二体の魔神皇帝IN艦これ
[全6ページ]
-1ページ-

「・・・いっくんとDeath caprice(デスカプリーズ)コンビが居ない?」

 

「はい」

 

「はいって・・・瑞鶴は何か知らないのか?」

 

「心当たりはあります」

 

「というかDeath capriceコンビとは一体・・・」

 

「この前夕立、時雨と一緒に出撃した子に聞いたあの子達の戦い方の感想からね」

 

今司令室に居るのは瑞鶴、昴、長門、加賀の4名。

話の内容は一夏と最近Death capriceコンビと言われ始めた夕立と時雨が居ない事だった。

 

「それで瑞鶴ちゃん、心当たりって?」

 

「元帥さん関連です。前の演習の時に元帥さんに何か頼まれごとをされていたので・・・

 あの後多分憲兵隊長さんからも何か依頼受けていましたし・・・」

 

「ブラック鎮守府討伐命令かな?」

 

「十中八九それだと思いますよ。夕立ちゃんも時雨ちゃんもメキメキと頭角を現してますし。

 今あの二人に対抗出来るのは多分長門型と大和型や鳳翔さん位かも・・・」

 

(そのコンビに私と加賀は一昨日(前話とは別の演習)ボロクソにやられたのだが・・・)

 

「・・・一瞬ブラック鎮守府が可哀そうに思えちゃったよ・・・はぁ」

 

その頃、Death capriceコンビと一夏(マジンカイザーSKL)はというと・・・

 

「ひっくち」

 

「ぽいっくち!」

 

『何だそのクシャミ・・・』

 

(あはは・・・)

 

伊豆に近い場所にある651鎮守府の近くの岩陰に隠れていた。

 

「で、兄さん如何するっぽい?」

 

「夜に仕掛けるの?」

 

『あの鎮守府には二航戦コンビと鳳翔が居て普段はその3人が空から警戒しているんだが

 どうも雲龍型が一隻着任した見たいでな・・・ブラック鎮守府だから資材はカツカツ

 かもしれんがもしもの事があるからな。ま、第一のプランは時雨の案だ。

 第二に空母達が居ない時を狙うか・・・。雲龍型はまだ錬度が低いからそう問題には

 ならないんだが・・・鳳翔と二航戦が居るからな・・・。採用可能性は低い。

 第3は・・・』

 

「「?」」

 

『ガチンコで仕掛けるかだ。戦艦が居ようがなんだろうがそれが出来る位にお前等を鍛えたつもりだが・・・

 他にも手は有るけどな。ハッキリ言って面倒だ』

 

「あ、二航戦コンビが駆逐艦達と出撃したっぽい・・・(小声)」

 

夕立の一言で夕立時雨は岩の陰に、一夏は海の中に隠れた。

-2ページ-

 

 

 

「ん?」

 

「どうしたの飛龍?」

 

「今あの岩の所に・・・ううん、気のせいだよね。最近精神的に参っているし・・・」

 

「加賀さん赤城さんに瑞鶴、翔鶴が沈んだのは提督の責任なのに・・・ね」

 

「だれか潰してくれないかな・・・」

 

飛龍と蒼龍の愚痴に反応して陽炎型駆逐艦の一隻の時津風がポツリと呟く。

 

「金剛さんや龍田がガッチリガードしてるのに?龍田はやりたくてやってる訳じゃないみたいだけど」

 

「噂だと提督LOVEの金剛さんに天龍さんを人質に捕られているとか・・・」

 

「それ本当?不知火?」

 

「噂程度なのですが・・・それにここ最近天龍さんを見ないんです・・・」

 

その時、別の駆逐艦の一隻が何か思い出したようだ。

 

「そういえば・・・」

 

「陽炎?」

 

「この前○○鎮守府が壊滅したじゃないですか?」

 

「あぁ、それうちも聞いたで。提督や大将達がえらい殺され方されてたりしたアレやろ?」

 

