#48 病院にて
説明
「めぐみさん!?」

姉ちゃんが先に入ると室内から先生の声がした
俺たちが続けてはいると
先生の笑顔がそこにあった

牧野「あなたたち!」
俺「先生、大丈夫ですか?」

牧野「...ストレスからの急性胃炎だって
それ以外はなんともないみたい」

(良かった...)

ほっと胸をなで下ろしたが、横の深山は肩を震わせていた
深山「私のせいだ!」
俺「?」
深山「こないだ酷いこといったからだよね、先生、ごめんなさい!」

深山が先生に抱きつき、必死で謝る
牧野「ち、違うよ。全然関係ないの。信じて」
先生は深山の頭を優しく撫でる 深山もすぐに落ち着いた

姉ちゃんが呟く
めぐみ「私も落ち込んで先生に抱きついたことあるんだ
ちょっと思い出しちゃうな」

俺「...」

めぐみ「ちょっと顔洗ってこよう ね?」

姉ちゃんが深山を連れて部屋を出た

俺「必要なものがあったら言ってって姉ちゃんが。
それにしても…心配しました 酷い病気だったらって」

牧野「私も、今までになかった症状だから、やばいかなって思ったよ
...ずっとみんなに迷惑掛けてきたから、罰が当たったのかもって。
なら、仕方ないかもって」

俺「冗談でもやめてください、そんな。自分に対して」
牧野「はは、そうだね。でもこれで当分は禁酒生活だよ
内臓脂肪も目立つとか言われちゃって

ま、明後日からはちゃんと出勤するから」

俺「え?もっとゆっくりした方が…」

牧野「授業に穴は開けられないし、修学旅行や面談の準備もあるしね
定期的に通院しながら、出勤するわ」
言いながらベッドに横になる。疲れたのだろう
布団を掛けてあげる

牧野「...それにしても、なんか、あなたの顔見れて、安心したっていうか
...ありがとう」

そのままゆっくりと目を瞑る。間も無く静かな寝息が聞こえてきて
俺は病室を出た
総閲覧数 閲覧ユーザー 支援
266 232 12
コメント
>thuleさま 更新の速さが売りなのですが、最近仕事大変で枚数もペースも鈍足に... これからも頑張ります(みらくる☆)
ちょつと見ない間でもう更新されていた!!ギョッ!Σ(・oノ)ノ「修学旅行!!」略して「修行!」、牧野先生はSMメガネ付けと鞭をもって「超補習時間」の準備をしていたのかな(押忍!番長3)(thule)
>ふかやんさま あなたの笑顔が再び薬になったようですね ふかやんさん優しいので、こずえちゃんはずっと好きなまま卒業迎えそうですね 彼女ももてるのですがw(みらくる☆)
>IFZさま 主人公や姉ちゃんも誘って頑張りましょう!先生はイソップポジ...ってそれは絶対にいかんですよ!(みらくる☆)
>たこやきさま 何とか無事でした!でもなんで彼女はこんなに身体を壊したのでしょうか...(みらくる☆)
…本当に心配したんですよ。俺も、梢も…。(ふかやん)
牧野「いいタックルだ。一緒に花園を目指さないか?」(IFZ)
ほっとした。安心しました(たこやき)
タグ
悠遠のプリズム ロスト・シンデレラ オリジナル イラスト イベント 

みらくる☆さんの作品一覧

PC版|待受画像変換
MY メニュー
ログイン
ログインするとコレクションと支援ができます。


携帯アクセス解析
(c)2018 - tinamini.com