潜りながら四季はその全てを最小限の動きで避けていく。

 なお、四季としてはクラシック音楽については騎士ガンダム達の影響で聞くようになっていたりする。

 

(……攻撃のタイミング、動きのパターンは)

 

 BIT兵器を使っている際には本体である彼女が動けないことを知っているために彼女自身は無視してBITの攻撃のパターンを記憶していく。攻撃の順番、動きの癖……その中の共通項や相違点を割り出しながら、

 

「面白い物を魅せてやるよ」

 

 全身装甲で頭部まで包まれているが、この時の四季は間違いなく楽しげに笑っていただろう。声にはそんな響きがある。

 

「行け」

 

 ヴレイブの背中にある放熱板と思われていたパーツが外れ、

 

「フィン・ファンネル!」

 

 ブルー・ティアーズの名の由来となったBIT兵器と同じ様に動き出す。

 

「なっ!? その機体にも、私のブルー・ティアーズと同じ「同じじゃないさ、こいつは……発展型だ!」っ!?」

 

 G−アームズからの技術提携で開発・搭載する事に成功した『フィン・ファンネル』。小型化、高性能化が施されているそれは最早別物と言っていいだろう。

 

 敢えて動きを止めてビットから放たれたレーザーをフィン・ファンネルによって作り出したビームバリアで受け止めて防いで見せると、反撃とばかりにブルー・ティアーズのビットと同タイプの武装同士の戦闘へと移行させる。

 

(先ずは1つ……彼女はビット兵器を使っている間は動けない)

 

 セシリアには悪いが致命的だと思う反面、自分もそうだったと思う。はっきり言って熟れない内は仕方ないが、変幻自在と言うレベルで操れないのなら、ガンダム達には簡単に突破されて即座に撃破された経験は一度や二度では無い。

 

 同時に扱えれば中距離射撃型の武装としては良い仕上がりの機体と言えるが、セシリアのブルー・ティアーズの中距離射撃型に対して四季のHi−νガンダム・ヴレイブは全距離対応の万能型、器用貧乏では無く正に最強型と言えるレベルの機体である。

 

「同じ武装相手に負けるわけには行きませんわ!」

 

 まあ、そんな四季の行動が妙にセシリアのプライドを刺激したらしく、余計にやる気を見せるセシリア嬢。

 

「悪いな、こいつは発展型だ、パワーゲート展開」

 

 正面にフィン・ファンネルを三枚配置、バックパックのブースターを全開にしてそん中に飛び込むと、

 

「紅蓮を纏え、ヴレイブ!」

 

「なっ!?」

 

 パワーゲートに飛び込んだ瞬間、更なる加速を纏って真紅に染まったヴレイブが飛び出す。全身装甲の利点……生身の部分を曝して居ない為に急激な加速にも対応し易い。……故に通常のISには無理な無茶な動きにも対応できる。

 

「はっ、早い……っ!?」

 

 ビットで迎撃も間に合わず、とっさに四季を避けるが中距離型のアドバンテージである距離を0にされる。

 

 更に振り向き様に四季の動きに驚愕した一瞬を逃さず動きを止めていたビットを狙いビームライフルのトリガーを引く。

 

「しまっ……」

 

「遅い!」

 

 セシリアがそれに反応するよりも早く、四季の撃ったビームは空中に浮いていた四機のビットを撃ち落す。そして、ビームライフルを収納し本体に接続していたブレードを手に取り、振り上げる。

 

「っ!?」

 

 四季のブレードの一閃によってブルー・ティアーズの専用武器であるライフル『スターライトMk−U』を切り裂く。

 

「ス、スタビライザーでは無かったんですの!?」

 

「ブレードと兼任しているんでな!」

 

 武器を破壊される直前に手放し、爆発に紛れて距離を取るセシリアだが、

 

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!」

 

 四季は爆煙の中に躊躇無く飛び込み、その先に居るセシリアへとブレードを振り下ろす。

 

「甘いですわ!」

 

「っ!?」

 

 そんな四季の狙いを読んでいた様に近接戦闘用の武装と思われるレイピアによる刺突が四季を襲う。急加速をしていた為に彼女の刺突はカウンターの形となり、四季の一閃は大振りになりセシリアに避けられ、逆に彼女の刺突は四季の|SE《シールドエネルギー》を削る。

 

「レイピア……接近戦用の武装って訳か」

 

「ええ。フェンシングは英国貴族の嗜みですわ」

 