陽炎の言った事に陽炎型駆逐艦の黒潮が反応して彼女の言いたい事を話す。

 

「あの事件って何処かの鎮守府に着任した異世界の者に元帥が裏から討伐依頼を出したって

 ネット上で話題になっているんです」

 

「髑髏の魔神・・・やったっけ?」

 

この会話を聞いて一夏はやっぱり今仕掛けようとアイコンタクトで合図。

夕立と時雨は岩陰から飛龍達に見えるように出て行き、651鎮守府に向って突撃しだした。

 

「あの子達・・・うちの鎮守府の子じゃない・・・。まずいよ!あのままじゃ・・・」

 

飛龍が慌てるが、海から何かが飛び出してきたので、上を見あげる。

 

「ど、髑髏の・・・」

 

「魔神!?」

 

マジンカイザーSKLの出現に咄嗟に連装砲を向ける不知火だが一夏は気にも留めない。

元々彼女達に対して敵意があるわけではない。一夏達の敵はあくまで651鎮守府の提督だ。

 

『そのままじっとして居ろ』

 

其れだけ言うと一瞬で鎮守府敷地内まで飛んでいってしまった。

そして直ぐに司令室のある建物が一部倒壊した。

 

「・・・圧倒された・・・私が?」

 

「ん〜?怖いはずなのに怖くなかったな〜。へんなの〜」

 

「うちらは敵じゃないってことなんやろか?」

 

「かもね。前に潰された鎮守府の艦娘達には一切手をださなかったって言うし・・・」

 

飛龍と蒼龍はやっとこの鎮守府から解放されるのか?と戻りながら考えていた。

 

そしてすでに651鎮守府内では時雨と夕立が暴れまわっていた。

時雨はブレストリガー型のノッキングライフルで651鎮守府の艦娘達を次々と動けなくしていた。

ろくに修復もされていない駆逐、軽巡が多く、重巡、戦艦も出てきたが一夏の厳し過ぎる訓練を

毎日耐え抜いてきた時雨の敵ではない。

夕立も一夏に貰った業物の刀を使い、無双の活躍で艦娘達を峰撃ちで眠らせていた。

 

「歯応えないっぽ〜い」

 

「夕立!」

 

夕立は時雨の言葉で飛んできた砲弾を叩き斬った。

砲弾は海に落ちて爆発、水しぶきが上る。

 

「あら〜、相当の腕の持ち主みたいね〜」

 

現れたのはこの鎮守府所属の龍田だった。

 

「貴方達に恨みは無いけどこのままだと天龍ちゃんが危ないの〜」

 

「僕達も君に恨みはないけど之も任務なんだ」

 

「馬鹿を潰すのが夕立達の任務よ」

 

龍田の表情はとても悲しそうだった。

 

(どうしてもっと早く来てくれなかったの?)

 

と言わんばかりに。二人はそれを見抜いた。

 

「どうせ直ぐに終るさ。天龍を探そうか」

 

「賛成っぽい」

 

「え?」

 

龍田は自分との戦闘をあっさり止めてしまっったDeath capriceコンビの行動原理が分からなかった。

-3ページ-

 

一方司令室では建物が大きく揺れ、『髑髏の魔神が・・・』という通信が入りいきなり途絶したので

提督と金剛は逃げようとしていた。

 

「提督、早く逃げるで〜ス!飛龍達メ、すれ違ったはずなのに足止めにもならなかったみたいでス!!」

 

「クソ!!髑髏の魔神め!!忌々しい!!」

 

司令室の扉を開けたが其処に廊下は無く一体の魔神が浮いていた。

 

「バーニング・・・」

 

ドドドドン!!ドガガン!!