 そう答えるセシリアに思わず苦笑いしてしまう。

 中距離型のブルー・ティアーズの接近戦用の武装と言う事でナイフや短めの剣等を予想していたが完全にレイピアとは予想外だった。

 

 何気に元々ブルー・ティアーズの近接戦闘用の武装は四季の予想の範囲内だったが、過去に出会った憧れの相手……真紅と銀の二人の騎士を従えた騎士王の姿に憧れ、フェンシングを学んだり、近接武装をレイピア型にしたりと本来の歴史の流れから外れていたりする。

 

「それでは……参りますわ!」

 

「甘い!」

 

 横に飛ぶ事で突きを避けると、ブレードを振るってセシリアのレイピアを打ち払おうとするが、弾かれた勢いを逆に利用して一回転すると、四季の腰の辺りを狙った一撃が放たれる。

 

「悪いが……」

 

 素早くブレードを背中へと振り払い、完全に不意打ちとなって放たれたそれを虚空へと逸らす。

 

「接近戦はオレの方に部があるな」

 

「ええ、その様ですわね。ですが……」

 

 そう言いながら回羅旋斬の構えを取る四季だが、セシリアは彼の姿を見ながら不敵な笑みを浮かべる。

 

「かかりましたわね? ブルー・ティアーズは4機だけではなく……」

 

「っ!? しまった! ……なーんてな」

 

「ブルー・ティアーズは六機ありましてよ!」

 

 腰の部分に装備していたミサイルの直撃を受け、四季の姿が爆煙に包まれる。それによって誰もが勝利を感心するが……

 

「七星天剣流……」

 

 爆煙を切り裂いて回転させたブレードが巻き起こした竜巻がセシリアへと向かう。

 

「“飛槍突斬”!!!」

 

「キャァァァァァァァァァァ!!!」

 

 ISの持つ完全防御は四季の放った七星天剣流の技の1つ『飛槍突斬』の破壊力から登場者を守ったが、その代償としてSEを失う。されでも完全に衝撃までもは0には出来なかった様子であり、吹飛ばされていく。それと同時に響き渡るアナウンスは、

 

 

《勝者、五峰四季!》

 

 

 セシリアのブルー・ティアーズのSEが0になった事を宣言し、四季の勝利のアナウンスが響き渡る。

 

「な……何故、SEが減ってないんですの!?」

 

「オレのフィン・ファンネルも全部で六機あったって所だな……直撃しなけれゃダメージも少ない」

 

 四季はミサイルの直撃前にフィン・ファンネルをそれを使って防いだと言う訳だ。四季がセシリアへと視線を向けてそう宣言すると、

 

(マズい!)

 

 ブルー・ティアーズが解除され、SEが0になって装備解除されたセシリアが落下し始める。

 彼女が地面に落下する前に、四季は地面ギリギリでセシリアをお姫様抱っこの形になる様に受け止める。

 

(……詩乃に知られたら殴られそうな気が……)

 

 妙にセシリアをお姫様抱っこする姿が様になっているのは、何気に詩乃さん相手に良くやっているからだとか……助けるためとは言え他の女性相手にお姫様抱っこしたと言う事が知られたら殴られそうだな、と思う。

 装甲に包まれた表情はそんな未来を想像して苦笑してしまっているのだが……体制的にセシリアの方へと視線が向かっている為に傍から見れば絵になっている。

 

(ああ……やっぱり、子供の頃に読んだ物語の騎士様みたい……。貴方でしたのですね、あの時の……私の……騎士王様)

 

 セシリアの記憶の中に有る初恋の相手……四季がエルガとの闘いの中で土のエレメンタルの神器を手に入れた戦いの中で彼女を助けた日……彼女にとっての初恋の始まりとなった日と合致する。

 

 四季がピットまで彼女を運ぶと、30分ほどの休憩を挟んで次の一夏とセシリアの試合になるらしい。

 

 

 

 ……まあ、それはそうと……

 

 

 

「やば……フィン・ファンネル壊れたって知られたら司令官に怒られる……」

 

 フィン・ファンネルを盾にしただけとは言え落された事をしられたら、と考えてこの先に待っている未来を想像して頭を抱える四季の姿があったとか。

 

 

説明
この作品はpixivにも、連載されています。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
1734 1635 4
タグ
デジモンアドベンチャー クロスオーバー オリ兄アンチ ヒロインはシノン インフィニット・ストラトス 

龍牙さんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com