 

金剛が砲撃しようとしたが、砲の部分が一瞬で撃ち抜かれた。

 

「提督に貰った大切ナ装備ガ!?」

 

『外道が・・・』

 

一夏は既に数名の651鎮守府の艦娘から提督と金剛が自らの欲を満たそうと

駆逐艦や軽巡、潜水艦、一部の重巡や空母、戦艦の艦娘達を売春にかけたり

裏で開催されている奴隷オークションに出しては大金を得ているという事実を聞いており、

二人を許す気は全く無かった。

 

さらに司令室のある建物を倒壊させた時に助け出した艦娘達、特に言う事を聞かないからと

目の前で姉妹が競売に掛けられたり男達の慰み者にされる姉妹を強制的に見せられた

姉妹艦や友人の艦娘から『無残に怪我された艦娘達の敵(かたき)をとって欲しい』

と泣きながら嘆願されもした。

ブラック鎮守府の艦娘達にとっては一夏達『地獄艦隊』は早く来て欲しい存在になっている。

 

悪巧みに自ら関わった者達のみを徹底的に排除し、被害者には一切手を出さない髑髏の魔神とその艦隊。

もし逃げたとしても何処までも何処までも追いかけて必ず加害者は地獄に行く・・・と。

 

「た、助けてくれ・・・」

 

『何人の艦娘達がその言葉を言っただろうな?』

 

「そんなの知ったことじゃないで〜ス」

 

『黙れ』

 

一夏は金剛の両足を撃ち抜く。

 

「あぁぁぁぁぁっぁああああああああああああぁぁぁぁぁ!?!?!?」

 

『貴様自分の言いなりになるからって妹達まで競売に出したりしたそうだな!?あぁ!?』

 

「い、妹は私の持ち物『もういいしゃべるな!!』・・・ガッ!?」

 

「こ、金剛!?」

 

金剛はトルネードクラッシャーパンチで頭を潰され、息絶えた。

 

「き、貴様ぁァァァァァァァァァァァァァ!!!!よくも金剛をぉぉぉぉ!!!!!」

 

提督は金剛を殺されて逆上し、マジンカイザーSKLに軍刀で斬りかかろうとする。

 

『追い詰められた男の逆切れはみっともないというが・・・』

 

「うおぉぉぉぉぉぉ!!」

 

一夏には提督の太刀筋など完全に分かりきっているし剣速も遅すぎて回避は難しくない。

 

『惨めで話すのもアホらしい・・・』

 

司令室の中に入り、マジンカイザーSKLの展開をやめ、生身をさらけ出す。

 

「こ、こんな餓鬼が・・・」

 

「だったらどうした?外道」

 

「馬鹿ニシやガッテェェェェェェぇぇぇぇぇぇぇぇェ!!」

 

一夏は重力サーベルを抜いてすれ違い様に提督の軍刀を破壊した。

 

「クソッ!!」

 

「閻魔のオッサンがあの世で待ってるぜ・・・」

 

光子銃で提督を撃ち抜くと提督の体は光子によって焼かれていく。

 

「地獄で待っているぞ!!必ずキサマヲ・・・」

 

「地獄で待っていても無駄だ・・・」

 

提督は細胞一片、骨の一欠片すら残らなかった。

 

「俺が・・・『俺達が!!』・・・地獄だ!!」

 

(吹雪、元帥の爺さんに連絡を頼む)

 

(はい!)

 

一夏は今回、吹雪に頼んで一体化した状態で近くまで来てから交代し、マジンカイザーSKLを展開して

冒頭の流れが開始と言う訳だ。なので吹雪と一体化状態の為に吹雪に頼んで元帥に腐った馬鹿の駆除を

完了した旨を伝えてもらった。

Death capriceコンビと龍田も囚われていた天龍を救出した。

 

天龍は衰弱しきっており、艦娘としても活躍は出来ないだろうと判断され、療養後に艤装を解体。

人間に戻った。龍田も一緒に人間となり、昴の江ノ島鎮守府の近くで駄菓子屋を始めたとか。

龍田が元々子供達と接するのが好きだったのと天龍が子供達からとても懐かれているから始めたらしい。

風の噂では龍田は駄菓子屋を始めて数ヶ月で近所の大工の棟梁と結婚し天龍は一寸焦っているとかいないとか。

 

その他にも651鎮守府の殆どの艦娘も精神を病んでいたりどれだけ提督と金剛に酷使され、辱められていたか

が分かった。

 

憲兵、警察、一夏が僅か2日でこの鎮守府の利益で私腹を肥やしていた人物を一人残らず逮捕した。

中には逃げようとした者も居たが深夜にブレストリガーを変形させた大鎌を装備した一夏に狩られた。

この間一夏と吹雪は鎮守府に戻らなかったので地獄艦隊メンバー(瑞鶴以外)は寂しくて

暫く昴にくっ付いていたとか。

-4ページ-

 

 

 

騒動が終わり。鎮守府に戻ると昴が慌ててやって来て一夏に出て来てくれと急かした。

マジンカイザーSKLで実体化した途端いきなり建造機の中に押し込まれた。

 

『????』

 

「これがこうなって・・・・んでもって・・・・・・よし!。

 ・・・・・・・・・!?!?!?!?!?何この建造時間!?

 1098時間!?高速建造剤使って!!・・・今度は資材不足!?逐次投入して!」

 

この後直ぐに一夏はこの世界に来た時のように意識が飛んだのだった。

 

「叢雲、昴提督は何をしようとしているの?」

 

「艦長さんの実体化がうまくいくかもって言ってたのは覚えてるわ吹雪姉」

 

「確か今艦長しゃんは実質幽霊みたいな存在らから建造機れ艦息?として実体化れきれば 

 っていってらのれす〜」

 

「説明ありがとう文月ちゃん」ナデナデ

 

「ふみ〜♪」

 

「妖精さんとも上手く行くのかどうか話し合っていたから確証があるんだと

 おもうよ」

 

睦月も最近出撃を取りやめ、遠征ばかりしながら昴が工廠に通いつめて居た事も話す。

すると工廠から昴が出てきた。少し顔色が悪い。

 

「どうでした?」

 

「成功したけど・・・」

 

「けど?」

 

「資材をかなり使ったし高速建造剤、30個あったの全部使ってね。

 実体化した艦がまたチートすぎ・・・私何か悪い事でもしたのかな・・・」

 

「悪かったな。後ネガティブすぎないか?資材なら俺の金使っていいからそれで買いなっての」

 

出て来た一夏には背格好はほぼそのままだが吹雪達艦娘と同じ様に艤装が装備されていた。

 

「織斑一夏兼マジンカイザーSKL兼宇宙海賊戦艦アルカディア号、江ノ島鎮守府に着任だ」

 

「う、宇宙海賊戦艦アルカディア号!?」

 

一夏の言った宇宙海賊戦艦アルカディア号を知っている吹雪だけが大声を出したのだった。

背負っている艤装+αのイメージ(解り難いかもしれませんが)

 

艤装の色は全体的に深い緑

アルカディア号の艦橋より後部の特徴的な部分を背に装備、

レーダーは大和(艦これ)などと同じ様に装備、

3連ショックカノン砲×3は背から伸びる艤装の両脇部分に二つ装備され

残り一つを手に直接持っている。

他にも対空装備等もショックカノン砲の前の部分に装備。

特徴的な髑髏の艦首は真っ二つに分かれているが『ラム戦法』時には一体化して

アサルトナイフのような巨大刃が伸びてくる。また艦首両脇に空間魚雷発射管装備。

重力サーベルを左腰、コスモドラグーン(正確には同じ形の光子銃)を右腰に装備している。

顔にはキャプテンハーロックと同じ傷がある。(艤装を外してもそのまま)

 

耐久:少なくとも2000以上

火力:不明

装甲:少なく見積もっても600以上

飛行可能、潜水行動可能

速力:超高速

その他詳細は現在一切不明・・・

原型時の大きさは約400m

 

「何で私達の世界でも架空の存在の艦が・・・」

 

「さらに別次元で存在していただけだろ」

 

吹雪の疑問にあっけらかんと答えたアルカディア。

 

(これ以降呼び方を、一夏通常時→一夏、マジンカイザーSKL装備時→SKL(又はSKL一夏)

 アルカディア号艤装装備時→アルカディアに変更)

 

「扶桑と神通、後蒼龍か鳳翔さん辺りに訓練頼むか・・・しかし傷がまた増えたな・・・」←右目部分に十字傷あり

 

この後色々と慣らしながら訓練を行なったアルカディア。

訓練が終ったときには滅多にバテない彼が珍しくバテていた。

流石にブラック鎮守府壊滅後にほぼ休み無しで訓練したのがいけなかった。

 

「艦長!!疲れているのに!!幾らなんでも無謀です!!」

 

吹雪にもこってり絞られて暫く2日間休養をとる様に昴にまで言われた一夏だった。

 

 

-5ページ-

現在江ノ島鎮守府(第101鎮守府)所属の艦娘(地獄艦隊以外)

(一応、現在全員が改。改二は名前の横に表記)

 

戦艦

 

長門

第一艦隊旗艦を勤めることが多い。第一秘書艦。

子供好き。ながもんではない。

 

金剛(改二)

提督LOVEな第二秘書艦。Lvでは長門に一歩及ばない。

一夏や吹雪からは苦手意識をもたれているが仲は良い。

鳳翔、間宮、一夏から料理を教わっている。

 

榛名

一夏が気になるようで地獄艦隊初の戦艦になろうか考えている。

よく文月、睦月、叢雲と一緒に鎮守府の芝生で昼寝をしている姿が見られる。

 

霧島

若干脳筋気味。

防音対策を施した部屋でマイクチェックは何時もしていてよく演歌を歌っているとかいないとか。

本人は秘密のつもりだが一夏は持ち前の地獄耳で聞こえているのに気が付いていない。

別の鎮守府からの転属

 

扶桑(航空戦艦)

面倒見のいい皆の姉的存在。昴からも姉のように慕われているとか・・・。

第3秘書艦

 

伊勢(航空戦艦)

榛名・霧島と同じく別の鎮守府から転属してきた。

前の鎮守府ではよく提督のセクハラの対象だったからか

まだ少し一夏を警戒している。

 

正規空母

 

赤城

二次創作でよく見かける様な大食いではない。

少量ではあるがつまみ食い(笑って許せる程度)常習犯でその度に一夏や昴に注意されている。

時折一夏からおやつの差し入れを貰っている。

 

加賀

鎮守府の中で一番の大食い。最近昴の作る甘味を狙っている。

(一夏の甘味はつまみ食いで狙ったがその後演習でズタボロにされた)

一夏からの印象は瑞鶴を見下された為、あまり良くない。

好感度的に言えばまだ警戒ライン。

 

蒼龍(改二)

よく昴、飛龍と一緒に胸に関することで弄られている。

(特に瑞鳳から)

 

飛龍(改二)

蒼龍と同じくよく胸のことで弄られているがその度に一夏に泣きつく。

 

軽空母

 

瑞鳳

二航戦コンビ、昴をよく胸のことで弄っているがその度に一夏に怒られているが

反省しているのかよく分からない。

瑞鶴、吹雪のことも弄ろうとした事があるが・・・

 

鳳翔

鎮守府全体の母的存在。

一夏は母親関連で一寸したトラウマもちの為に一週間ほどの間、

彼女の前ではギクシャクしていた。

昔はヤンチャしていたらしいがその事に触れられたがらない。

一夏から敬語を使われる数少ない艦娘。

彼がアルカディアになった時の訓練で一番厳しかったとか。

第4秘書艦

 

重巡洋艦

 

羽黒

自分が気弱である事を自覚しているので治そうと一夏に頼んで協力してもらっている。

最近はオドオドすることはなくなってきた。

 

利根

重巡の中では一番錬度が高い。初春と仲が良い。

 

 

筑摩

利根LOVEな妹だが公私はきっちり付けるし迷惑もかけない。

NOT変態筑摩さんである。

 

青葉

鎮守府新聞を書いて20コインで売っている。(結構人気)

飛ばし記事を書きそうになる度に一夏からお叱りを受けている。

新聞の内容は基本真面目。最近は綺麗な風景の写真をカラーで掲示する事が多いとか。

 

衣笠(改二)

ブラック鎮守府からの転属。

救い出してくれた一夏や自分を受け入れてくれた昴にはとても感謝している。

姉の暴走をよく吹雪と一緒に止めている。

 

軽巡洋艦

 

川内(改二)

夜戦連呼で五月蠅かったがブチ切れた瑞鶴により鎮守府では騒がなくなった。

 

神通(改二)

川内型のなかで一番の常識人。しかし演習や実戦では鬼。

地獄艦隊に配属させてもらおうか思考中とか。

 

那珂(改二)

ハジけているイメージが強いが根っこは真面目。

神通より融通が効くので訓練では彼女が教官選ばれる事がよくある。

顔を攻撃されるのを嫌がっていたが現在は顔が傷つく事を全く気にしなくなった。

 

夕張

基本的に明石と一緒にいる。主に遠征、対潜哨戒任務で活躍している。

 

天龍

駆逐艦たちに怖がられたいが逆に懐かれてしまう体質。

ぶっちゃけ遠征時は引率のお姉さん

 

龍田

おっとりとしている天龍の妹。よく天龍をからかって楽しんでいる。

誉められて頭を撫でられると狼狽してしまい顔を真っ赤にする。

 

矢矧

別の鎮守府からの転属。榛名と仲が良い。

早く大和が来てくれないかと待ち望んでいる。

 

 

駆逐艦

 

如月・弥生・卯月・皐月・長月・菊月・三日月・望月

鎮守府を支える遠征部隊の主力。

睦月型全員が直ぐに一夏に懐いている。

望月は吹雪に扱かれてめんどくさがりが抜けてきている。

弥生以外は一夏のことを「兄さん」もしくは「兄上」とよんでいる。

弥生のみ「一兄」と呼んでいる。アルカディア時は「アル兄」

 

深雪

ブラック鎮守府からの転属。

珍しく一夏より姉である吹雪にくっついている。

一夏を兄貴と呼んでいる唯一の艦娘

 

子日

別の鎮守府からの転属。

以前の鎮守府で駆逐艦で唯一セクハラを受けていたので男性恐怖症。

ただし一夏や江ノ島鎮守府の男性は別のようで「お兄ちゃん」と呼んで懐いている。

 

初春

子日と同じ鎮守府からの転属。

シスコン気味で子日の事をよく心配している。

一夏の事を「兄上」と呼んでいる。

 

レディー(笑)を目指してしまっていたが昴や一夏によって大分

矯正されてきた模様。

 

一夏の持っていた仮面ライダー響鬼にはまっているとか。

「鍛えた甲斐、ありだね」や「結構鍛えてるから」が口癖になっている。

 

一夏の世話も焼きたがるが彼が大抵一人でこなしてしまう為に少々不満気味。

 

ノッキング等の捕獲術を時雨や夕立、一夏から習っている。

この鎮守府の初期艦で怒らせると一夏程ではないが鳳翔クラスで怖いとか。

 

 

 

潜水艦

伊19

別の鎮守府からの転属。

一夏、鳳翔から訓練を受けており、スナイパーの名に恥じない

狙撃能力を身に着けつつある。

 

伊58

一夏より昴に懐いており、暇さえあれば執務室でのんびりしている。

 

 

その他

 

大淀

軽巡だがまだ艤装を持っていない。

 

明石

メカフェチ。事あるごとに吹雪や瑞鶴のメンテナンスと称して色々調べようとするが

セクハラ紛いの事をしでかそうとして毎回二人や一夏に拳骨を喰らっている。

 

間宮

補給艦。間宮食堂で働いていて一夏から敬語を使われる数少ない艦娘。

一夏からみれば姉的存在。彼からは「間宮の姐さん」と呼ばれている。

 

伊良湖

間宮の後輩。間宮食堂で間宮と共に働いている。

 

-6ページ-

江ノ島鎮守府第5艦隊(地獄艦隊)所属の艦娘(艦息&マジンガー&本名)

 

隊長 

 

アルカディア・マジンカイザーSKL・織斑一夏(全て同一人物)

やっとこさ生身で実体の持てた主人公。子供から懐かれやすい体質。

この世界では子供だけでなく妖精さんからも非常に懐かれている。

射撃、狙撃の腕はかなりのもので狙撃は10Km先の動いている五円玉を余所見をしながら

撃ちぬけるほど。そして生身でも瑞鶴に勝つ馬鹿力の持ち主。

アルカディア時のみ第5秘書艦。

 

正規空母

 

瑞鶴(改G)

光子力空母瑞鶴でもあり、グレートマジンガーでもある。

入れ替わりは戦闘中でも一瞬で可能。

艦娘の中では一番の馬力の持ち主。(通常の瑞鶴よりも高い馬力)

他の瑞鶴と比べるととても素直でスタイルも赤城クラス。

艤装も違う。

 

駆逐艦

 

吹雪(改Z)

もう一人の主人公(一夏に出番をよく取られているが)

光子力駆逐艦吹雪でもありマジンガーZでもある

江ノ島鎮守府の中ではキレたら一夏の次に怖い。

他の吹雪と比べると一回り背が大きく、胸も意外とある。

 

時雨(改二)

一夏の地獄の特訓を耐え抜いて改二になった際にブレストリガーを入手。

よく手入れを行なっている。装甲が他の時雨改二の倍ある。

 

夕立(改二)

時雨と同じく地獄の特訓を耐え抜いて改二になった際に牙斬刀を入手。

一夏が大好きでちょくちょく構ってもらっている。

瑞鶴と対等の馬力を持っている。

『ソロモンの悪夢』ではなく『ソロモンの魔神』を自称。

時雨と同じく他の夕立改二と比べると装甲が二倍以上ある。

 

曙(改)

一夏(マジンカイザーSKL)に影響されたのかルストストリームを装備している。

改になった時にオッドアイ(右が赤、左は黄色)になっている。

ルストストリーム使用時はマジンカイザーSKLと同じスリットと角が出現し、

右目には眼帯が装着される。

 

文月(改)

舌足らずな天使でムードメイカー。

しかしひとたび戦闘になれば鬼神となる。

 

叢雲(改)

ツンが抜けてデレが強く素直。

吹雪を「吹雪姉」と呼び、一夏を吹雪と同じ「艦長」と呼んでいる。

アルカディアの時は「キャプテン」

 

睦月(改)

能力向上が凄まじい。他の睦月と能力を比べれば1,6倍はある。(近代化改修をしない最高値で比較)

説明
一夏がやっと・・・
タグでばれると思いますが。
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
1502 1458 1
コメント
道産子国士さん>榛名霧島は口も聞かずガン無視で比叡は登場予定なのでその時に・・・。(HIBIKI)
元651鎮の比叡・榛名・霧島と101(地獄艦隊所属)鎮の金剛が対面したら、どんな反応?姉に売られた反動でグレたり欝になったりが予想。(道産子国士)
タグ
艦隊これくしょん IS 艦これ 吹雪/夕立/時雨 マジンカイザーSKL スーパーロボット アルカディア号 

HIBIKIさんの作品一覧

PC版
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com